高PBR、低PBRの5銘柄との比較(1週目)

高PBR、低PBRの5銘柄との比較ですが、始めて1週間経過しましたので成績を確認しながら考察したいと思います。
(4週程度は継続予定です。)

hikaku_01.png

低PBRですが、6月権利のエンビプロが大きく出遅れていますが、配当25円を加算すると下落は僅かな状況です。ユタカ技研は10銘柄で一番上昇しています。本田色が強いため、タカタ倒産の影響もあったんでしょうかね。

高PBRですが、新興市場が大きく調整しているので影響が出るかと思いきや、意外にも全体的に堅調です。需要が堅い証拠でしょうか。

開始して一週間ですので、成績に大きな差は出ていません。低PBR、高PBRともにTOPIXをアウトパフォームしている状況で、需要の高さは伺えます。個人的には下落に対する耐性を確認していきたいですが、ファンダメンタルズがそれなりに強い銘柄群なので、下値は堅そうな気がします。現状、自分のPFが一番弱いという悲しい状態ではありますが、引き続き定点観測を行っていきます。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング