6月 第4週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆ 年初来:13.2% 
<株部門> 含み益+4.22%
<REIT部門> 含み益+7.27% 


0624.png

今週は四季報も発売され中小型株は堅調でした。日経平均も高値圏に留まるなど、強い動き。ただ週末にかけて軟調に、金曜に新興市場は3%近く調整しました。

今週の売買
<売却>G-FACTORY、アイドマMC(一部)、協立AT(一部)、日本管理センター(一部)
<購入>ヴィンクス、久世、エリアリンク


四季報や有報、決算資料などを確認しながら3銘柄を購入しました。
個別株の比率を拡大する気にもなれず、スイッチトレードを実施。低PERスイッチとして、協立ATを久世に、ストック不動産スイッチとして日本管理センターとG-FACTORYをエリアリンクに、情報通信スイッチとしてアイドマMCをヴィンクスにそれぞれ変更。

ヴィンクスは調整し、相対的に軟調でしたので組み入れました。今期は横ばいですが、種まきを積極的に取り組んでいるので来期成長と考えれば悪くないと思っています。落ち着いたら買い戻す予定でしたので、少し早いですが拾い始めました。

エリアリンクはハローストレージを運営しています。家の周りは当社のレンタル倉庫が多く、幸運にも他の投資家さんの分析を見る機会と近所のおばちゃんが活用している話を聞いて優位性を感じましたので投資の機会を伺っていました。チャート的に底打ち感もあったので、指標的に割高なG-FACと指標的に同一水準の日本管理センターを売却して購入しました。

久世は完全に四季報です。今まで割安スクリーニングには引っかかっていましたが、成長余地を疑われ調整が続いており投資には踏み切れないでいました。四季報で独自増額していましたので、乗ることにしました。協立エアテックと指標的には同一水準ですので、売却して購入しました。

全体として保有株は好調な方でした。業種でバランスを取りながら分散した効果もあり日替わり循環が発生し、金曜日に調整がくるまでは毎日0.5%程度のプラス幅が継続しました。今は特に業績面での本格的な転換や見直し等も入りにくい時期だと思いますので堅調で推移してくれるだけで充分です。

REIT部門は先週に引き続き大幅高となりました。インベスコが大幅高継続。指数が1%の下落となるなか、+2%と好調です。本来値動きの少ない商品なのでプラスもマイナスも勘弁してほしいところなんですけどね…・。

投資関連の行動として、ティーガイアとサンリオの総会に出席しました。どちらも株主を厚遇する企業であり大変よくして頂きました。ファンダメンタルズの勉強にもなりましたし、良い機会になりました。

低リスクと考えている割安銘柄中心ですので、こんな地合いでさえ微プラス程度です。売買は現状では良い方に転んだとは言えない状況です。自分なりの優位性を考慮した上でのトレードですので、誤っているかどうかは現時点では判断出来ないと考えています。スイッチしながら、利益も少しづつ確定させていますし、調整するなら相応の対応を取っていくだけです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング