2018年保有銘柄雑感 G-7ホールディングス

最近は週次の投資日記を付けているだけなので、中期保有予定の銘柄については順次、簡単な所感などを綴っていこうと思います。気になるポイントを自分用にダラダラ書いているので、内容は薄いです。

初回はG-7ホールディングスについてです。

多くのバリュー投資家さんが買われている銘柄ですよね。私は2年前に投資しており、割安が訂正された段階で売却しましたが、今期に関しては成長が加速していて、割安となっていましたので、同価格程度で再度投資しています。

G-7ホールディングスはオートバックスや業務スーパーのフランチャイズ店を運営するメガフランチャイジーになります。
フランチャイジーはコンビニチェーン店のように本部であるフランチャイズ企業からライセンス使用料等を支払い、商売するビジネスです。フランチャイジー自体、FC本部への手数料支払いなどがあり、奴隷ビジネスと思いがちですが、店舗展開や人気ブランドを使用したドミナントなど効率よく展開することで、稼ぐビジネスを展開することも出来ます。

G-7は2大ブランド(オートバックス、業務スーパー)が主要な収益源になりますが、業務スーパーと一緒に出店することもある精肉のテラバヤシ、タルトのBakeやコインランドリーのマンマチャオ、女性向けフィットネスジムのカーブスなど、多彩な展開を行っています。

g7_01.png
G7_02.png

業務スーパーやオートバックスのような、小売業のため、営業利益率は低いです。
2016年は業務スーパーのリニューアル効果などがあり、営業利益38億と、大きく成長しました。2017年は予想の段階では5%成長程度でしたが、実績は営業利益43億と10%増益を確保しています。2018年は営業利益50億と、更に成長が加速する予想。中期経営計画では売上1700億円、経常利益70億円を目指すとの事。
当社は昨年は控えめでしたが大風呂敷広げるタイプですので、丁寧にチェックする方が良いと考えています。

二桁利益以上に成長していますが、相変わらず、人気が無いため
予想PER11.8倍、PBR1.90倍、配当利回り2.5%、ROE15%以上
と、成長と増配によって割安なバリュエーションを維持しています。

昨年実績でセグメント毎の営業利益をみると以下の通り。

オートバックス事業 16.5億、こだわり食品事業 26.5億、その他 -1億

その他FC事業ではタルトのBake、フィットネスのカーブス、コインランドリーのマンマチャオ、いきなりステーキなどを展開していますが、昨年は赤字だったこともあり、その他の伸長が、今後の成長ドライバーになりそうです。カーブスは神奈川を中心に10店舗ほど運営しており、ドミナント展開をしています。他の方の展開されているIRイベントの議事録等をみると、カーブスは収益目途がたっているとの意見もありので、今後、伸びれば寄与しそうです。FC本部のコシダカをみると、会員数や利益などは若干停滞しているのが気になりますが。。。いきなりステーキは流行りもののため、長期的には厳しいと思いますが現在1店舗のみで、直営のG7モールのフードコートに入れる程度なら多少は計算できるとは思います。業務スーパー並の息の長いFC業を今後、開拓出来るかがポイントになりそうです。

中計達成に向けて、売上高で500憶、営業利益で20億ほどストレッチがあるため、達成に向けてはM&Aする必要があります。主力のオートバックスFCか業務スーパーFCとなるのですが、業務スーパーはドル箱のため、どこも事業譲渡する予定は無いでしょう。オートバックスFCを安く買い叩ければ負の暖簾が期待出来そうな気もしますが、他の上場オートバックスFCも現状ではそれなりに業績が出ているので難しいかもしれません。ダメな店舗を買い取っても全く意味ないですし、ハードルは高そうです。

個別分析 エコス

最近、エコスの株を買いました。
指標的には非常に割安で拡大ができそうなので、少しファンダメンタルズ面を確認していきます。
時間が限られているので、少しづつ書いていきます。

【購入経緯】
1.割安 (PER8倍、PBR1.2倍)
2.業績は年間通すと良い
3.総合利回りが良い
(総合利回り4%程度 配当2500円+優待3000円×2(実売1000円×2程度))
4.高ROE15%程度
5.スーパー銘柄
6.時価総額130億
7.配当優待落ちで値下がり中


ざっくり上記のようなところです。株価を押し上げるようなカタリストは無いです。
市場でスーパーの銘柄が人気したときに買われる程度でしょう。

高ROE、低PERですが、業績は鈍化しており成長銘柄では無いです。
M&Aや積極的な出典を行っているため自己資本比率が低いので高ROEとなっています。
そんなにピカピカな銘柄では無いです、リスクもある銘柄です。

【解説】
北関東圏のスーパーを展開しています。
エコス、ますだ、タイラヤのブランドで展開しています。
タイラヤは栃木、エコスは関東、千葉、東京郊外に出店しています。

ニュースをみると、閉店や改装休業がかなり多いです。
3月から本日までで、改装休業7店、閉店2店、新店4店です。
不採算店の閉店をしつつ、開店しています。

直近決算が、QonQで2割減益となっています。
これは9月に3店、10月に1店を改装休業した影響が大きいと思います。

そして直近、2月に2店を改装休業しています。
改装には1~2ヶ月かかるので9月に閉店した3店は再開されそう。
しかし、10月の建て替え1店は今秋開店、2月の2件も3月まで再開されません。
2月の1店には小平店が含まれており、関東圏の中規模店舗でインパクトはそれなりにありそう。

9月にはトップマート3店を譲り受け、たいらやとして改装させてるそうです。
ニュースリリースなどを確認すると上記のようなスクラップアンドビルドは始まったばかり。暫く先行投資が嵩み、業績は停滞する懸念がありそう。

来期これで増益になるのかな?
ただ、地場の小規模スーパーを喰らいながら拡大し、イオン大王に挑む姿は応援したくなります。
買ってみたものの、今後のリニューアルや出店計画を確認してから、対処を考えようと思います。





個別分析 G-7ホールディングス 3Q決算

G-7ホールディングスの3Q決算が発表されました。私は当社に長期投資していますので、確認していきます。

<3Q単体>
前期比売り上げ+5.3% 営業利益+20.1% 経常利益+9.8% 最終益+20.0%
<3Q累計>
前期比売り上げ+7% 営業利益+18.1% 経常利益+19.6% 最終益+10.9%


増収増益となっています。株価の期待に応えた格好ですね。オートバックスの月次がまずまず良好に推移していましたし、業務スーパーの神戸物産も好決算でしたので、想定通りの内容だと思います。逆に株価は2Q後のPER8倍程度から12倍弱まで評価されている状態ですので、暫くは調整する可能性もあると思います。昨年はMAしたお肉屋テラバヤシの負ののれん発生益も2億ありましたが、今年は特益は何もないので、差し引いての大幅増益はサプライズに入るくらいの好決算だと思います。多くの人は数字しか見てないので株価には関係ないのでしょうね。

昨年は暖冬で、特に4Qの成績が悪化していましたが、足元は厳冬であり、比較的穏やかな気候となることの多い西日本にも雪が降っています。スタッドレスタイヤの需要があるので、4Qも増益ペースで推移できるかもしれません。通期上振れも多少は期待出来るでしょうか。こういったポジティブな内容が簡単に想像出来そうなので、直近大幅高していますが下値は堅いかもしれませんね。

今回の決算を評すると、強気です。
現在、PER11.4倍で小売セクタでは割安な状態です。しかし、当社はメガフランチャイジーであり、言い方が悪いですが本部の奴隷に成り下がるビジネスを多角化と規模、異業種間のシナジーで儲かるビジネスに激変させています。どうしても本部に比べ割安に評価されがちです。それでも今回の決算が評価されるのであればPER13~15程度までは見直されるかもしれません。


個別分析 ホクリヨウ 1Q決算

ホクリヨウの1Q決算が発表されました。私は当社に長期投資していますので、確認していきます。

<1Q単体>
前期比売り上げ-8% 営業利益-48% 経常利益-46% 最終益-48%


想定通りの減益ですね。個人的にはもう少し減益幅が小さくなると考えていたので、どちらかと言えばネガティブです。

鶏卵事業は売上高-9%、営業利益-41%。鶏卵事業の悪化は鶏卵価格の推移を見ても一目瞭然ですね。価格が高騰すればそれだけ利益が上がる事業です。逆に下がればそのまま利益が削り取られます。円高による飼料価格の低下があってもこの水準です。
売上高で見ると、鶏卵価格下落に比べて小さいので着実に生産力は強化されているものと考えます。

食品事業は売上高-0.6%、営業利益+9%です。台風被害により道東の観光事業に影響がでたことで減収となりましたが利益は確保したとのことです。昨年のインバウンド特需の反動が少しでることを懸念していましたが、増益を確保できている点は素晴らしいです。台風被害は収束しつつあり、2Qからは影響が無くなるでしょう。

大幅減益ではありますが、対上期進捗では63%となっています。保守的な予想であることが認知されている状況ですので、やや弱いとも言えますが、通期でEPS100円程度は目指せるかもしれません。

期待の液卵事業は12月末に工場が完成し、1月から寄与しますので、こちらにも期待したいところです。また、北海道では灯油価格が今月に入って急騰しています。原油高に加えて例年以上の厳冬で品不足になっています。次の4半期決算では小さいかもしれませんがこれらの光熱費も増加することが予想されます。

あとは鳥インフルエンザですね…。既に道東で発生していますし、当社の設備は対策もしっかり施されているとはいえ、リスクが0ではないですからね。韓国では鳥インフルエンザが流行しており、鶏卵不足となっています。輸入の動きもあるようです。輸送コストを差し引いて採算が合うはずもなく、特需などは起こらないでしょう。

今回の決算を評すると、中立です。
現在、PER8倍で農林水産セクタではやや割安な状態ですので、ここで暴落するなら少量買い増しも検討します。

株主総会 ホクリヨウ

ホクリヨウの株主総会に行ってきました。
札幌コンベンションセンターで行われました。この会場は自転車で5分で行けるので最高の立地でした。中には、名古屋から飛行機で来られた方もいたようです。

議事の方は社長さんが進行していまして、簡単な戦略・課題、決議事項、質問と進んでいきました。


【戦略/課題】
・液卵工場が2017/1より稼働
・本州への進出(50%程度まで増やす)
・鶏舎建て替えによる生産性向上
・M&A戦略を柱に拡大を目指す


【質疑応答】
Q:今年は増資を行ったが、低金利の時代に増資する必要はあったのでしょうか?
A:液卵工場の新設、第一ポートリーファームの鶏舎建て替えで設備投資が必要だった。買収した第一は設備も古く生産性向上のための建て替えは毎期行う必要がありその資金が必要。

Q:次期大統領がトランプにきまり円安になっているが、飼料価格への影響は?
A:飼料価格は4半期毎に決定している。多くを輸入しているので円安はマイナスである。29年度は飼料価格は高めに設定しており、現在程度の円安では当初の予想達成に向けては問題ない。

Q:今後の成長戦略は?
A:農場の買収を行い、拡大を目指す。農場の新規設置には費用がかかるので作らない。5年後、10年後の目標は設定していないが、まずは売上高200億を目指す。

Q:同業他社に比べて優位性は
A:品質管理には自信がある。他社には負けていない。また、直接販売が多いことも武器である。他業者に比べて特殊卵販売(PG卵モーニングなど)の比率40%と高い。鶏卵相場が悪化しても戦える。現状、営業利益率9.5%を上げており、食品業界でも高い水準である。

Q:株価上昇策は?PerやPbrが割安であり、IRが不足していると考える。
A:株価は世界情勢などに連動しており、意外安、意外高に驚いていた。長期的には業績に連動するため、業績を上げる努力をする。今の株価は今期予想がダメだったからである。当社は下方修正は極力しない既に今期始まっているが出だしは悪くない、期待してほしい。IRは機関投資家や個人投資家に対して定期的に地道にやっていく。

Q:鳥インフルエンザへの対応は?
A:上場前から対策を実施しており、リスク分散も行っている。

Q:東北の事業のカバー率は?
A:業務用については既に関東圏まで出荷している。パック商品においても福島を除く、東北全県に出荷している。福島についても来年以降対応し拡大を目指す。

Q:加工卵の今後の展開は?冷凍卵やマヨネーズといった加工食品への展開は考えていないか?
A:まずは開始した液卵事業に注力する。数年は液卵のみを考えている。

Q:イセ食品やアキタといった本州の大手鶏卵メーカとの協業やアライアンスは考えているか?
A:今のところ考えていないが、将来そのようなこともあるかもしれない。

【考察】
話を伺っている限りでは、ネガティブな話題はあまり無く、むしろポジティブな話題が多かったです。品質管理が徹底されており、他社に比べて優位性があるのは日々、実際に当社の卵を食べているので納得できます。
第一を足掛かりに、更なるM&Aで本州へ拡大することは間違いないと思います。買収してそんなに時間がたっている状況ではないですが、着々と商圏も広げている状況もポジティブだと思います。

弱小の農場では事業体制も脆弱であり、買収とスクラップアンドビルドに取り組むことで、売り上げ200億の夢は実現可能ではないかと思えました。ただ、拡大には資金が必要なので、株価対策より当面は成長投資を優先するのでしょうし、超長期では更なる増資もあるかもしれません。
足元の円安にも怯まない保守的な見通しのようなので、鶏卵相場が堅調に推移すれば予想は達成できそうな点も安心できる内容だったと思います。

個人的にはイフジのような冷凍卵などへの展開も期待したいところでしたが、まずは液卵からしっかり取り組んで鶏卵価格に左右されにくい事業展開を期待したいです。

残念ながら、脅威について聞くのを忘れました。JAやアキタ、イセなど他社も農場を集中管理、生産性向上に努めているので、競争は激化することが予想されます。それでも鶏卵の消費は無くなりませんので地味に拡大を続けると思います。

すぐに株を買い増すことは考えていませんが、ショック安になるような状況であれば、買い増しを検討しても良いと思える内容でした。

お土産は昨年と同じく、燻製卵10個でした。恐らく500円~1000円程度でしょうか。有意義な総会になったと思います。
20161125_111117.jpg

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング