【8月総括】そこそこな水準に返り咲き

◆成績◆(先週比)
年初来:+9.6% (+8.2%) 
参考ベンチマーク:TOPIX -6.0%(+6.4%)
2020年受領済み配当 2.5% (成績に含まず) 

【PFの構成銘柄など】 ※並びは基本的に業種順です 
20200831_3.png

+ (新規/追加含む)
・竹本容器
・グランディハウス
・東亜道路工業
・FCホールディングス
・カンダホールディングス
・立川ブラインド工業
・旭情報サービス
・ザイマックスリート

― (減少/全売却含む)
・スクロール
・コプロHD
・綿半HD
・東計電算
・ハマキョウレックス
・DMS
・グランディハウス
・投資法人みらい
・タカラリート

今月は決算やイベントを契機に大きなモメンタムが出たスクロールやコプロHDなど買値から大きく上がった銘柄や減益決算でいまいちだった下位銘柄を整理しました。代わりに地味で値動きも良くないですが、業績は好調だったカンダHDやFCHD、立川ブラインド工業、旭情報、東亜道路等の割安株を下位ではありますが組み入れていきました。

REITでは、タカラリートや投資法人みらいを一部損切りし、ザイマックスリートにウェートを移しつつ、追加でナンピンしながら、段階的に主力級まで引き上げました。ザイマックスRは総合型ということでホテルや商業施設の収益低下やオフィスの退去等で減配を懸念されており売られ過ぎな水準まで来ていましたが、低LTVのため手元資金で物件取得できること、既に保有物件に含み益が乗っており老舗の大型REITと変わらない含み益のため低Navなことを考えると長い目で見れば割安と感じました。

物件も小粒ながら都心の物件がほとんどで、ほどほどの質の割には株価が安いため、300億の不動産を時価200億で買えるようなイメージで見ています。特に目標株価等はありませんが、当面は公募価格程度までの戻りのキャピタルを狙いながらインカムを得ていきたいと思っています。(2年くらいかかるかも・・・)

【所感】
新興市場が絶好調でバブル的な動きがありましたが、冴えない寂しい前半戦でした。終盤は主力の綿半HDの分割と優待拡充やコプロHDの一部昇格等のイベントも発生し、パフォーマンスに寄与しました。前半はコロナが猛威をふるっていました、後半には第二波がピークアウトした状況で少し安心感も広がりました。先週発表された安倍総理の辞任や菅官房長官の政権期待など、大きなニュースもあり、慌ただしい1ヶ月だったと思います。

幾つかツイートしていましたが、リモートワークの長期化や子供のことを考えると、先が読みにくいこの時期にあえてマイホーム取得に動くのは悪く無いと考えてポートフォリオを15%程度圧縮しました。(個々は触れませんが現状の収益と株価を考慮して相対的に高いと感じる銘柄を中心に整理しています)今住んでいる地域より不便だけど住環境が良いところで、割安で良さそうな中古住宅を調べています。

良い銘柄は既に割高なケースが多く、安い割に良さそうなものがあまり出ない市況ですし、リスクを取って拾いにいくこともそれほどしていないため、減資も相まって年後半から来年に向けては結構劣後するのでは?と内心戦々恐々していますが、しゃーないって割り切ってこれからも晒していきます。


ランキングに参加中です。押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング