【個別分析】ダイト

最近、ダイトに再度投資を始めたので、現状を少しだけまとめておきます
過去の記事はこちら

ダイトは富山県でジェネリック医薬品(以後、GEと表記します)向けの原薬と製薬、高薬理活性医薬品のの試薬や薬剤の提供を行っています。自社でMRを抱えず、原薬や薬剤のOEMを日医工などのGEメーカに提供をしています。私が投資していたのは2017年の秋まででしたが、その頃に比べると後者への投資も奏功し、事業が安定している点を評価しています。

daito_1_a.png


マクロ的にはGEは国家の医療費削減の施策にのって拡してきました。すでに75%と目標到達まで少しまで来ています。業界的には拡大傾向にありますが、この分野は先発薬メーカが提供するGEより有利なオーソライズドジェネリックや海外メーカとの競争も激しく過当競争になっています。加えて、国の方針から薬価の改定が目先の潜在的な下押しリスクとして存在しており、あまり強気になれる状況ではありませんでした。

daito_2b.png


そこで、ダイトとしては高薬理活性剤の領域に事業を拡大し、設備投資を進めてきました。これも日本化薬など競合がいる分野ですが、着実に伸長させています。薬価改定がありながら増収増益を続けており、中国や北米への輸出など掲げてはいましたが、全然進んでいませんでした。直近、ようやく海外販売の準備も進んできているようです。

材料については輸入になりますので、円高メリット企業となりますが、1円で3000万円くらいの違いしかないので、そこまで大きいものではないとみています。

daito3.png

部門毎に好不調の波はありますが、全体としては伸長しています。地味ではありますが、大津賀社長の描くニッチで強いビジネスが体現出来ているように感じます。

daito_4_2019.png

売上利益共に、着実に伸長しています。今売られているのは次期の予想が弱いことだと思います。来期予想は地域の設備投資に対する税免除施策が終了したことによる最終益の減少です。この会社も保守的に業績を見積もる傾向にありますから、業績拡大に関して長期的には不安はありません。

daito_5_2019.png

積極的な設備投資を行いながら利益成長している企業はどうしても表面上の利益は過少に出てしまいます。営業CFの伸びは前期比30%弱です。これからも投資は続いていくと予想されますが、高薬理の投資フェーズがある程度落ち着いたので、減価償却についてもやや下がって利益が乗ってくる期待も長い目で見れば出来るのではないでしょうか。

【指標など】
PER11.5倍、PBR1.22倍、利回り1.32%、ROE11%、自己資本比率66%

設備投資が軌道に乗り、営業CFから拠出でき回せている現状は良い環境と考えます。財務が良くなるにつれて、少しづつ増配も行っており、昨年は38円、今年は40円と着実に連続増配株の道を歩みだしているようにもみえます。
当社は過去PER的には9-17くらいと評価に幅がありましたが、割安と考えられる状況にあります。

私が売却した際は最後の玉は3000円でしたが、今も3000円ほどです。その際の予想EPSは220程度であり、20%以上上昇しています。業界的に競争も激しく各社苦戦している状況にありますが、ニッチな分野でしっかり事業を拡大させてきた手腕は評価に値すると思います。当社は製薬分野でも製造に重きをおき成長した側面を考えると、投資は必要ですが単純に人月のビジネスでは無いため、さらなるトップライン、ボトムラインの成長を狙える楽しみな会社と感じます。

私は会社を調べる際に転職サイトを巡回する変態的な手法を取っていますが、過去調べた中ではこの会社ほど、社員を大切にする環境の良い会社はみつかりませんでした。それだけでも割安なら投資する価値があると考えます。

ダイト 2018 1Q決算

遅くなってしまいましたが、長期投資となっているダイトについて決算を中心に確認していきます。

ダイトの本決算は増収小幅増益でした。

<<20171Q決算>(単位:百万円)
売上:9111 営業利益:929 経常利益:967 最終利益:671 1株利益:53.7円
<2018予想>
売上:9681 営業利益:932 経常利益:973 最終利益:673 1株利益:53.8円
前期比売り上げ+6.3% 営業利益+0.3 経常利益0.6% 最終益+0.3% (対上期進捗47.7%)


当社はジェネリック医薬品の原薬や後発薬のOEM製剤がメインの医薬品業です。

期初の今期予想で前年比7%増益との目標を掲げていますので、数字だけみると鈍化しているように思えます。種目別にみると原薬の売上が-4%、製剤の売上が+24.3%と対照的な状況になっています。昨年から原薬鈍化が数字上鮮明になってきており、ついにマイナス圏まで下がっています。子会社である大和薬品の原薬ラインの設備増強を行っており、今期から寄与している状況での売上減は厳しいと言わざるをえないです。会社側も以下のように危機感を表しています

「全体的に医療現場での薬剤使⽤の適正化の影響と⼤型品⽬を中⼼としたAG(オーソライズドジェネリック)の登場により厳しい状況で推移いたしました。」

私、個人もAGの影響を気にしているのですが、AGは既に国内で出回っており、日医工などは先発薬メーカにライセンスを支払い一部の製剤を行っている状況です。ユーザ側からすると一般的な後発薬に対してAGの方が受け入れやすいのは想像しやすいです。この状況は今に始まった話でもないのですが、AGに対しては後発薬が抗いにくいのも事実です。私の友人(薬剤師)は薬剤の使用の適正化の影響の方がデカいのではとの意見も言ってました。

正直、ポジティブには思えない状況ではありますが、製剤部門は好調で高薬理活性剤への注力と市場拡大に関しては疑いが無いのでなんとか、予想は達成してほしいところ。ここ数年は比較的弱めな予想をだして、実績では上振れてくる状況が継続しているようなので一定の確度はあると思います。(それだけ市場が堅調に拡大しただけかもしれませんけどね)

肝心の株価は現在2760円で予想PER12倍水準。昨年の底を見ている人には高いと思われるかもしれませんが、2016年春頃の株価と変わらないのです。その間の日経平均やTOPIXの高騰を考えると、相対的に割安にも見える水準です。
加えて医薬品株と考えると圧倒的な割安です。後発薬関連と考えても、後発薬は薬価改定の影響で減益も多い中、当社のみ増益が続いており、成長が継続している状況を加味すると希少とも思えます。ただ、その他の業種の株と比較してみると、増資後の2015年度~2017年度のCAGRは5%程度であり、妥当な水準であるともいえます。

長年付き合ってみて、ボヤキみたいになってしまいますが、当社は魅力的な設備投資(工場新設やライン増設)を継続しているのです。現状ではその投資に対する成長が期待以上には現れていないような気もしています。それでも失望するほどでもなく若干下という状況ですし、株価が高いともいえないので、このまま投資は継続しようと思います。

少し分析 日本創発グループ 

何もせずにのほほんと生きていると、脳が腐ってくるので
買った銘柄は出来るだけ分析情報は載せようと思います。
という訳でいつもより情報量少なめな少し分析です。

東京リスマチックが前身の印刷を主体とした複合企業
販促や広告などのメディア事業と印刷業が主体

メディア事業はTOWや博展が近い雰囲気。

業績は回復傾向ですが継続的に上向きっというわけでもありません。
2014年は経常ベースで赤字になっています。近年はM&Aを積極的に行っており、拡大しています。

先日IRで「サイバーネットの追加取得」、「Playceの株式一部取得」、「ハル工房の株式取得」、「田中産業の持分法適用関連会社化」が発表されました。今期MA予定でしたが、積極的に行っています。特に田中産業は営業利益3億となっているので、出資29%と考えて約1億くらいの上積みが期待できそう。

また、8月に日経印刷との12月合併を発表しており、これに続くMAになります。日経印刷は株交換(希薄化16%ほど?)で買収しますが、当期の純利益6億となっており、これが来季積まれると、日本創発の純利益4億に6億が加算され10億になります。希薄化すると考えても充分すぎる内容にみえます。ただ日経印刷は前期純利益4千万程度なので、このへんのカラクリを理解しないと投資対象として見にくいのも事実です。

そもそも、印刷会社が利益を右肩上がりに利益を伸ばせるかと言われれば疑問符は付きますが、内製化する際のコスト削減メリットはあると思うので、グループ再編を横断的に最適化する前提で、うまく仕事が受注できるのであれば、シナジーは期待できそう。

直近の2Q単体では赤字なので、短期的な業績のブレには注意も必要

【指標など】
PER12.1倍 PBR1.01倍 配当利回り2.80% 自己資本比率30%
2017.12 売上予想350億 営業利益13億 (+49%)通期進捗56.9%




個別分析 ジャパンフーズ

【解説】
ジャパンフーズは清涼飲料や酒類の製造を行っています。基本的にはブランドオーナ(飲料メーカのこと)向けのOEM(受託製造)を行っています。中国にも展開していますが、国内での製造販売がメインですのでディフェンシブ株に該当します。伊藤忠商事の子会社ですので、有事の際のバックアップや中国市場での拡大などを期待出来ます。

清涼飲料水業界の動向1
doukou01.png
一見すると少子高齢化、人口減少が叫ばれる中、シェア自体は右肩上がりに見えますが、これは罠です。サントリーやキリンなどの大手メーカが海外M&Aを進めているため、業界としてトップラインが伸長しています。

飲料業界動向2
doukou02.png
こちらは富士経済の動向ですが、横ばいとなっています。恐らく国内の動向はこれが正しいと思います。

当社の考察に戻ります。飲料の製造は、工場と機械さえあれば製造出来るので、参入障壁は比較的低いと考えられます。そしてOEMメーカは全国に弱小を含めると100社以上存在することから典型的なレッドオーシャンといえます。とはいえ清涼飲料の消費は無くなりませんので、景気動向に関わらず安定的な収益が期待できます。

ジャパンフーズ2

売上高ランキングではブランドメーカのすぐ後ろに付けており、OEMメーカとしてはトップの位置付けです。

優待でオリジナルの缶ジュースかお茶が1ケース貰えます。総会が例年、千葉のリソル生命の森で行われるそうで、豪華な昼食や施設を利用することが出来るため、優待派には人気な銘柄と言えます。総会の様子

株価について
japan_foods.png
右肩上がりに上昇しています。出来れば、昨年の安いときに買いたかったです^^;


【業績、指標など】
PER8.3倍 PBR0.80倍 配当利回り1.96% 優待利回り約1% 自己資本比率42.7% 時価総額70億


食品株セクターは知名度が高く業績が悪化し難い傾向にあり、比較的、割高な株が多いです。平均PERは15倍~30倍程度ですので、相対的に割安にみえます。同業種で比較すると伊藤園、コカコーラジャパン、ダイドードリンコでPER30倍程度であり、北海道コカコーラボトリングでPER16倍ですので圧倒的に割安です。ただ、万年割安株としての位置付けであり、不人気でPER10倍割れが続いていますので、水準訂正が行われる可能性は未知数であり、株価のアップサイドは狙いにくいと思われます。財務としては有利子負債が多く(有利子負債倍率1倍)不安はありますが、余剰金が70億あり時価総額と同等額ですので、一定の安心は出来ると思います。

japan_fuuods3.png

薄利多売の業態ですので、利益率は低いです。2016年より減価償却を定額法から定率法に変更したため、業績が急拡大しているように見えています。中計を見る限り、本格的な設備投資の最中であり、今後も継続して増えると思われます。業績に関わらず配当は27円が継続しているので、今後もこのような傾向だと思われます。

【投資に対するファクター】
プラス
・新工場を建設中であり、2018/1より稼働予定
 →来期の業績に寄与する可能性有◎
  →一方で減価償却は大きくなる△
・規模メリット
 →飲料OEMメーカとしては最大。(ブランドオーナに次ぐ規模)
  →将来的な弱小淘汰の可能性あり(※後述の生産動向にも記載)
・指標が割安(PER10倍以下、PBR1倍以下)
・総合利回り3%程度+豪華総会ボーナス(豪華昼食+リソルの森利用 ゲスト利用可)
 →総会に参加するなら実質的に5%程度と考慮出来る
・四季報EPS来季180円
 →達成できるならPer7.6倍

マイナス
・基本的にはレッドオーシャンな業界
・ブランドオーナの影響が大きい(1Qも在庫調整の煽りを受けて低調)
・気温の影響を受ける。
 →直近、冷夏の傾向があり、関東圏の気温は下がっている△
  →ただ、温暖化の恩恵を享受できるため大局的には◎
・食品のため、人口動態が大きく影響する△
 →人口減少で業界的には大局的にトップラインが減少する可能性あり△

【まとめ】
株価はどうか解りませんが、業績拡大が狙えて、且つ長期で優待や配当を享受でき、関東圏に住まわれていれば総会という名の豪華な小旅行まで享受できます。大手飲料メーカに勤める友人からもヒアリングしていましたが当社を外注として使用しているようです。業界的には最近は食の安全の観点から非常に高い品質を求められるようになっています。澁谷工業などのボトリング機械メーカが絶好調なのはこの高品質を維持するための需要があるからだと推測しています。数字の根拠はありませんが、長期的には弱小は淘汰され、外注大手の当社に恩恵がありそうな気がしています。

ファクターにも記載しましたが短期で考えると、冷夏の影響を受け、業績が停滞する可能性がありますが、長期で考えるとポジティブな要因からローリスクでローリターンが狙える銘柄だと思います。今買わなくても、次の決算後の業績悪化したところで買うのが良いかもしれませんが、過疎株であり、買い難い銘柄でもありますので、私は今回の調整で組み入れました。

本銘柄についてはキャピタルゲインを狙っていませんので、目標株価の設定等は行いません。長期で配当や優待などの小さなリターンの積み上げを狙っていきたい保守的な方には向いているかもしれません。


個別分析 ダイト 2017年度 本決算

ダイトの本決算が発表されました。私は当社に長期投資していますので、確認していきます。
ダイトの本決算は小幅増収増益でした。

<2017本決算>
前期比売り上げ+4.4% 営業利益+7.8% 経常利益4.4% 最終益+3.5% EPS 212.3
<2018予想>
前期比売り上げ+6.6% 営業利益+7.0% 経常利益7.0% 最終益+7.3% EPS 227.7

内容をみると設備投資が奏功し、トップラインが引き続き伸長しています。設備投資の結果ですので、特にインパクトあるような内容でもありません。順調に拡大しているといったところ。後発薬については薬価改定の影響も出ていると推測されますが、それを生産能力拡大と高薬理活性剤関連で補っているように思われます。

部門別にみると原薬が前期比売上高+2.7%、製剤が前期比売上高+7.2%となっており特に製剤が好調でした。2016年は大型設備投資の成果も現れ両部門が大幅に伸長したことを考えると、表面上は控えめな成果ではありますが、上記の薬価改定問題を抱えながらでこの状況なので充分評価できる内容です。

今期の見通しとしては引き続き、高薬理活性剤の製造受託が増加する見込みで、製剤部門が伸長するようです。会社側も高薬理活性剤に注力する旨を昨年から掲げており、良い傾向だと思います。

更に高薬理製剤棟新設を発表しており、こちらも期待出来る内容だと思います。竣工が平成30年12月となっており、業績に寄与するのは2020年頃でしょうか。

投資予定額は35億となっており、今期に21億を拠出する予定となっています。売掛金が大半ではありますが余剰金として156億もありますし、毎年30〜40億程度の設備投資を行っていますので平常運転の設備投資と考えて良い内容だと思います。
(毎年の状況を確認していると、この設備投資バッファをうまくコントロールし、微成長に留めている感じすらしてきます)

来期については設備投資を継続している状況での+7%増益見込みなので、実質的には+10%以上の成長と考えて良い内容です。

個人的には後発薬の薬価改定を懸念して株価が2000-2200だった頃に充分買えなかったことが多少心残りではありますが、継続的に定性分析を行ったことで、1年以上の長期投資で大きな成果を得られたのは素直に喜ばしいことだと考えています。

当社については今後も長期保有しながら継続してウォッチしていこうと思います。
検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング