プロトコーポレーション 19/1Q決算

先週になりますが、プロトコーポレーションの1Qが発表されました。
せっかくなので、所感などを綴っておきます

proto1Q_1.png

週次やツイートでも触れた通り、数字に関しては、対会社比でもかなり良い印象です。初めに断っておきますが、私は営業利益が会社の稼ぐ力を示すと常々考えているため、営業利益の話を中心に書いています。

1Q決算は経常利益に関して、デリバティブ特益1.1億が追加されているため表面上よく見えています。本業の営業利益は前期比12%増益と堅調な内容ですが、0.4億はのれん減少分なので、事業の実力としては8%増益ほどになります。これでも充分良い内容です。過去5年分の1Qデータを比較しましたところ、2014年の12.57億を上回り、過去5年では最高でした。QonQでは少し良かったねー程度ですが、会社計画は8.3億であり、会社計画比52%増益という水準で、当初計画を大きく上回っている様子が伺えます。

1Q営業利益計画8.3億円を考慮すると、会社の上半期予想は17.3億のため、2Q計画は9億円となる。ここ数期はタイヤワールド館の不振もあり、ここ数年2Qは軟調であったが、本来は季節性が無い事業のため順調にいけば上半期で21億を稼ぐことになる。下半期の営業利益予想は24億となっているため、概ね通期で45億は狙えることになる。
これは単純に会社計画に当てはめているだけであり、1Qに何らかの事業で利益の前倒しが発生している場合は、机上の空論で終わるでしょう。営業利益45億となると、計画41億に対して10%増益となるため、EPS147円程度でしょうか。この数字は2017年の下方修正前の数字と変わりませんので、順調なら全然ありえる数字かもしれません。

上記は最良のシナリオだろうけど、躓いても、1Q貯金を考慮すると今期予想の達成確度は上がりましたね。懸念はタイヤですかね。
猛暑の次の冬は暖冬になることが多いとのことで、昨年が厳冬であったことを考えると、反動があるかもしれません…。ただ、今年の夏はラニーニャ現象により、猛暑になりましたが、既にエルニーニョ現象が発生しつつあるとの観測もあり、エルニーニョがでるなら冬も寒い訳で、昨年と同等のタイヤ需要になるかも。このような内容は現時点では予想の域を出ないので、あまり考えないことにします。

proto_1q_02.png

上半期は会社側が減益予想としているのは、2017年7月にタイヤの値上げを実施しており、オートウェイとタイヤワールド館で昨年発生したタイヤ値上げ前の駆け込み特需による、反動が出ているため。この2社については利益が落ち込んでいるが、プロト本体の利益伸長で吸収できたようです。プロトリオスやキングスオートも好調でした。

proto1Q_3.png

グーピットは有料工場が4Qに比べて微増であったものの鈍化しており、有料工場増加に関する伸長は一服しているようにも見えます。2017/4Qに無料が激増、2018/4Qに有料が激増していることを加味すると、4Qの一過性の営業重点施策が発動しているだけ?とも捉えられます。

上部で通期営業利益45億という仮説をたてましたが、この好調が2~4Qも続くのであれば会社計画営業利益32億に対しても10%増益の35億程度は狙えるとなると、通期48億となります。こうなるとEPS155円越えも狙えそうですが、いつも煮え湯を飲まされ続けてきた下方修正常連会社ですので、過度な期待は禁物でしょう。皮算用過ぎて、頭おかしい人みたいですが、いずれにしても、貯金が出来たことは事実な訳で、2Q以降も楽しみです。

好調なので、株価が軟調に推移するようなら、追加しても良い気がしますね
(私は既に十分買っていますが・・・。)

個別分析 プロトコーポレーション 

今更、私が分析記事を書くのも烏滸がましい気がしますが、備忘録として記載します
【事業内容など】
プロトコーポレーションは中古車情報誌グーを中心としたプラットフォームビジネスを展開する企業です。
近年、本業で生まれるキャッシュを元にM&Aを積極的に推し進め、幅広い領域に事業展開しています。
本来、各々の事業がシナジーを生み出すことで成長するはずですが、苦戦している領域も多い印象です

proto01.png

グー新車:各メーカーが販売する新車に関するサイト
データラインセールスガイド:新車ディーラー向け営業支援ツール
データラインプロ:法人向け中古車データ検索システム
データライン査定:ペーパーレスの次世代査定ツール
グーネット:中古車販売情報サイト
ID車両:グーで展開する車両に関して、車両状態評価書付の中古車を集約し紹介
オートウェイ:台湾(NANKANG)・インドネシア(ATR)・米国(HIFLY・生産工場中国)・ドバイ(GEETEX・生産工場中国)・シンガポール(RADAR)に在るメーカーからタイヤとオリジナルホイールを輸入しインターネット販売
タイヤワールド館ベスト:タイヤとアルミホイールの専門店、ECサイトからの通販も実施
グーピット:全国の自動車整備工場を検索
プロトリオス:自動車の修理・部品に関する情報誌出版や関連ソフトウェアの開発・販売
グー車検:車検サイトを通じて、全国統一価格で車検が受けられるサービス
グー買取:車買取・中古車査定サイト
キングスオート:中古自動車輸出

その他、リサイクルショップの比較サイトや資格取得サイト、介護事業のプロトメディカルケアなども展開しています
これを見る限り、手堅く成長しそうな事業が記載されていますが、多くは苦戦しています。

海外事業は台湾やマレーシア、中古車輸出のキングスオートは赤字、プロトリオスは売上高が減少と厳しい環境の事業とグーピット、グー車検など、成長ドライバーになりそうな好採算な事業が混在しています。
proto03.png

特にグーピットは昨年から好調で、前4Qでは提携する有料工場の掲載数が大幅に増加しています。
この事業にリソースをシフトさせ、注力しているとのことで、今期も期待しています。
この事業は町の閑古鳥が鳴いている整備工場と安く整備したいユーザをマッチングさせる事業であり、潜在的なニーズもありそうなので、認知度が広まれば広まるほど、無料工場の有料化や全体の総数の底上げが期待出来ます

proto02.png

上記の成長ドライバに加えて、昨年タイヤワールド館の減損を行ったことで、償却費が年間2億円少なくなります。
これにより、昨年と同じような業績でも利益が出やすくなっています。

proto04.png

私がプロトに拘っている理由の一つに、経営陣が売上拡大の施策から利益拡大の施策に切り替えていることです。
売上に関しては積極的なM&Aや新規事業の拡大で+10%程度で推移しており、拡大路線を取ってきましたが、ここにきてようやく利益にシフトしていくとのこと。ここが一番難しいところではありますが、これだけ売上が上がっていますので、不採算事業の縮小撤退、成長事業の拡大と、断捨離を進めることで利益を確保していける可能性はあるかもと考えています。

【指標など】
proto06.png

予想PER10.2倍、PBR1.06倍、配当利回り3.6%

今期10%増益でPER10倍、PBR1倍、配当利回り3.6%と、明らかに会社予想を市場は信じていません。
毎年のように下方修正していて、多くの投資家の期待を裏切ってきたので、信頼が無いのも理解出来ます。
WEBプラットフォームビジネスと中古自動車データとのことで、株探の比較ではマークラインズや手間いらずが競合に挙げられています。これらはPER50倍とかで推移している反面、利益も20%増のような驚異的に伸びているので、比較対象にしにくいところはありますが、WEBプラットフォームビジネスで今現在は半信半疑ですが成長企業となれば、PER20倍程度は評価されても良いと思います。と、いうようなことを多くの先人も考え、投資し、裏切られ続けたのかもしれませんね。

これから、どのように推移するか興味津々です。
検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング