保有株の状況と成績 5/3

GWで時間があり図書館に来ましたので状況などを記載していきます。未だにネット環境が開通していませんので更新は出来ていませんが、細々とスマホからの中長期投資は行っています。

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆ 年初来:+10.2% CP17% 


エクセルがまだ整っていないので、テキストで記載します。
<保有株>
イオン、イオン北海道、ダイト、ホクリヨウ、日本管理センター、協立エアテック、竹本容器、エコス、グリーンズ、田辺工業、価値開発、ジェイリース、(NEW)日本モーゲージS、(NEW)アイドマMC


<保有J-REIT>
インベスコオフィス、シニアリビング、さくら総合、スターツプロシード、インヴィジブル、日本賃貸、スターアジア、(NEW)投資法人みらい


<月間の主な売買>
(買い)上記、保有NEW銘柄の購入、日本管理センター、KSK、FTグループ、投資法人みらいR、さくら総合R
(売り)プラップジャパン、ヴィンクス、データアプリ、大江戸温泉R、幼児活動研究、KSK、FTグループ

【売買の詳細】
四月は大幅調整が入りました。私は四月から新生活&インフルエンザにかかるなど、個人的な問題もあり適切な対応は出来ませんでした。今年は資金効率がどんなに悪かろうと、自分の購入に至った経緯などを重視し、単純な損切は行わないことにしていましたので、基本方針はホールドとしていました。相場が悲観から、楽観に移り変わるあたりで、成長に対する見込みや指標的に明らかに割安さを感じた銘柄へのリバランスを積極的に行いました。

プラップジャパン、ヴィンクス、データアプリは決算前に利が乗っているなら一度、ポジションをカットも考慮する予定でしたので、キャッシュ比率引き上げもかねて、利確していきました。

プラップは好決算だったので結果的に失敗でしたが、一時は+10%だったものが-10%まで調整していましたので、決算持ち越しはしませんでした。ヴィンクスについてもレジ自動化関連でテーマ性が出てきており、大幅高しましたし、データアプリも材料が出て、含み損は解消されましたので、利確しました。

幼児活動研究は決算で減益となる可能性もあり、リバランス実施の際にカットしましたが、こちらも来期微成長予定ではありますが順調ですね。非保有となっていますので、今後も監視していきます。

新規に組み入れたものの、すぐにリバランスしてカットしたのが、FTグループとKSK。どちらも微成長ながら割安で高配当株でしたので、組み入れましたが、両銘柄ともに短期で配当以上の5%~8%程度は利益が出ていましたので、決算直前に利確となりました。後者は好決算でしたので上がりそうですね。安全性を重視してしまうと、どうしても場当たり的な対応になり、結果的に短期スイングとなってしまい微益でカットしていくという、初心者にありがちなトレードを繰り返している状況となって来ていますので、この点は反省しないといけません。売却した銘柄はどれもまだまだ割安だと思いますので、引き続き監視しつつキャッシュポジションと今後の見通しの中で再度購入を検討する予定です。

その他、新規では日本モーゲージSとアイドマMCを買っています。

リートでは大江戸温泉Rを売却、さくら総合R、投資法人みらいRを購入しています。大江戸温泉Rはファンドが増資&優待を出してくると予想していますので、利益の出ている状況でカットしています。インカムゲインが下がりますので、代わりにさくら総合を購入しています。保有物件はクソですが、利回り7%あるなら妙味はあるかと思い狙っていました。また、投資法人みらいも権利落ち後に購入しています。この銘柄は保有物件に勤務先の拠点があり、退去の噂があったので利回り6%、三井物産の信用力、A+格付けと妙味ありそうなでも投資には至りませんでした。4月になり、退去しない方針との話をキャッチしましたので、購入しました。最大のリスクはイデラの保有する。。。晴海トリトンスクエアですね。インベスコが売却に成功した本物件は住友グループが大量退去する可能性があり、リスク過多です。次回の増資でオペレータから押し付けられる可能性があり、動向は注視する必要があります。

【銘柄の状況など】
日本モーゲージはフラット35の住宅ローンを手掛ける会社で、有名投資家さんも購入されていますね。金融株はスケールメリットが重要であり、新興企業がどこまで伸長するか読めませんし、フラット35は他の金融機関でも扱っている商品ですので唯一性はないです。しかし、市況は非常に良いので成長期待で購入しました。エスクローAJの決算を見る限り、不動産金融関連は手堅いように見えますので、大丈夫そうに見えますけどね。ただ、調べた限り非上場のアルヒ(旧SBIモーゲージ)の方が先行者メリットがありそうな気もします。3月に購入したジェイリースと併せて期待しています。

アイドマMCは決算後に700円指値していたら買えました。決算では来期予想はEPS45円でした。前期EPS40、今期は先行投資を懸念して43円程度を予想していましたので、自分の予想以上の結果でした。実質的にはCAGR10%程度は見込めますし、700円ならPER15倍程度ですので現時点ではイコールバリュー、再来期EPS50円程度を実現できるなら多少割安でしょうか。需給的には750~800円台はヤレヤレ売りが飛んでくるので、600円程度までは調整する可能性もあるので、下がれば少しづつ増やす予定です。

