【決算レビュー】東計電算 FY19_本決算

東計電算の本決算が発表されましたので、確認していきます。

toukei_2019_04_01.png

前期で8期連続増益を達成しています。
売上高2.7%増収、営業利益12%増益、経常利益は12.7%増益のEPS279.2円と予想に対して若干上振れ着地しました。
3Q時に10円増配していましたが、更に10円の増配が発表されて、前期配当は110円になりました。前3Qレビュー時に着地はEPS265~275円程度はみれると予想しましたが、上回りました。

4Q単体でも+20%増益をたたきだしており、引き続き好調を維持しています。着地ベースで営業利益率は昨年の19.4%→21.2%と、SIerとしては信じられない領域に突入しています。毎年営業利益率を上げながら増収増益増配でローリングしている、筋肉質な高利益率経営の企業なのに・・・しっかり利益を積み上げているため、指標的には割安な状況が継続しています。

PLを確認すると、引き続き微増収かつ原価抑止、販管費抑止が効いて、増益となっています。これは自社開発パッケージソフトの横展開がうまくいっている所作であると推測しています。

経常利益については投資有価証券の配当で+422百万、投資有価証券の償還損益で-62百万、その他諸々を引いて+421百万を積み上げました。最終益には投資有価証券売却損と売却益を297百万と281百万を相殺して、+16百万を積み上げています。今期は下期に大きく相場が上昇しましたので、有価証券の売却を相殺目的で対応し、売却益は貯め込んだように見えます。

もう少し売却益を出しても良かったのではとも思いますが、貯め込めば配当金も大きくなりますので、悪くはありません。
東計電算は保有している投資有価証券が確認が必要なほど高額になっているので、確認します。
toukei_2019_04_04.png
投資有価証券の含み益は38.4億円に増加しています。3Qでは35.7億円でしたので、四半期では含み益3億円弱ほど増加です。年間通すと20億円増えています。(昨年本決算時には18.9億円でした)
BPSが今期16%も増加したのはこの含み益が大きく関与しています。

現金は15億円で、ほとんどの株主資本を投資に転用する攻めの運用を続けています。最近は結果も出ているので、1週まわって同業他社の現金貯めこみ系企業や変にM&Aして減損するセンスのない会社よりは随分マシだと感じています。

業容としては、前期はクラウド型運送業向けパッケージソフトである轟(東計電算の商材へのリンクを付けました)のリリースやクラウド型通販パッケージのE-ASPROの廉価版リリース、不動産リフォーム向けパッケージソフトのリニューアルなど、複数のPJで収穫期を迎えているようでしたので、この業績は納得です。

以下、求人の状況です。
toukei_2019_04_05png.png

33件と相変わらず、バイトの募集がかなり多いです。当社は全国の自治体向けに水道の料金徴収システムをリリースしており、BPOとして全国の水道の検針など自治体向けの業務も行っているため、ストック色が強くなっております。なお、この手のファンダメンタルズに関する事項を資料化してくれないので自分で調べるしかありません。

今期の会社予想は以下の通り
toukei_2019_04_02.png
今期は9期連続増益にチャレンジとなります。
二桁増収増益のEPS309円予想となりました。正直なところ、Win10移行等も終了するため、辛口な微増益で来期予想を出してくると推測していたため、二桁増収増益で出してきたのは意外でした。四季報のコメントが来期も増益と書かれており、会社側へ取材した際に、このへんを汲んだポジティブなコメントをされていたのかと邪推しています。有報においても、システム利用によってもたららされる価値や便益にフォーカスすると言及されていましたし、昨年の総会でも売上増は中々厳しい旨をおっしゃっていましたので、売上の二桁増収はサプライズ感が強いものとなりました。通販、陸運業、医療、建機レンタル、文教、小売、不動産など幅広い業種向けのシステムを手掛けていますので、ニッチながらまだ伸長余地はあるものと考えます。

2017年時点では経常29億円着地でしたが、2020年予想では40億と、4年で11億も積み上がっており、どう考えても成長企業ですが、漢字の会社はちょっと・・・というふざけたコメントを頂くぐらいの不人気企業なので、ひっそりと着実に成長して欲しいです。

【指標等について】
定点観測で役に立つので指標も載せておきます
予想PER11.4倍、PBR1.24倍、配当利回り3.12% (※2/3時点の株価3530円)
利益成長と増配で3Q集計時とあまり差異はありませんが、株価は上がっているので悪く無い状況と考えます

相変わらず不人気ですが、しっかり業績もでていますので無難な株だと思います。

【決算レビュー】東計電算 FY19_3Q決算

東計電算の3Q決算が発表されましたので、確認していきます。過去の東計電算の記事はこちら

191105_02_tk.png

売上高+3.2%弱、営業利益は9.4%増益、経常利益は9.7%増益のEPS201円で着地しました。
会社予想に対して、営業利益2.3%の上方修正と10円の増配が発表されました。上方修正がでましたが経常利益の方は保有の有価証券でブレるので、営業利益上昇分程度に据え置かれています。当社は積極的な余資運用していますので12月末までの相場が堅調なら償還による差益と配当金の増加が見込めます。昨年4Qは経常利益に関わるこの部分が特に悪かったので、今年はEPS265~275円程度はみれると思います。

3Q単体でも+8.7%増益をたたきだしており、上半期と遜色ない堅調な業績です。SI業界は絶好調で、他社の大幅増益に比べると地味なようにも見えますが、これは当社の営業利益率が既に20%を超えており、営業利益率の向上があまり望めないことにも起因しています。ちなみに3Q単体の営業利益率は24%でした。逆説的に述べますが、売上が少し下がっても、ある程度の利益は確保出来ますから、筋肉質な高利益率経営のメリットもあります。

営業利益率を比較しますが昨年の3Q累計営業利益率20.1%から21.3%と僅かに改善しています。

PLを確認すると、微増収かつ原価抑止、販管費抑止が効いて、増益となっています。
経常利益については投資有価証券の配当で+280百万、投資有価証券の償還損で-59百万、その他諸々を引いて271百万を積み上げて、+9.7%増益となりました。最終益には投資有価証券売却損と売却益を270百万づつ相殺していて、正直もやもや感も残りますが、経常利益の上積みが出来ている状況は悪く無いと思います

東計電算は保有している投資有価証券が確認が必要なほど高額になっているので、確認します。

191105_tk.png

投資有価証券の含み益は35.7億円に増加しています。前2Qでは29.4億円でしたので含み益6億円ほど増加です。
(昨年本決算時には18.9億円で、昨年3Qの含み益は過去最高の32億でしたのでこれを超えました)
投資有価証券は1Qでは145.6億、2Qでは156.0億、3Qでは168.1億円と2Qに比べて12億ほど増加しています。現金は7億円とほとんどの株主資本を投資に転用する攻めの運用を続けていますが、この岐阜〇威さんみたいな全ツッパの運用は時として負の側面もありますが、結果も出ていますし、同業他社の現金貯めこみ系企業や変にM&Aして減損するセンスのない会社よりは随分マシだと感じています。BPSも2739円と、年初比10%以上増えています。

消費税増税の対応やパッケージソフトの拡販、コールセンター等のBPOやサーバ保守など順調に進んでいる部分と苦戦している事業とが食い合ってこの業績と推測されます。当社は特定業種に特化した事業を展開しており、業種毎にやや好不調が循環する部分もありますので、均して二桁増益程度でローリングしている現状の業績は個人的には満足しています。

【指標等について】
定点観測で役に立つので指標も載せておきます
PER12.3倍、PBR1.21倍、配当利回り3.01% (※11/5時点の株価3320円)
前回集計時とあまり差異はありませんが、株価は上がっているので悪く無い状況と考えます

不人気ですが、今でも相対的ではありますが同業他社に比べると充分割安な指標で無難な株だと思います。

【決算レビュー】東計電算 FY19_2Q決算

東計電算の2Q決算が発表されましたので、確認していきます。過去の東計電算の記事はこちら

toukei_2019_02_1.png

売上高+1.1%弱、営業利益は9.8%増益、経常利益は11.5%増益のEPS121円で着地しました。
上期予想に対して、売上4.5%、営業利益5%下振れて着地しています。当初の会社予想売上に対して利益率を掛けた程度の下ブレですね。ただ、前期比では10%増益となっており、下期でカバーできる範囲ではあります。

何より、2Q単体では最終益ベースでは最高益、営業利益単体でも14%増益をたたきだしており、1Qのやや低調な状況から多少盛り返していることも伺えます。

営業利益率については昨年上半期の営業利益率14.2%から15.6%に改善していますし、期初計画達成に向けて下期で営業利益16.8億を稼げば良いのですから、下期偏重を考慮するとそれほど悪い状況ではありません。

PLを確認すると、微増収で原価抑が効いて、増益となっており、1Qに比べると改善傾向にあります。いつも通り、売上が物足りない状況と言えます。経常利益については投資有価証券の配当で+218百万、投資有価証券の売却損益は-20百万が計上されましたが、経常利益ベースでは2億積み上げて+11.5%増益となっています。

東計電算は保有している投資有価証券が確認が必要なほど高額になっているので、確認します。

toukei_2019_02_2.png


投資有価証券の含み益は29.4億円に増加しています。前回の1Q時は28.2億でしたので含み益は1.2億の増加です(昨年本決算時には18.9億円で、昨年3Qの含み益は過去最高の32億でした)投資有価証券は1Qでは145.6億、2Qでは156.0億と10億ほど増加しており、6月下旬の状況では指数が下げている中でも堅く運用出来ているようにみえます。

表面上はまずまずマシに見えます。

【指標等について】
定点観測で役に立つので指標も載せておきます
PER11.6倍、PBR1.18倍、配当利回り2.94% (※8/5時点の株価3060円)

BPSが2,590.56円と小幅に上昇しました。不人気割安株らしく、株価は全然上がりませんが、業績だけは着実に積みあがっていますし、堅く計算出来る企業という印象は変わりません。引き続き長期投資を続けます。

【決算レビュー】東計電算 FY19_1Q決算

東計電算の1Q決算が発表されましたので、確認していきます。過去の東計電算の記事はこちら

toukei_19_01.png

売上高は-1%弱、営業利益は7.6%増益、経常利益は12%増益のEPS71.5円で着地しました。
上期進捗56%、通期進捗27%となっております。3月決算企業のの4Qに該当する1-3月は、システム開発企業の稼ぎ時といえる時期になっています。この進捗は至って平凡ながら無難な決算といえます。

中身を確認すると、ソフトウェア開発業務が売上5%減で営業利益5%増と無難な状況、機器販売業務の売上が前期比89%増、利益が80%増となっていますが、金額がそれほど大きく無いため、全体通して7%増益に落ち着いています。これは総会でも話題に挙がったWin10対応の特需なので、一過性のものです。結果、営業利益は23.31%と昨年の21.4%から小幅な改善が見られます。ちなみに通期予想の営業利益率は20.4%であり、この数値をクリアしていることはポジティブといえるでしょう。

PLを確認すると、原価と販管費が抑止出来て、利益が上げられているような状況で、手放しに喜べる状況ではありませんが及第点といえると思います。経常利益については保有有価証券の配当で+58百万、投資有価証券の売却損益はほぼトントンでしたので、経常利益ベースでは+12%増益となっています。

東計電算は保有している投資有価証券が確認が必要なほど高額になっているので、確認します。
toukei_19_02.png

投資有価証券の含み益は28億円に増加しています。前回の本決算時には18.9億円でしたので、ざっくり四半期で10億円増えています。指数の戻りもそれなりにあったため、影響したように思います。2018年3Q時点での含み益は32億でしたので、やや近い水準まで戻したことになります。こんなことまで確認する必要があるマニアな感じがとてもそそられます。

【指標等について】
定点観測で役に立つので指標も載せておきます
PER11.8倍、PBR1.23倍、配当利回り2.89%、予想ROE10.43 (※5/7時点の株価3110円)

BPSが2,527.12円と小幅に上昇しROEが0.3ポイントマイナスになりました。不人気割安株らしく、株価は全然上がりませんが、業績だけは着実に積みあがっていますし、堅く計算出来る企業という印象は変わりません。引き続き長期投資を続けます。

東計電算 第49回株主総会

東計電算の株主総会に参加しましたので、議事の抜粋や雑感などを綴っていきます。誤った解釈等あるかもしれませんが、ご容赦ください

■業績の説明(抜粋) ※気になる方は本決算の短信をご覧ください。

機器販売売上は10~11億程度が平常であるが、今期はWin7の買い替え特需があり16億となっている。次年度も切り替え需要があるため、同様程度の特需が継続する見込み。

■対処すべき課題の説明(抜粋) ※気になる方はもうすぐリリースされる、今期の有報をご覧ください。

当社における営業活動の基本方針は業務別組織に立脚した業種別SEがその業種におけるシステム開発/導入を繰り返しすることでその業種固有の業務ノウハウを蓄積するとともにその経験に基づいたパッケージ商品の開発と強化をすすめている。
これは当社の特徴であるが、入社時から一貫して同じ業務に従事させることで、顧客業界に特化したスペシャリストを育成している。今後もこの方針は変えない。

当社の開発は2種類ある。業界大手のトータルシステムを受注し開発を行いパッケージ化し、中堅企業などへ販路を拡大していく方法。サブシステムや中堅の受注からスタートし、より大きなトータルシステムへ拡大や、業界大手へと拡販していく方法。

トータルシステム、サブシステム共にその業務についての普遍的・業界共通の機能を実現しようとしたとき、その開発費をファーストユーザ1社からの受注金額で、全て賄うことは困難なケースがある。ただ、これらは同業他社への拡販や機能拡充などを経てより大きなビジネスに成長する可能性もある。このようなケースに対応できるよう一定の金額までは執行役員の裁量で開発判断を行えるよう変更する。4月から開始する予定である。

当社に置いても従業員数を毎年10%増やすようなことはここ数年をみても困難なため、継続した成長に向けて工数や時間を売るのではなく、システムの利用によりもたらされる価値・便宜を買っていただくビジネスに向かう所存である。これを大きく掲げた目的には社員の意識を変えたい想いがある。工数や単価の意識が社内でも非常に強い。

■質疑応答
Q1:御社はSI業界屈指の20%を超える営業利益率を誇り、7期連続増益と、長期的な業績に安定感があり、株主として頼もしい限りで、投資対象として相対的にみても非常に魅力的と考えます。一方で 、本業で得た利益を運用する一面も併せ持っていると認識しております。BSをみると前期3Qにあった有価証券含み益は32億円、本決算では19億円まで減少しております。世界的な株安で仕方ない部分もあるとは思いますし、未だ充分な含み益はお持ちですが、リスクが大きい金額になっていることも否めません。
提案になってしまいますが、買い付け予定の株式のうち幾分かを市場外で構いませんので自社株買いに回してはいかがでしょうか?配当支払いの減額や、資本効率の面から考えても非常に魅的だと考えております。

A:有価証券の購入は安定した業績を維持し、安定した配当を行うことを目的としている。ここ数年は結果的に当社の業績は大きく伸びているが、部門毎に好不調の波がある。今は全体で均しても好調ではあるが、苦しい時においても安定した配当維持が行えるようにしたいと考えている。よって、現在のところは自社株買いは考えていない。また、有価証券として資産を保持しており、将来マクロ的な不況に陥った際に有価証券を売却して、安くM&Aを行うなど機動的な資金活用が可能であると認識している。配当性向は37.5%を目標としている。

Q2:御社は課題として、人月ビジネスからの脱却を目指すレベニューシェア型ビジネスの拡大を掲げられています。将来的には売上の何割をこのビジネスで実現したいと考えられているか。達成に向けたロードマップや目標に対する現在の進捗などありましたら教えて頂けますか?

A:サブスクリプション形式の契約は具体的な目標や設定していない。一般的な人月のシステム開発がメインであり、これを継続しながら補助するためのものと認識している。現状は金融業向け案件で採用しており、2.6億円の案件のみである。単価は安いためトップラインの伸長は望めず、長期間のボトムラインの底上げに寄与すると考える。

Q3:IT業界では人材不足が拡大しており、各社開発人員の確保に苦労しています。一方で中堅SI企業でも積極的に採用を行っているところもあります。当社については使用人の状況を見ても増加していません。人月ビジネスからの脱却など、工夫も行っているとは思いますが、トップラインを伸ばすにはリソースが必要不可欠であると考えます。M&Aや採用を増やすなど、何か施策を行う必要があるのではないでしょうか?

A:毎年採用は50名ほど行っているが辞めていくため、定着が中々難しい。定着に向けて、弊社でも働き方改革を行っている。具体的には残業を減らすことや、女性の復職を支援するなどである。M&Aも挙げられているが、今のところM&Aはしない。昨今の業界の成長と共に人件費は高騰している。当社の求める人材は、顧客の業界に精通した技術レベルの高い人材であり、IT派遣レベルの社員が増えても業績に寄与しない。今までは直営社員で対応していたが、限界があるため、最近では大連、ベトナム、沖縄でオフショアの外注を雇っており、150名ほどいる。本体の開発人員500名と150名を併せた650名の開発体制で業務に対応していく。

★その他の質問
Q:株主数が5000名もいるのに、総会に来てる方が少ない。お土産をだすなりして、多くの人に参加してもらえるようにしないのか。
→閑散としている部分もあり、私自身不満である。株主平等ではあるが、この状況が続くようなら何かしら検討したい。

Q:他社ではあるが、海外子会社で多額の横領があった。当社はタイや中国に子会社があるが、問題はないか、管理体制は整備されているのか。
→子会社には1000万程度しかおいていない。資金が必要になった際に都度送金しているため、横領は起こりにくい。管理体制については、執行役員が2ヶ月に1度程度、現地にいっており、会計処理などの確認も行っているため問題無い。

■所感
参加されていた方は10名程度でした。IR活動もほとんどされていない企業ですが、甲田社長の独壇場といった感じで、すべての質問に自身の言葉で回答されていて聡明且つ、雄弁であると感じました。時価総額300億円クラスの成熟した中小企業ではありますが、組織としては小さく、社長自らが社内の事を良く把握されている印象を持ちました。短絡的でなく、不況が来ることも念頭に置いて、持続的な継続成長を第一に考えられていることは、株主として頼もしく思えました(社長含め創業者一族で株の大半を持っているという事情もあり配当を第一にというスタンスなのも理解は出来ます…) サブスクリプションビジネスは始まったばかりですし、すぐに業績に寄与することはないと思いますが、長期的には面白い試みであり、これからの時代やトレンドにフィットしていると思います。以前から調べている内容も踏まえて、長期投資に値する企業と感じました。お土産はありませんでしたが、拙いながらディスカッションできたことは収穫だったと感じています。
検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング