5月 月次

気が向いたので久しぶりに月次の成績を書きます

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:8.7% (+0.2%)
参考ベンチマーク:TOPIX -3.9%
2018年受領済み配当 1.3% 


201805.png

【今週の売買】
<購入>日本システム技術、ユニゾホールディングス
<売却>TDCソフト(一部)、エリアクエスト、ブロードリーフ


TDCソフトは昨日の調整時でも値持ちが良かったので思い切って、日本システム技術とスイッチしてみました。

日本システム技術は営業利益ベースでは前期29%増益、今期予想16%増益という成長株に相当するのですが、最終益ベースで+1%となっていることもあり、Per12倍代で実力以上に評価されていない不人気株です。
当社はROE10%程度で営業利益率も低いため、埋もれていますが、昨年東証1部昇格を果たすなど、成長意欲は強い企業と感じました。システム開発、パッケージ開発、医療ビッグデータの3本柱ですが大半はシステム開発。医療ビックデータとパッケージが今後、利益に貢献しそうな見込みも感じましたので投資に踏み切りました。

優待株を売却してキャッシュを作り、そのキャッシュで増資後軟調なユニゾホールディングスを買うという矛盾している行動をとっていますが、不動産賃貸業はリート投資家でもある私にとっては業績が計算しやすい安心できる株でもあります。借金しまくりで与信が気になりますが、不動産の含み益を考えると今の株価は素直に安いと感じます。

【ポートフォリオの状況】
アイドマMCやプロト、プレミアグループが調整局面でも大幅高するなど、牽引しています。JSSやホクリヨウは相変わらず冴えない展開で、正直なところ厳しいです。投げる気はありませんが、効率悪すぎですね。

あまりウェートについてはお話していませんが
今の比率的にはアイドマMCが1位でTDCソフトが2位といった状況で
この2銘柄次第な感じも否めない状況です。

調整局面でも投資法人みらいやインベスコといったリートが健闘していて、高配当とリートに振って防御力を高めた行動は奏功していると思います。魅力的な水準になるまで、資金をリートに振っていくのも悪くは無い気がしています。


コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング