【決算レビュー】東計電算 FY19_2Q決算

東計電算の2Q決算が発表されましたので、確認していきます。過去の東計電算の記事はこちら

toukei_2019_02_1.png

売上高+1.1%弱、営業利益は9.8%増益、経常利益は11.5%増益のEPS121円で着地しました。
上期予想に対して、売上4.5%、営業利益5%下振れて着地しています。当初の会社予想売上に対して利益率を掛けた程度の下ブレですね。ただ、前期比では10%増益となっており、下期でカバーできる範囲ではあります。

何より、2Q単体では最終益ベースでは最高益、営業利益単体でも14%増益をたたきだしており、1Qのやや低調な状況から多少盛り返していることも伺えます。

営業利益率については昨年上半期の営業利益率14.2%から15.6%に改善していますし、期初計画達成に向けて下期で営業利益16.8億を稼げば良いのですから、下期偏重を考慮するとそれほど悪い状況ではありません。

PLを確認すると、微増収で原価抑が効いて、増益となっており、1Qに比べると改善傾向にあります。いつも通り、売上が物足りない状況と言えます。経常利益については投資有価証券の配当で+218百万、投資有価証券の売却損益は-20百万が計上されましたが、経常利益ベースでは2億積み上げて+11.5%増益となっています。

東計電算は保有している投資有価証券が確認が必要なほど高額になっているので、確認します。

toukei_2019_02_2.png


投資有価証券の含み益は29.4億円に増加しています。前回の1Q時は28.2億でしたので含み益は1.2億の増加です(昨年本決算時には18.9億円で、昨年3Qの含み益は過去最高の32億でした)投資有価証券は1Qでは145.6億、2Qでは156.0億と10億ほど増加しており、6月下旬の状況では指数が下げている中でも堅く運用出来ているようにみえます。

表面上はまずまずマシに見えます。

【指標等について】
定点観測で役に立つので指標も載せておきます
PER11.6倍、PBR1.18倍、配当利回り2.94% (※8/5時点の株価3060円)

BPSが2,590.56円と小幅に上昇しました。不人気割安株らしく、株価は全然上がりませんが、業績だけは着実に積みあがっていますし、堅く計算出来る企業という印象は変わりません。引き続き長期投資を続けます。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング