高PBR、低PBRの5銘柄との比較(総括編)

高PBR、低PBRの5銘柄との比較です。4週間経過しましたので最終的な総括も含めて確認しながら考察したいと思います。

0723.png

今週も中小型株に関しては全般的にはしっかりといった感じでした。

低PBRは今週も良好な結果となっています。成績を牽引していた田辺工業が調整していますが、他銘柄が全般的に堅調に推移し、週間では良好な成績となっています。

高PBRはひらまつが公募増資の受け渡し等があり、大幅調整となっていますが、一時大きく調整したピーバンが盛り返し、フルスピードもようやく見直しが入ったようで全体としては良好な成績となりました。

4週間確認してみると、低PBRは指数を大きくアウトパフォームしていますが高PBRはTOPIXには及ばない結果になりました。結果としては低PBRが+3.59%高PBRが+0.64%で、低PBRが勝りました。

高PBRも公募増資した”ひらまつ”を除けば+3%程度となっており、良い成績ともいえます。ですので、単純に低PBR銘柄を買えば儲かるという訳でも無いです。(ひらまつは財務状況を分析していれば増資も予見できたかもしれません) 各銘柄の途中の推移をみると相対的に高PBRはボラティリティが高い傾向にあり、低PBRは低い傾向にあることは明白です。

今回パフォーマンス比較に用いた銘柄は高PBRは人気な銘柄も多いですが、低PBRはほとんどがマイナー小型株であり、ツイッターやブログなどを賑わす人気銘柄で無くても、しっかり調査しながら、株価の上下に動じず、じっくり保有すれば良好な投資成績を収める事もできるという証明になったと思います。どちらが好みなのかは、人それぞれだと思いますし、そもそもほとんどが非優待株なので敬遠する方も多いでしょう。実際、私は期間中、この10銘柄には投資しませんでしたが、バリュー寄りの思考ですので低PBRの方が妙味を感じています。

今回で比較の企画は終了しますが、これからも気になることがあれば調査しながら、本ブログで紹介できればと思います。
検索フォーム
リンク
プロフィール

ミドル投資

ミドル投資
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。投資歴5年ですが年利3%ほどしか計上できていません。立会外分売やIPOと割安株で年利5%確保を目指します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】【R28−20−HH】笠岡ふるさと米・20kg
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)