8月 第3週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:14.2% (+0.7%)
<株部門> 含み益+4.9%(+0.1%)
<REIT部門> 含み益+6.3%(-0.5%)
参考ベンチマーク:TOPIX -1.2%


0820_2.png


【市況】
アメリカの景気減速懸念や政治リスクが表面化し、先週に引き続き調整しています。

【今週の売買】
<売却>カンダHD、さくら総合REIT、ヴィンクス
<購入>日本管理センター、クロスキャット、インヴィンシブル投資法人


大きく下落して月曜を迎えたこともあり、決算前に売却した日本管理センターを買戻し、決算で調整していたクロスキャットを買いました。買い付け余力確保も兼ねてカンダHDを売却、週後半にはヴィンクスが大幅高していましたので、一部利確しました。将来の業績期待から考えると悪手かもしれませんが、当面の相場を考えると株式への投資資金比率を変えることなく、リバランスに徹したいと考えますのでやむなしといったところ。

リートではさくら総合リートは権利落ちを前に調整する可能性を考慮し、全数利確しています。現状でも利回りが6%以上あり、問題なさそうですが、これから増資を行っていくでしょうし、保有物件の魅力が欠ける面もあるので降りました。安くなるならまた検討します。代わりに軟調なインヴィンシブルを組み入れています。

【ポートフォリオの状況】
業績の良い銘柄は株価を保つ傾向があり、強弱がはっきりでる相場になってきました。私のPFは引き続き調整しており、前述のヴィンクスを除き、保有株は軒並み軟調です。REITは下落したものの比較的堅調です。全体的には後半にだいぶリバウンドで盛り返したおかげもあり、週間でみるとややプラスな状況まで回復しています。

こんなことを書くのもなんですが、500や1000といった会社をマークしているような方が、自分の保有している株を買えるか?と問われると利益の伸びや割安感からいっても中途半端な状態の会社が多くなっており、新規で買わねーだろとも思います。信者になっているような会社もあるので、ニュートラルな状態で客観的に考えながら精査していくことも検討していかねばとも思います。

相場が軟調でチャンスもありましたが、終わりの始まりかもしれないと捉えると、積極的には動けなかった一週間でした。妙味がありそうなら拾いにいくことも検討しますが、無理して買い急ごうとも思いませんので、市況を見ながら対応していこうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング