2018年の振り返り

年末年始はゆっくりお休みしていて、全く更新出来ませんでした
(全力でフォートナイトと麻雀三昧の生活を続けて現実逃避していました)
書きかけだった記事を少し加筆して、2019年に入っていますが、2018年の振り返りとします。

◆成績◆(先週比)
年初来:-1.6% (-2.6%) 
参考ベンチマーク:TOPIX -17.8%
2018年受領済み配当 3.2% (成績に含まず) 

PFの構成銘柄については1月1週目週末より再開予定です。

【2018年最終週の売買】
買い:セゾン情報システムズ、CREロジ
売り:東計電算、ラサールロジ
損切クロスたくさん

東計電算は一部利確していましたが残していた玉を一度、損切クロスでNISAの残り枠に入れておいて、権利落ち後に利益確定して差益+配当を頂きました。直近の決算も絶好調のため、押し目買いも入り耐えていますが、全体の利回り上昇や指標の低下で、相対比較では割安とも言い難い状況でしたので泣く泣く撤退。資産の多くを株式が占める側面もあり、来期も確実に2ケタ増益予想となるか未知数のため、この状況では強気になれませんでした。上場来高値まであと数パーセントのところまでいっていたんですがうまくいきませんね。中小向けのIT補助金の動向もありますので、フラットな目線で観ることにしました。

SI銘柄への投資が薄くなるため、セゾン情報の枚数を増やしました。直近、ブロックチェーン技術を活用した社員情報の流通サービスであるBCPDSをリリースしております。地味ながら、面白い取り組みを続けています

CREロジは権利落ちの寄り付き96200円で追加。NISAの信ロールも始まったため、早速ナンピンです。ロジはマスターリースの長期契約のため、意外と不況耐性があるので、わりと強気です。スポンサー力は弱いですが、築浅の中規模物件はそれなりに希少性があると考えていて、利回り6%前後なら、バリュエーション的にも美味しいと思いました。

先週ナンピンしていたラサールロジを利食いして、現金余力を増やしました。

【ポートフォリオの状況】
最終週にようやく反発しましたが、厳しい展開は継続していますね。
配当利回りも3%代が普通で5%を超えるような銘柄も散見されています。

昨年は大きなヒットやホームランがあったものの、それらで結果を出すことができず、投資していて初めてとなるマイナスで終える悔しい1年となりました。配当を合わせると若干プラスですが、PF外で購入している確定拠出型年金や持株会、積み立ての投資信託などを考慮すると、普通にマイナスです。大きな利益確定をできなかったことも含めて自分の実力だと思いますので、長くやっているからといって慢心することなく、基本的なスクリーニングや企業分析などを淡々と繰り返しながら、自力を付けていくしかないかなーと思っています。

保有している銘柄を含めて、経済活動が行われる限り、緩やかに利益を積み上げることは可能だと考えています。その結果が配当や成長だと思うので、良い時も悪い時も利殖活動を続けることはできると思います。今年も厳しい状況が続くことも念頭におきながら、なんとか踏ん張れるような投資を続けたいです

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング