【決算レビュー】アイドマMC FY18本決算

aidoma_2019_0.png

アイドマMCの2019年本決算が発表されました
過去の分析記事はこちら

私のカスみたいな所感より、高尚で有益な、まるのんさんのブログを確認された方が良いとは思いますが、昨年も記載していたので、内容を見ていきます。

aidoma_5.png
下段が昨年の本決算、上段が本年の本決算になります。

3Qで下方修正した内容に対して営業利益ベースで20百万、経常利益ベースでは40百万上振れて着地しました。当社は前期、前前期と4Qの利益が弱い傾向もあり、3Q時点では進捗が72%でしたので、普通に考えると上振れは不可能に近い状況でした。当初予想は営業利益10億でしたので、終わってみると期初予想に対して6%マイナス程度で落ち着きました。以前に地味に買収したニューフォリア社について売上の分析をしていて、社員一人あたりの売上がアイドマ本体に比べてかなり少なく、営業利益に対する寄与は低いと見積もっていたので、寄与云々の真相は解りませんがリカバリ出来ることは、事前には全く解りませんでした。

当社はバローとライフの割合が高く、ドラッグストアやスーパーマーケットの販促がメインです。顧客の業界で特に激しい競争が起こり始めた昨今では、中々成長していくシナリオが想像しにくくなりました。昨年の上期はドラッグストアが絶好調でしたが下期にかけて過当競争が進みやや失速したこと、高ROEな銘柄であることからも、特に業績の成長性に評価の軸があり、市場の軟調もありますが、2Q以降は選好されない状況に陥って残念な株価で推移していました。簡単に言うと含み損に耐えていたということです…

PLをみると、売り上げは前期比-22百万円、原価は微小ながら前期比ほぼ変化なし、販管費は-1%と、昨今は人件費高騰が叫ばれる中、利益を上げるために努力された痕が見えてきます…。このような状況は長くは続かないと思うので、今期の売上の状況には注意が必要と考えます。

aidoma_7.png
上記はキャッシュフローの状況です。上段は今期、下段は前期です。今期は2社のM&Aを実施していますが、投資キャッシュフローの大幅増にはなっていないこと、昨年は現金を30億保有していましたが、現状の現金は27億程度保有していることを考えると、利益の状況はみえませんがそこまでインパクトのある買い物には見えません(BSに記載ありました、6億でお買い上げという事でした)まだ充分安全圏であり、更なるM&Aの余力も残っているように見えます。時価総額70憶円で、高い収益性、キャッシュリッチなのがとても気に入っています。

aidoma_6.png

次年度の見通しは営業利益+11%と、前期と比較して二桁以上の増益を見込んでいます。前期に減損処理のあったキャッシュバックアプリの清算も完了したこと、買収した2社のフル寄与で幾分かは増益基調になると予想はしていましたが、想像以上に強気なV字回復路線の予想になっています

【指標など】
PER9.6倍、PBR1.79倍、配当利回り3.53%、予想ROE18%、実績ROE16.8%

予想ベースのPerは10倍以下まで落ちており、配当利回りは3.5%と妙味ある水準になっています。昨年の本決算時は680円ぐらい東証一部昇格時は700円ぐらいだったので、その程度までは戻って欲しいとの願いは素直にあります(笑)

私は大幅減益や下方修正も乗り越え、ニューフォリア社のデジタルサイネージとアイドマの販促によるシナジーによる、業績成長にBETしていますので、決算書に記載のある通り、従前にはなかった販売促進手法の事業展開に期待しています

客観的にみても、同じような指標の割安成長高配当銘柄の中では、事業の堅調さが確認出来れば、一変して有望に見えますね。



ランキングに参加中です。押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング