立会外分売 中本パックス

【発表データ】
市場:東証2部
分売実施予定  :2016年11月1日
売り出し量 :170600株
1人200株
分売価格:2,456円(終値2,532円)
割引率:3%
出来高:72000
貸借


【解説】
中本パックスは今年の春に上場したグラビア印刷やコーティング、食品包装などを手掛ける企業です。

竹本容器やショーエーコーポが比較対象になると思います。
食品や医療、工業用と包装容器や印刷を行っており、景気の影響は受けにくい、ディフェンシブ銘柄の位置づけになります。
生産拠点である、工場を国内に5ヶ所有しており、企画から製造、販売まで一貫して実施しています。海外には事業所のみで積極的な展開もしていないことから為替の影響は受けにくいようです。地味な業態ながら医療用や工業用に関してはニッチな技術を有しており、参入障壁もそれなりに高いようです。
といっても食品向け包装が7割を占めていますので、食品包装の収益が業績に大きく影響するようです。
現在は内需の緩やかな拡大にそって堅調に業績を拡大しています。

上場当初は地味な業種のため敬遠されており、暫くは株価も冴えませんでした。値動きが落ち着いてからは、4%を超える高配当株として有名個人投資家さんが買われたこともあり注目されていました。円高や原油安など原料安を背景に堅調な業績となっており、上方修正や増配とポジティブサプライズを連発し、株価は右肩上がりの力強く上昇しています。

【指標など】
Per14.5倍 、Pbr1.08倍、配当利回り3.37%


化学セクタはPer8~12倍程度ですので指標的には割高です。利回りは十分高いですが、春先は5%超えていた気がします。
分売を機に、東証1部昇格を目指しているものと推測され、分売発表時から大幅高しています。分売→1部昇格銘柄が直近で続いていること、分売が株価にポジティブな影響を及ぼすことが広く浸透してしまったこともあり、先回り買いが発生しているように思います。

【スタンス】
スタンス:中立
初値予想: 2475~2500


既に大幅高していますので、ここから狙うのは難しいかもしれません。日証金速報では2.25倍で売り残160枚でした。明日の空売りの状況次第ではスルーも検討した方が良いかもしれません。といってもこの枚数なら幾分か配分も期待できるので、明日次第だと思います。

<追記>

直前に大きく調整し、割れは回避できそうな水準にはなりました。日証金の貸借取引残では-18100の売り長になっています。通常では1700枚もこなせるようには思えないんですが、分売→1部発表→大幅高コンボがここ数ヶ月で何回かあったこともあり、投機主体の方も気になっているようです。既に1部昇格を織り込んだような価格形成で、ここから大きく上昇するようには思えないのですが、需給見合いのマネーゲームに発展する可能性もあると思います。割安感はないですが、投機対象として考えるとまだ割安なので、イーガーディアンのように大きく上値追いする可能性もあると思います。朝の気配を見ながら、打診程度に参加するのが無難でしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング