11月3週 

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:24.6% (-0.8%)
参考ベンチマーク:TOPIX 18.1%

2017年受領済み配当 +2.06%(成績には含まず)
2017年トータルの税引き後確定損益 +16.4%(年初来成績に含んでいます)


1119.png


【今週の売買】
なし

今週は静観に徹していました。

【ポートフォリオの状況】
株部門は全体的に大きく下落し-3%程度まで下がりました。幸運なことにREITが底打ちの兆しを見せており、こちらは逆行高な状況です。今回の局面に限って言えば分散が成功しているように思います。リバウンドとREITのおかげでマイナス幅は少なくて済んでいます。そもそも、アプライドの決算がマイナスの大きな要因にもなっていますが、あまりに割安ですし、総合利回りも3%程度はあるので、上期は未達ですが、下期に期待します。竹本容器は上方修正を発表しており、月曜は楽しみではあるのですが、中計的には来期も償却負担で期待はできない見込みなので、一時的な要因と捉えて浮かれることなくホールドしたいと思います。良い意味で中計の前倒し等で裏切ってくれると最高ですが、そこまでは望みません。

決算も出揃っていますので、機を見ながら銘柄分析や新規投資先開拓を進めたいと思います。



11月 第1週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:25.4% (+0.1%)
参考ベンチマーク:TOPIX 16.5%(+0.1%)

2017年受領済み配当 +2.06%(成績には含まず)
2017年トータルの税引き後確定損益 +16.4%(年初来成績に含んでいます)


1112.png

【今週の売買】
<売却>G-FACTORY、ダイイチ、オリコン、ノザワ、ウェーブロックHD
<購入>ウェーブロックHD、ノザワ、日本賃貸住宅投資法人


今週はPFを大きく改造しました。

G-FACTORYは決算前に売却する予定でしたので、1000円を超えたあたりで利確。
ダイイチは今期の着地が想定より弱く、元々控えめに予想を立ててくるのですが、予想以上に弱かったので薄利で利確。
オリコンはQonQでは減益決算となり、当初のシナリオに比べて弱いと感じましたので損切。
ウェーブロックHDについても、好決算でひきつけて買ったつもりが、需給悪化と先行き不透明感が台頭し、設定していた撤退ラインに達したので損切。
ノザワについても堅調な建材需要を想定していましたが、QonQで減益となり、損切。
日本賃貸住宅は利回り5%弱の良い水準まで下がってきたので買い増ししました。

週明けのG-FACは良かったのですが、その後は壊滅的なトレードを繰り返してしまいました…。オリコンは大半を利確しており、僅かでしたので致命傷は避けられましたが、ノザワは天井で買って底で売るという最悪の状況でしたし、ウェーブロックも同様です。

ここ最近、利確を行っておりキャッシュポジションが増えたこと、今年は利益が出ており最悪、損しても税金対策になるとの判断で精度の悪いたいして分析もできていない株のポジションを増やし、損をするという、私がいつも繰り返す悪癖が仇となり、、、お金を減らし続けてしまいました。

【ポートフォリオの状況】
シノブは比率を先週上げましたので、優待枠から上げました。保有株の決算ですが、竹本容器は無難な決算、明豊ファシリティは期待以上の増益となり、決算後高騰しました。弐億先生が買われたこともありフォローの風が吹いています。この銘柄は春から長きに渡り、保有していますので、この展開には感無量です。今週は他の銘柄が下げており、損切なども行いましたが、明豊効果で年初来のパフォーマンスは悪化しませんでした。

リート部門の個別ではジャパンシニアリビングがケネディクスレジテンシャルに吸収されることになりました。資産拡大も出来ずジリ貧が続いていましたので、同じケネディクス系列に吸収されることは妥当かもしれません。Navが1倍割れの異常に低い状態でしたので、合併でケネディクスレジに負ののれんが付きます。実はREIT部門の中では一番の含み損である銘柄であり、株価もケネレジに鞘寄せされることになりそうなので、助かったというのが本音です。分配金も僅かですが上昇し、利回りも今の株価換算で考えれば上がります。オフィス市況もアップサイドが見えそうにないので、レジ比率を上げて安定運用する方向で考えており、日本賃貸などを増やしている状況なので、この投資行動にも合致しています。引き続き長く保有しようと考えています。

さすがに良い銘柄は高値圏ですし、冷静になるためにも投資資金や監視銘柄を減らし、分析に時間をかけながら、妥当な水準と思える時期まで待とうと思います。

10月 第5週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:25.3% (+1.3%)
参考ベンチマーク:TOPIX 16.4%(+1.3%)

2017年受領済み配当 +2.06%(成績には含まず)
2017年トータルの税引き後確定損益 +16.4%(年初来成績に含んでいます)


1103.png

【今週の売買】
<売却>KDDI、アイドマMC、ダイト
<購入>ノザワ


半年ほど保有していたアイドマMCを売却しました。理由は単純で、決算の内容を見る限り鈍化しているように思えたからです。人材が成長ドライバとなるコンサルですし、小売に特化しており、全国にある程度拡大された状態です。新たな成長ドライバや新領域に拡大することを期待していましたが、キャッシュバックアプリ等を見る限り、暫く時間がかかるかもしれません。低Perでしたら許容出来るかもしれませんが、Per15水準はやや成長期待が高いと感じます。ただ、市場の過熱感からみると、さして高くもないんですよね。

KDDIは夏の急落時に購入しており、10%近くリターンが出ました。こちらも決算を見る限り、鈍化は鮮明で次の収益の柱が必要な感じでしたので、当初の思想とは異なりますが売却しています。ダイトは依然割安ですし、売る必要も無いのですが、日経も高値圏で、ボラティリティも高いので、押したところで利確してしまいました。その後、スルスル上昇していったことからダメトレードだったと反省しています。昨年の暴落が自分の当該銘柄に関する水準に関して、弱気に見てしまっていたと思います。

新規で割安な建材メーカーのノザワを追加しています。アスロックが主力ですが、中国でも現地生産販売を行っており、拡大を期待しての購入です。

【ポートフォリオの状況】
今週は2Q決算が本格化してきています。保有株では、ビジネスブレイン太田昭和〇、グリーンズ◎、ジャパンフーズ△となっています。その他も比較的堅調で、まずまず良い結果が続いています。REITは相変わらず軟調でヨコヨコといったところ。私のPFでは来週が本番となります。直近、売却額が大きく、キャッシュポジションが増加していますので、割安な銘柄中心にスクリーニングや決算内容を見ながら、検討していこうと思います。


10月 第4週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:24.0% (+1.9%)
参考ベンチマーク:TOPIX 15.1%(+2.3%)

2017年受領済み配当 +2.06%(成績には含まず)
2017年トータルの税引き後確定損益 +15.7%(年初来成績に含んでいます)


1029.png

【今週の売買】
<売却>ウェーブロックHD
<購入>杉田エース(優待枠)、一六堂、G-FACTORY


ウェーブロックは需給的な難しさと利益が1Qと4Qに大きく計上されるとのことで自信がないので一旦撤退しています

購入ではPER10倍以下、PBR1倍以下、総合利回り5%程度の杉田エースが調整しているので組み入れています。建材商社としては割安で、同業の北恵に比べるとまだ割安です(JKHDとはあまり変わりませんけどね)商材の種類を増やしていますので、大きな成長は無いと思いますが地味で緩やかな成長は期待できると考えています。

市場で人気な一六堂を分売トレードで組み入れ、調整が継続しているG-FACTORYを組み入れています。
また、上記表からKDDIとジャパンフーズを除いていますが優待株枠に移行し継続保有しています。

【ポートフォリオの状況】
今週は中小型株にも資金が入ってきました。保有株ではビジネスブレイン太田昭和が大幅高しており、その他も堅調に推移しています。REITは多くが権利落ちで、調整となりましたが、それを含んでも全体ではプラスで推移しているので、まずまず良い結果と考えます。2Q以降にどう動くか解りませんので、今の成績は評価できません。この水準でも全体的には買いが多く、買い持ちが多いので、油断せずに動向を見極めていこうと思います。

10月 第3週 週次

10月 第2週 週次
【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:22.1% (-0.6%)
参考ベンチマーク:TOPIX 12.8%(+1.2%)

2017年受領済み配当 +2.06%(成績には含まず)
2017年トータルの税引き後確定損益 +15.7%(年初来成績に含んでいます)


1022.png


【今週の売買】
<売却>アイドマMC(一部)、日本創発
<購入>アプライド、ウェーブロックHD


今週はアイドマMCが急騰しましたので、少し利食いして、アプライドとウェーブロックを新規で買っています。
アプライドは西日本中心のパソコンショップです。PER水準が6倍程度、総合利回り3%弱と、過度の割安水準になっていましたので新規で買っています。ツイートにも記載しましたが、PCデポやビックカメラの情報通信機器部門など、月次動向が堅調なので、2Qはまずまずの数字が出る可能性もあり、少し期待しています。地元にもあって閑古鳥が鳴いていた状態を知っているので、自信はないですが。四季報発表後に少し上がりましたが、圧倒的な割安さを考えるとまだ妙味もあると思います。

日本創発は、需給が悪いのと今期の実績ベースの数字に自信が無くなったので、一旦利確しています。

【ポートフォリオの状況】
今週は小型株はイマイチでしたね。マイPFも調整しており、日経が歴史的な連騰している状況にも関わらず歯がゆい状況です。REITについては、ほぼ変わらずな状況です。あまり機動的な売買は向いていないので、2Qの数字を見ながらのんびりやろうと思います。
検索フォーム
リンク
プロフィール

ミドル投資

ミドル投資
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。投資歴5年ですが年利3%ほどしか計上できていません。立会外分売やIPOと割安株で年利5%確保を目指します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】【R28−20−HH】笠岡ふるさと米・20kg
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)