【決算レビュー】ロジネットジャパン 19年本決算

ロジネットジャパンの2019年本決算が5/13に発表されました。決算内容を確認していきます。
過去の分析記事はこちら

<前期の動向>
rojinet_18_01.png

事前予想が営業利益27億でしたので、13%上振れ着地となっています。3Q時点で進捗率90%でしたので、予想通りの上振れ着地となっております。トップラインも伸長していますし、順調そのもの。特にコメントも無いですが、西日本子会社がアマゾンのデリバリープロバイダに選ばれたことでトップラインが伸長したことに加え、賃上げや業務効率化などで、2年連続20%増益となり成長モメンタムが継続しています。

以下、直近三年のセグメント推移です
rojinet_18_07.png

札幌通運の伸びが素晴らしいです。今期よりロジネット西日本もアマゾンデリバリープロバイダに指定されたことにより、西日本も利益が急成長しています。当社以外のアマゾン配送業者である遠州トラックやSBS、丸和等も絶好調なので、生かさず殺さず共栄の道を歩んでいるように見えます。中央通運は現状は前年比減益ですが、次年度は再編によりロジネット東日本に変わりますので、業務集約等により成長が期待できるかもしれません。

<財務、CF等について>
rojinet_18_03.png

今期の大幅増益により、BPSが1953円まで伸長していますので、足許では株価も上がっていますが、PBR1倍割れな状況になっています。今期は投資CFが前期に比べ大幅に増加しています。これは問い合わせたところ、事業拡大に伴う車両の購入が増加したということでしたので、積極的に事業投資を行っていることが伺えます。

配当では前期を6円増配、今期予想ベースで5円増配し、還元にも力を入れています。成長が継続しているので、配当性向に関しては一定であり、業績と共に配当が増えているので良い傾向に見えます。2016年からの連続増配なので、4年連続増配になります。

<今期予想と中計について>
rojinet_18_02.png

来期予想は営業利益で6.3%増益予想となっています。EC取り扱い増加を背景とした成長モメンタムがあるにしても、労働集約的なビジネスであることも事実で、人件費の上昇等を考えると致し方ないかもしれません。

rojinet_18_05.png

中期経営計画も発表されています。売上700億、営業利益38億、自己資本比率50%が最終年度の目標になりますが、今期予想が33.5億円でEPS350円なので、38億ならEPS400円という皮算用になります(現在の株価でPER4.4倍ほど)数字的には1桁増益程度のローリングと寂しい部分もありますが指標を考えると成長意欲がみえるだけで十分な内容と感じています。マテハン導入や再編など、具体的な内容が挙げられていましたので理解が捗りました。

<指標など>
PER4.9倍、PBR0.9倍、配当利回り2.7%、予想ROE17.95%


札証単独上場なので、地方ディスカウントがされている状況ではありますが、しっかり成長して、株価も昨年は調整したこともあり、PERは切り下がってありえない状況になっていますし、PBRも1倍以下に戻りました。内需で収益の継続性もある業態で、時価総額120憶で毎期営業利益を30億稼ぐ会社は希少だな~と改めて思います。加えてPBR1倍割れでROE15%以上とかほとんど見たこと無いです。CAGR20%という状況ですが、普段は板もとびとび、出来高もほとんどないような過疎株であり、流動性リスクを考えると当然と思います。安易な気持ちで買える銘柄ではないと思うので、数年売れなくても問題ないというような奇特な人に気に入られて欲しいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング