2月 第1週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:6.81% (‐0.74%)
参考ベンチマーク:TOPIX 2.55%
2018年受領済み配当 0.1% 


0204.png


【今週の売買】
<購入>日本賃貸住宅REIT、南陽、TDCソフト
<売却>上場新興国債ETF1566、サムティレジデンスREIT、アールエイジ、ヴィンクス


今週はPFを大きく改造しました。

分割のIRで大幅高したヴィンクスを売却しました。決算前のこの時期に分割ということなので恐らく、決算は良いと思いますが、PER16倍程度まで評価されていますので、来期の成長を加味しても割安から普通の水準まで来ていると考え、売却しました。
同じ情報通信セクタで今期の予想程度は奪還できれば相対的に割安(PER13倍)なTDCソフトを買い増ししています。

また、安いところを拾っていたアールエイジを売却し、建機レンタルと機械商社の南陽を新規で購入。今更すぎですが、昇格投資の一環です。東2昇格の際に売り出しがあり、未だにPER10倍程度、総合利回り3%程度と割安な水準でしたので、成長とカタリストを考慮しての購入になります。

REITでは日本賃貸住宅Rが1月のREIT見直し相場で大きく躍進しており、平均取得7.96万ですが株価は8.5万を超えている状況ですので、同じ大和証券も参画したサムティレジRに一部スイッチしました。日賃はNav1倍以上で、今後も拡大できる余地があるのですが、反面利回りが低くなっています。一方、サムティはNav1倍割れで今後のPOも苦労しそうですが利回りは良いです。サムティ自体も業績絶好調なので良い方向に向かってくれることを期待しています

【ポートフォリオの状況】
今週は米債の利回り上昇や円高がすすみ、軟調な市況になっています。ダウも大幅調整となっています。マイPFも乱高下しておりボラが激しい状態です。モメンタムモードとなっている株もなく、厳しい状況です。
明豊ファシティワークスは上方修正をしましたが、利益面で大きく上昇している訳でも無いので特段ポジティブでも無いと思います。その他、保有の決算ですが、ビジネスブレイン太田昭和は予想通りの無難な決算ですが好感されている感じ、グリーンズは1Qに比べ弱いのでやや調整している雰囲気、KDDIは蓋を開ければ増益で、自社株買いも実施ということでこちらはポジティブ。どれもも想定通りの内容でホールド予定です。

週明けは恐らく、暴落で始まると思います。節分天井といった相場の格言もあり、今月はターニングポイントになるかもしれません。できれば、底の底で拾いたいので、追証の投げみたいなところで買い下がっていくことを想定しています。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング