【6月総括】適温な状況が続く

◆成績◆(先週比)
年初来:+1.8% (+4.1%) 
参考ベンチマーク:TOPIX -9.4%(-0.2%)
2020年受領済み配当 3.0% (成績に含まず) 
※配当は集計中なので暫定値です。

【PFの構成銘柄など】 ※並びは基本的に業種順です 
20200630_3.png


+ (新規/追加含む)
・アスモ
・スクロール
・グリーンクロス
・ヒガシ21
・DMS

― (減少/全売却含む)
・旭情報サービス
・東日コンシス
・グランディハウス

先月から一本調子に上がっていましたが、前半に押す場面がありましたので
アスモを準主力化、グリーンクロスを上昇前に追加するなどキャッシュを使いながらポジを増やしていきました。

後半は東日コンシスがZOOMをソリューションとして扱う旨を会社側がリリースし吹きあがりました。バリュエーション的にも適正レベルまで来ましたので、せっかくの機会でしたので売り上がっていきました。バリュー株らしく長期派の売りで需給が殺されるという展開で、短期派の人は辛い感じだったと思います。株価はイッテコイでしたが良い会社と感じていますし、配当株としては今期予想でも問題ないと感じていますので、ジュニアNISAに入れた単元は残しています。

ダイレクトメールを中心としたプロモーション事業を手掛けるDMSや小型運輸株の中でも高配当なヒガシ21を追加するなど、若干リバランスを行なっています。

【所感】
不人気株を集めていますので、バブルには依然として乗れていませんが、東日コンシスの好調もあり、全体で見てもようやく年初来プラス圏まで来ました。

ツイートもしていましたが、グリーンクロスについてはイベントの落ち込みとサイン事業の特性を考慮して若干減益になることを懸念していましたが、増益着地と来期も増益予想ということで嬉しい誤算でした。当社だけではなく、セフテックも好調ですし、公共についてはコロナ前から吹いていた追い風を今後も暫く受けられそうに感じています。

四季報の夏号もしっかりチェックしていて保有銘柄でもヒドイ事書かれているものもありましたが、織り込み済みなのか発売後も株価は変わらずといった感じでした。内容の一部は斜に構えてみているところもありますが、先ほど触れた公共、コロナで恩恵を享受しているホームセンターやスーパー、物流、ECについては引き続き、堅く推移するものと考えています。減益でも長期的に魅力的であれば組み入れて良いものもあると考えていまして、DMSについては四季報後の調整で拾っています。この銘柄は一昨年に当ブログでコメントにて教えて頂いた銘柄で、ジャパネットたかた向けのDMを主力でやっていること、DM自体が他のプロモーションに関する業種に比べると使いやすいツールなのでは?との勝手な妄想も入っています。今期は派遣法改正の影響を考慮して減益予想ですが、PER1桁ですし、長期でみると大きく成長していますので、じっくり見ていきます。


ランキングに参加中です。押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング