個別分析 KSK (9687) 2018年 1Q決算

KSKの本決算が発表されました。この銘柄は極端に不人気で、あまり情報が無いので、詳細に分析しました。
2016年1Q決算に比べ大幅増収増益でした。

<2018 1Q決算>
売上高+10.2% 営業利益+17.2% 経常利益+16.1% 最終益+14.2% EPS 22.8 (対通期進捗率 15.6%(前期 13.2%))


当社は典型的なシステム屋さんであり、下期偏重なので進捗率は弱めです。前期は人材コスト先行で減益決算なので、数字上はかなり良く見えていますが、前々期である17/1QがEPS24.6なので、これと比べるとやや弱い印象を受けます。

以下、セグメント毎に分けて昨年との比較を行いました。

ksk0731_2.png


解りにくいですが、全セグメントにおいて増収増益となっています。費用計上前の売上高に対する利益率は前期16.1%だったものが今期は17.4%と小幅に改善されています。全社費用に関しても17年は売上高に対して11.5%だったものが、12.4%と増加しています。

セグメント毎に確認すると、特に利益率の改善しているITソリューションは前期はハウスメーカー向けソフトの先行費用が計上されていましたが、今期はその反動もあり利益が+30%と大幅に改善しています。ネットワークにリソースをシフトしている状況でこの状況なので、うまくマネージメントが出来ているように思います。

システムコアも増収増益となっています。前期は半導体各社の業績は大幅に悪化した時期であり当社も悪化していましたが、今期は各社業績が良く、当社も同様の傾向となっています。来期以降は半導体関連の成長が続くかどうか不明であり、当社においても先行きは不明です。

ネットワークも大幅な増益となっています。足許の通信各社や大手メーカの業績が良好なので、当セグメントに関しては成長が持続するものと想定します。

結果、18年1Qの利益率5.39%が5.73%に小幅ですが向上しています。当社の1Qは新入社員の教育があり費用先行とのことなので問題ないと思います。(昨年も新入社員の採用を大幅に増やしているので、将来的を見据えると良い傾向だと思います)

個人的には利益率向上に向けた筋肉質化などを期待しましたが、特段そのような兆候は見られずトップラインが伸長しているので、ボトムラインも同じ比率で伸びているように思います。昨年のペースで費用と利益が伸長すると仮定して算出したところ、営業利益は前年比23%増に達します。これは文句なしに全セグメントで受注が増えたケースなので、この通りになるとは全く考えていません。多少期毎に費用が増えていて良くて+10%程度で着地する程度だと思います。

株価を確認すると1300円~1350円で推移していた株価が決算前に期待で急騰し、1450円~1500円程度まで上昇しています。この水準でもPERは10倍で利回りも3%もある状態なのですが、他社の決算も良好ですし、ここから上の水準は成長株と捉えられるかどうかが重要になると考えますので当社が大きく評価されるようにも思えないです。当面は出尽くしで調整する可能性すらあると考えます。当社においてはディフェンシブな情報関連でありながら景気敏感株に近い業態であることも考慮した方が良いと思います。現時点では足許の業績が好調なことも確認できましたので、私は当社株については引き続き保有する予定です。大きく調整する局面が来れば、買い増す候補にしたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング