【6月総括】堅調な小型株地合い

◆成績◆(先月比)
年初来:19.1% (+3.2%) 
参考ベンチマーク:TOPIX +3.75%
対TOPIX比:+15.4%
2018年受領済み配当 2.1% (成績に含まず) 


配当込みで+20%到達。昨年は6月最終週が天井でしたので、警戒しています…。

【PFの構成銘柄など】
190629.png

【今月の売買】
+ (新規/追加含む)
・東京日産コンピュータシステム
・エコス
・グリーンズ
・プロロジスREIT(PO)
・産業ファンドREIT(PO)
・損切りクロス(イチネンHD、中本パックス)

― (減少/全売却含む)
・TDCソフト
・スペースバリューHD
・プロロジスREIT(PO)
・産業ファンドREIT(PO)
・損切りクロス(イチネンHD、中本パックス)


今月はあまり大きな売買は控えて、僅かにリバランスしたのみでした。
東京日産コンピュータシステムが調整していましたので、ナンピンをしていると準主力下位程度まで増えてしまいました。

【ポートフォリオの状況】
6月は指数もそれなりな状況でしたが、小型は全般的に強く、私のようなイマイチPFでもそれなりに恩恵を享受出来ました。
四季報相場もあり、グロースを中心にファンダ派はかなり良い成績を残している人も散見されますね。相変わらず劣後しているものの不満はないです。閑散だとか騒がれていますが、特に問題となるような事態には陥っていません。

個別ではセゾン情報システムズやビジネスブレイン太田昭和が上昇し、大きく寄与しています。特に他も下落要因なく順調な感じでした。REITもタカラリートとヘルスケア&メディカルが好調で年初来高値を超えています。ヘルスケア&メディカルは投資顧問の速水が先月推奨したことも短期急騰の呼び水になっている気がします。

小型堅調につき、幾つかの監視銘柄が飛び立ってしまい、新規投資に値する銘柄が減ってきていて悲しい日々を過ごしています、気合い入れて先を見据えながら買える銘柄を発掘しないと年後半と来年で停滞する恐れもあり、少し危機感を感じています。

本編とあまり関連はありませんが、先日、株仲間の一人がうまくいっていないらしく相談を持ち掛けられました。流行り株や材料株中心にやっている方で、ここ最近は上値を買ってくる人もいなくて、長続きせず苦しんでいるんだとか。現状は個人的には単なる業績相場と捉えていて、長期的な企業業績の成長や収益の割安さの訂正に賭けているような人は、大勝ちはないでしょうけど、ほとんど負けていないと思います。変わらず仏のような気持ちで、長期的に成長する企業を騒がれていない、安い時に買って、訂正を待つ投資を続けます。


ランキングに参加中です。押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング