個別分析 竹本容器 本決算

竹本容器の本決算が発表されました。竹本容器も人気株ですので、私が評するものおこがましいとは思いますが、自身の考えを整理するために記載します。

<4Q単独>
前期比売り上げ+0.3% 営業利益-29.7% 経常利益-31.3% 最終益-27.5%

<通期>
前期比売り上げ+4.7% 営業利益+0.7% 経常利益+0.3% 最終益+1.1%

<来期予想>
前期比売り上げ+3.3% 営業利益-0.6% 経常利益-1.2% 最終益+4.1%


QonQでは大幅減益、前期は微増益での着地となっています。来期についても最終は微増益ですが、営業利益は減益ですから、数字は微妙です。この銘柄はディフェンシブ銘柄であり、手堅い業容から多くの個人投資家が保有しており、株主の期待は大きいですからね。東証2部の企業としては普通でしょうけど、成長株としての目線で見られている方が大半ですからね…。

今期の着地については2015年の円安に比べ、2016年では円高に偏っていますので、表面上の微増益からは、数字以上にコスト削減や生産拡大が出来ているものと想定します。来期予想については金型開発に伴うコストやインド工場に向けての投資を差し引いての微減は一定の評価は出来ると思いますが、コスト増を物ともしない強い業績が出るとの予想には達していないというところでしょうか。円安方面に振れていますし、上方修正の常連と捉えると、EPS160円程度は可能性もあるかもしれません。

決算と同時に中期計画(2017~2019)も発表されています。純利益ベースで2017年870億、2018年835億、2019年1018億となっており、今期と来期は完全に投資モードです。2019年のインド工場稼働で現時点の予想比17%ほど、EPS180円程度になる予想です。設備投資は先行するので、成長ペースは緩やかなものです。新聞報道では岡山工場第二弾の増設が計画されていますので、更なる拡大の傾向が伺えます。この減益ペースでの予想ですからファイナンスリスクが弱まったとも考えられるかもしれません。

2019年の計画値から算出して現在の株価でPER10倍程度ですので、右往左往せずに保有継続で良いと判断しています。ただし、株価が大きく上昇するような局面では、来期も減益見通しである点を加味し、多少利益を確定する動きも出ると思います。直近は大幅に調整する可能性は十分にありえると思いますので、そんな心配も不要でしょうけどね。ただ、設備計画も好材料、悪材料ともに出ることがありますので、引き続き四半期毎の決算はウォッチする必要があると思います。アジア拡大に夢を馳せていますが、インドは日本企業にとっては鬼門の国です。SBSホールディングスは子会社を解散し撤退、NTTドコモもタタグループの通信業者買収失敗など、失敗例も多いです。現在、国を挙げて改革中であり、2019年頃には情勢も良くなっていると思うんですけどね。

今回の決算を評すると、中立です。
現在、PER12倍で既に化学セクタにおいて普通の水準です。成長や表面上の数字、1部昇格期待のみを加味して買っている筋にとっては絶望とも言える結果でしょうし、1600円程度までの調整はあり得ると思います。そういった筋と入れ替わりで長期で応援したい投資家が購入してくるようになれば、今の株価水準まで戻る可能性もあると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

ミドル投資

ミドル投資
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。投資歴5年ですが年利3%ほどしか計上できていません。立会外分売やIPOと割安株で年利5%確保を目指します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】【R28−20−HH】笠岡ふるさと米・20kg
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)