その他、保有株で決算発表があったものはホクリヨウ、ダイト、エコス、グリーンズ、田辺工業、価値開発でした。

ホクリヨウは上方修正でした。直近の鶏卵価格を考えると、サプライズ感はあまり無いです。個人的な成長ストーリーは変わりません。

ダイトはQonQで減益でしたが、通期では増益ベースですし、記念配も出ており、こちらも許容範疇内

エコスは前期の店舗改装を考えると個人的には増益となるかが怪しかったのですが、減損を出したもののなんとか増益見込みとなりました。市場では評価されず、大暴落。その後、人気ブロガーが主力にするなどイベントを経て株価は回復しました。こちらも成長ストーリーは不変でスクラップアンドビルドの効果が今期もしくは来期ごろにでてくればよいと考えています。ただ、今後も老朽化した店舗の減損処理などを利益で賄う可能性はあるので、注意は必要でしょうか。

田辺工業は上方修正&大幅増配となりました。微妙な予想を建てて、秋とGW前に上方修正する傾向があり、修正自体のサプライズ感はないですが配当が倍額となっておりインパクトが大きいです。現状でもper6倍で配当利回り3%近くとなっており、割安感はありますので追撃買いも考慮しようと思います。

価値開発は減損で下方修正しました。財務がクソというのとホテル以外が大苦戦している状況なので、ベストウェスタンという武器とホテル好調の神風をもってしてもこんな状況に陥る可能性はある程度は予想出来たので、仕方ないですね。優待用の単元銘柄ですし、購入価格でも実質的な優待利回り10%ありますので、あまり問題視していません。

今年もちょうど、1/3が終了しましたね。セルインメイの格言があるとおり、秋口まで大幅な調整をする可能性もあります。やるべきことは特に変わりません。割安株投資を主力に、高配当株投資、成長株投資、イベント投資を織り交ぜながら安全で安定的な成績が残せるよう努力していきたいと思います。


04/02 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆ 年初来:-3% CP:5% 

0402.png

エクセルファイルを再度作成してみました。

【売買】
グリーンズ 買い
ジェイリース 買い
日本管理センター 買い


今週は北朝鮮問題など地政学リスクが意識され、大幅調整となりました。特に中小型株が大暴落しており、個人投資家は痛手をおった方も多いでしょう。

今週は保有株はすべて大調整しました。
売買ではグリーンズ、ジェイリース、日本管理センターを購入。売却はしませんでした。

全体相場が過熱感あるにも関わらず、高値で株を買っていたため、暴落の影響は大きかったです。
私の場合は現物でかつ銘柄をセクタ毎に分散させ、更に割安なものでPFを構成していましたが、小型株が多いこともあり全体大調整の前には無力でした。追加したものも買ってすぐに含み損となり、年初来の成績もマイナスに転じました。当然、含み損生活突入となっています。

気休めになるかもしれませんが、目標株価を設定し、割安でかつ水準訂正の可能性がある、もしくは成長する可能性のあると判断したものしか買っていませんので、将来の成長を願いながら見守っていこうと思います。

3/26週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】

サブPCが壊れてしまって、投資データが飛びました…。
というわけで機をみて、更新します。

優待情報に投資戦略など、消えてしまって悲しいです。
皆さんもバックアップは定期的に取った方が良いと思います。

年初来成績 +12%

【売買】
田辺工業 買い
エコス 買い増し
協立エアテック 買い増し
価値開発 買い
優待クロス


今週も強弱入り混じった週でした。期末要因からか、急騰や急落が見られました。

今週の保有株は一部を除けば調整モードでした。REITは期末要因からか大暴落となりました。
売買では保有株を買い増し、田辺工業を新規で購入しています。

エコスは総合利回りと成長の両面を期待できる銘柄と考えましたので、ジュニアNISAに入れました。即含み損でちょっと悲しいですが、超長期で見る予定です。協立エアテックは週頭に買い増ししました。桧家との協業や新工場稼働など、業績面での成長を期待しての行動です。こちらは上昇しましたので良いタイミングで拾えた感じです。また、以前に分売した田辺工業を新規で購入。分割で買いやすくなりましたので打診買いしてみました。低PerPbrで高進捗率なので、上方修正に期待しています。

保有株はヴィンクスがレジロボットのIRで大幅高しました。特に小売りの人手不足解消にもレジの進化は不可欠なので、これから思惑や業績に期待できます。イオンのレジ周りはセルフレジが導入され回転率も向上しているので、当社のソフトは競争力あると思うんですよね。

3月優待クロスは37銘柄をクロス。SBIの一般中心に攻めたことでコスト圧縮になり、最終的にはコスト2.5万円に対して優待リターン10万円と満足出来る結果になりました。クオカードや金券が中心ですので、大半を生活費に補填する予定です。

田辺工業なんかは業種的にも外的要因で業績に影響が出るシクリカル銘柄で、不人気で割安放置されそうで株価上昇には少し厳しい面もありそうな銘柄です。ただ、金融商品を資産として考えた場合、この手の低Pbrの資産株やネットネット株なんかを組み入れるのも良いのではないかと考えた次第です。資産運用は様々な方法があると思いますので、これからも検証しながらより良い方法を模索していこうと思います。


3/19週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆ 年初来:+13.71%(+6.7%) CP:45% 
<株部門> 含み益+5.85%(+1.7%)
<REIT部門> 含み益+3.25%(-1.2%)


0319_2.png

【売買】
ヨシックス 売り
IPO ソレイジア 売り 
IPO オロ 売り
グリーンズ 買い


今週はオバマケア見直し問題や篭池問題があり、一時大きく調整しましたが週末にかけて回復しました。個別株は連日IPOがありセカンダリが盛り上がっていました。

今週の保有株は一部を除けば全体的に調子が良かったです。REITは調整しました。
売買ではグリーンズを購入、ヨシックス、IPOのソレイジアとオロを売却しています。

グリーンズは銘柄分析にも書きましたが、個人的には投資妙味があると感じましたので公募分に加えて買い増しをしています。私は吸収額などを考慮すると下値があると考え慎重に取り組む予定でしたが、多くのバリュー株好きさんが参戦されていたみたいなので後追いする格好に。下落するなら増やすことも考えたいですが、人気もあるようなので難しかな。

また、ヨシックスに加えIPOで当選していたソレイジアとオロを売却しました。ヨシックスは権利落ちで調整しそうですし、引越し先に店舗が無いこともあり売却しました。優待現物投資にも今年は積極的に取り組んで行きたいんですが、パクリ居酒屋はライバルも多そうで自信が無くなりました…。業績下降気味ですが、業績改善の匂いを感じる優待株が見つかりましたのでスイッチする予定です。

今年も良IPOが早い時期に当選し、クジ運に助けられている感が満載で、全く納得感は無いです。イベント系でもファンダ分析は応用できますが、自分の選んだ銘柄の成長と共にゆっくり資産を増やしていきたいと考えますので、これからもイベントよりは中長期の方に注力していこうと思います。

3/12週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆ 年初来:+7.09%(-0.2%) CP:50% 
<株部門> 含み益+4.11%(-9.0%)
<REIT部門> 含み益+4.44%(+0.8%)


0319.png



【売買】
G-7HD 売り
アイドマMC 売り
データアプリ 買い
プラップジャパン 買い

IPO ソレイジア グリーンズ 買い


今週は日銀金融政策決定会合があり、全体的に調整となりました。特にREITは長期金利の変動を見越して、会合前に暴落、会合後に現状維持となると暴騰とイベント前後で動きがありました。個別株は四季報相場となっており、四季報の内容次第で上下に動いています。

今週は保有株は全体的に軟調でした。保有株の四季報来期予想がネガティブなものもあり、調整となりました。

売買ではデータアプリ、プラップジャパンを購入、アイドマMC、G-7ホールディングスを売却しています。
G-7は保有数を調整しながら、かれこれ1年ほどのお付き合いでした。個人的な目標株価を2500としていましたので、売却しました。業務スーパーが好調なのは周知の事実ですがオートバックス事業は国内の自動車産業が頭打ちの中、成長に関しては疑問がありリスクもあります。今の株価は正当な評価を受けているという印象を受けますが、フランチャイジーとして今後も成長を続けていくには幾分カタリストが不足していると考えました。

利確でキャッシュ割合が増えましたので、新たにデータアプリとプラップジャパンを組み入れしました。データアプリはEDIソフトを手掛けています。自社で自分の携わるPJにて当社のソフトの導入検討を実施しており、優位性を感じましたので購入しました。四季報で来期予想が減額され、購入早々に大幅安に見舞われました。時間がかかる投資でしょうね。
また、売却したアイドマMCの代わりにPR業を手掛けているプラップジャパンを組み入れています。低Per、微成長、高配当と広告セクタらしい銘柄です。1Qの進捗が良いこと、ここ数年は業績が安定していること、過疎銘柄でボラティリティが低いこと、世界1位の広告グループであるWPPグループが大株主であり業績拡大していくことを期待して購入しました。

日々ボラティリティの高い銘柄を組み入れると、どうしても一喜一憂してしまいます。私は弱い人間なので、これでは仕事にならないです。将来的な成長を期待したキャピタルゲインを狙う投資も行っていますが、株式は金融資産としての側面もあるので、ボラティリティの低い割安と思える銘柄の比重を大きくし、一部で攻めるような投資を引き続き行っていこうと思います。
検索フォーム
リンク
プロフィール

ミドル投資

ミドル投資
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。投資歴5年ですが年利3%ほどしか計上できていません。立会外分売やIPOと割安株で年利5%確保を目指します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村