TDCソフト 19/1Q決算

TDCソフトの2019年1Q決算が発表されました。

tdc_2019_1.png

上期予想は発表していないため、通期進捗に換算すると21.4%となります
大幅増益で表面上は非常に良好です。

tdc_2019_2.png

セグメント別に売上を確認していきます。AP開発金融が微増、AP開発法人が22%増、NIが26%増、パッケージが15%増となっています。前期に落ち込んだ、NIが回復してきています。金融は業界全体を見渡してみても、大型案件が昨年から減少していますが、この傾向は続いていますね。現在は業務効率化を目的として、多くの産業から需要が増加しています。同業者なので、幾分か詳しいのですが、需要の先食いを行っている訳ではなく、利益を生み出すためのIT投資が増加しているため、業界全体で、この傾向は持続すると考えています。

tdc_2019_3.png

個人的に意外だったのが、販管費の減少です。昨年は、原価と販管費も増加しましたが、売上が増加して利益を生みだしていました。1Qは販管費が抑制されてきており、利益を出しやすい体質になって来ていることが伺えます。こんな状態が通期で継続するとも思えませんが・・・そうなると上ブレも期待できるのかも。

こんなこと書くのはどうかと思いますが、この増益は昨年3Q確認後、丁寧に企業ストーキングを行ったところ見えたストーリーであり、上手くハマった感じです。株価は先行して上がってしまったのは計算外でした。

1Qは例年軟調なため、順調なスタートが切れたと考えます。2Qは例年、比較的利益が多く計上される期になっており、前期も盛り返しているため、ハードルが上がりそうですが、RPA推進やAI研究などを進めて、次世代のシステムインテグレーション企業として大きくなっていくことを期待しています。

tdc_2019_4.png


最近、煽り気味なHPが気に入っています!

TDCソフト 第65回株主総会

TDCソフトの株主総会に出席しましたので、簡単にまとめます。

中期経営テーマ
■次世代型SI事業の拡大
・近大と共同研究中のAIを使った取り組み
・パッケージソリューションの拡大(今期はStyleFlow、Meepaをリリース)
⇒5年後を見据えた成長戦略を進めていく

<質疑応答>
Q:営業利益率が同業他社より低い(アイティフォーなんかと比較されていた・・・)どうにかならんか。
A:当社は企業の基幹システム開発などを担当しており、業態が異なっている。ただ営業利益率が低いことは認識しており二桁は目指したい。着実に収益をあげていく。

Q:近年は業績が好調であり、キャッシュが積みあがっている。キャッシュの活用はどう考えているか。M&A等は検討していないか。
A:他の事業領域への参入や時間を買う必要がある局面では機動的なM&Aなどを模索したいと考えているが、今のところは考えていない。当社は過去2社のM&Aを実施しており実績はある。

Q:パッケージやクラウドは他社も行っており、シェア獲得のために独自性が必要と考える。今後、どういった分野に注力し拡大ていくのか。
A:クラウドなどのソリューションは早くから提供していたが、近年ようやく成果が出てきた。
StyleFlowは先のIRでも発表したが東京ガスから受注しており、ユーザ8000名に対し、導入している。
基本ソフト導入で完了ではなく、ここから機能追加などを施すなど、ユーザにメリットのあるフォローアップしながら収益に繋げたい。今後は、基幹システムを担当している強みを生かせる、裾野の広い、独自性がだせる分野に取り組みたい。

Q:事業報告では人材確保について触れられている。新卒の人数は? 加えて、外国人雇用についてはどうなっているか?
A:今期は104名採用しており、新卒だけでなくキャリア採用も行っている。昨年実績は60人であり、確保に苦戦しているものの、早期から危機感を持って対応しているため同業他社のに比べると優位に進んでいる。グローバル人材は少ない数名程度。

Q:RPAは近年伸びている分野である。出荷状況を教えてほしい。近大と進めているアクティブラーニングにつての現況は?
A:WinActorは2018年1月より代理店として、営業を始めている。現在、販売実績は1件のみである。適用やコンサルが難しく、数字は上がっていないが、営業の感触は良く、お客様の興味・関心は高い。継続して受注獲得に取り組む。
アクティブラーニングは現在、実証実験の最中であり、受注まではいっていない。誰が良い発言をしたか等をAIで分析するものである。

総評など:ポジティブ
10時から総会が始まり、11時ごろに終了。参加者は30名ほど。実績ベースで増収増益増配と、中長期で成長している状況であり、株主からもそれほど大きい不満は出てこなかった。社長も自信に満ち溢れており、ポジティブな印象を受けた。私はキャッシュに関する質問と、クラウドソフトについての質問をしたが、クラウドソフトについてはソリューション企画部が企画しているようで、若い人に任せていると話されており、組織としての力を感じた。StyleFlowやMeepaなどの雰囲気から総務人事系のソフトを拡充させていきそう。この分野は競争が激しいので、価値あるソフト開発を進めてもらいたいと思う。株価は既にPER15倍を超えており、安くないが、来期には新中計も策定される予定であり、5年後を見据えた持続的な成長をテーマに次世代型SI事業を掲げており、長期投資として応援していきたいと感じた。

お土産は美味しそうなお米でした
test000.jpg

TDCソフト 2018年3月期 業績上方修正

TDCソフトが経常利益ベースで4%の業績上方修正と3円の増配を発表しました。
TDCソフトの株探ページ

修正の理由は以下の通りです。
====
投資活動の本格化に伴い販売管理費が増加するものの、PMPや CMMIの成熟度レベル3などをベースとした当社グループ独自の品質マネジメントシステム「TQS」に基づくプロジェクト管理の徹底により採算性が向上しました結果、前回発表予想を上回る見込みです。
====


これは既存株主であれば、ある程度、想像出来る内容だったのではないでしょうか。金融SIerの他社が苦戦する中、成長を遂げられている要因は前述のPMPをベースとしたTQSへの取り組みと、自社開発ソリューション(クラウドソフト)が伸長しているからと推測します(しかし、この規模でPMP取得人数500人以上ですので、社員の方は家に帰ってからも勉強を継続されているでしょうし、大変だと思います…)。
RPAや小回りの利くアジャイル開発の活用、アシストとの協業、DWHへの取り組みなど、成長投資を継続しており、この事業規模であっても成長モメンタムが継続しています。しかも、第2の収益源泉であるインフラ構築が不調な状況での上方修正となっています。リソースシフトが奏功しており、足許では自社開発ソリューションが伸長してきています。既に発表済の資料では受注高も堅調となっております。当社はARM社(アドバンテッジリスクマネジメント社)も手掛けるストレスチェックソリューションを展開するなど、マイナーながら魅力的な製品をリリースしており、ここも魅力と感じます。

今期は営業利益17.9億円の予想程度のクリアは3Q時点で、ある程度予想できたものの、18.5億まで伸長するというのはサプライズではないでしょうか。配当も前期32円から3円増額されて35円です。

来年は中経最終年度で、掲げている営業利益20億予想となるでしょう。となると、18.8億→20億で来期8%増益とちょっと鈍化しますが変わらず成長を続けると確信しています。これで、予想ベースでは以下の通り

2015年:営業利益+39% eps46円 配当14円
2016年:営業利益+17% eps65円 配当20円
2017年:営業利益+24% eps96円 配当32円
2018年:営業利益+12% eps102円 配当35円
(2016年に株式分割を実施しています。上記は分割後ベースに記載しています。既に発表済み情報とは異なります)

PER11.4倍 PBR1.41倍 配当利回り2.99%(2018/2/27時点)


最終益は税の関連で、デコボコしていますが、営業利益ベースでは美しいモメンタムを描いています。今期も連続増配で、長期投資向きと考えます。

優待も無く、有名な方が保有している訳でもないです。既に東証一部で小型のため、昇格のようなカタリストもなく、小型ゆえに機関からの買いも見込みにくい銘柄ではありますが、残された数少ない割安成長高配当株です。こんな超絶バリュートラップのような銘柄こそ、じっくり保有して水準訂正に期待するのが良いと考えます。

社長インタビューを見つけましたので、興味があれば見てください
一歩先の次世代型SI事業に取り組んでもらって、成長が継続することを切に願っています
https://www.weeklybcn.com/journal/serial/detail/20180124_160538.html

TDCソフト 3Q決算
TDCソフト 過去分析記事

TDCソフト 2018年3Q決算

この4半期でTDCソフトを主力級に買っていましたので、久しぶりに確認していきます

若かりし頃の私が、どうも分析していたようなので参考にしてみてください
TDCソフトの分析

今期予想(百万)
売上 23,800 営業利益1,790 経常利益1,800 EPS94.7

3Q決算(百万)
売上 5,620 営業利益488 経常利益502 EPS27.5
前期比売り上げ+8.1% 営業利益 +10.2% 経常利益 +5.9% 最終益 +11.3%


2Qまでで表面上、10%減益ペースだったので、表面上は累計 -3.4%となり、なんとか通期予想程度の増益は確保出来そうです。昨年は前年比29%増益という驚異的な数字を残しましたが、翌年営業益ベースで+7%増程度ということになり、成長鈍化懸念となり、1Qで-で割安なまま放置されてきました。

2Q後の決算説明で、受注も増加しており、通期予想は射程圏との話でしたので、サプライズは特にありません。

【指標など】
per12.6倍 、pbr1.43倍、利回り 未発表 (前期実績では2.7%) ※2/7の株価(1188円)を元にしています


来期は中期経営計画3年目にあたり、発表されているデータでは20億ペースのため、このデータ通りなら来期11%増益となります。このところソリューションビジネスが伸長しており、ピークアウトしたセグメントの人員を再配置して対応しています。元来、当社はPMP資格取得者が多く、アジャイルの推進やRPAソリューションの取り扱いなど、将来に向けた種まきも行っていますので、暫くは成長モメンタムが継続すると考えます。個人に不人気なこと、表面上の期待が剥落したこと等から、数少ない割安成長株と考えます。来期EPSベースで小型独立系システム屋さんの平均Per15倍程度を目指せると考えています。予定通りにいけばの注釈付きです。

5月 個別銘柄分析 TDCソフト

今月から、個別銘柄の紹介は「個別銘柄分析」にしました。
5月の対象銘柄第1弾は TDCソフトです。

【解説】

独立系SIerで、金融(証券/保険/銀行)向けSIが主力で、製造業や通信向けも手掛けています。私も以前、ソフト開発PJで協業したことはあります。SIは俗人的な印象に閉じるので分析には加えません。クラウドやDWH、CRM、ERPなど、既に一般的ともいえるソリューションはカバーできているようです。

ストレスチェック型ソリューションM-Check+を販売開始しており前期4Qより寄与すると思われます。
ストレスチェックはARMが大手で、今更感ありますが、昨年度義務化されたこと、中小企業への販路を広げていることも僅かに期待出来ます。こちらはマインメンタルヘルス研究所が代理店販売しているようです。ただ、こちらの研究所も聞いたことないですし、ソリューション展開用のセミナを定期的に開いていることから売上に大きく貢献しているようには推測できません。パッケージソフトは構成比が7.4%ですので、拡大余地はありますが、過度な期待はできそうにないです。

成長投資も実施しています。マイソフトというSIerを子会社化しました。こちらは売上4.7億、経常利益0.1億です。業績には大きな影響は無さそうです。恐らく顧客基盤強化が目的だと思います。

特筆すべきはPMPが400人を超えている点です。PMPはPM資格であり難関ですので、社員1200人のうち400人取得は凄いです。正直な話、この規模の独立系SIだと、私立中堅大卒がボリュームゾーンですので、社内でしっかり教育されているものと考えます。
うちの会社も取得されている方いますが、全社員の1/10くらいだと思います。不採算案件が減っているのも理解できます。

また、この会社に着目している点は、1次請けの割合が増加している点です。現在は58%となっています。近年では、小型案件が増えている傾向にあり、採算性を考えると、こういった独立系SIが内製でPJ完遂する例も増えていますので、1次請け割合拡大は業績拡大の期待ができます。

私はこういった小回りの利く独立系SIこそ、テラスカイやテックビューロといった一芸を持ったITベンチャーのパートナに相応しいと思っています。案件が小型で、顧客も準大手や中堅が多いため、ベンチャー技術適用のハードルが低いためです。これら思惑はあくまで付加要素であり、本業での収益力に将来性を感じています。

【指標など】

per9.4倍  pbr0.93倍 配当利回り3.3% 自己資本比率69% 浮動株23.4% 外国1.8%

SI業界の平均は10倍~15倍ですので、割安です。時価総額や事業規模を考えると、競合他社として挙げられるのはMinoriソリューションズ、JBCCHD、システムリサーチ、ジャステックあたりでしょうか。これら企業もSIerの中では割安とされています、水準訂正が行われたとしてもPER11~12倍くらいでしょうね。

株価を押し上げるには、業績が必要になってきます。今期予想EPS64.7ですが、四季報予想で今期EPS74.4(PER8.14)、来期EPS77.2(PER7.8)となっています。四季報は上方修正ありきですので、期待値が上回っている状態で危険な雰囲気もしますが、株価が割安で放置されているので、未達でもそこまで売られるとは思っていません。仮に予想通りの決算となればPER10倍程度で750円ですので、この水準までは見込めると考えています。

【総評】

3月に分割発表した直後から株価が大幅上昇し、配当権利後は地合いと共に下落しましたが、戻りもイマイチでした。この株価からも、対して期待されていないように考えます。
目標株価:750円


決算期待から上記を当面の目標株価と考えます。当方の保有期間はひとまずは緩和期待時の6月頃までと考えています。

既に発表している独立系SIerの決算内容をみていても、好調な会社が多いので、大丈夫だとは思いますが、ジャステックで外している件もありますし、地合いもヤバそうなので大きくはいけそうにないです。SIの中では高配当銘柄ですので、失敗してもインカムゲイン狙いで業績持ち直すまでHOLDするのも悪くないと思います。

【参考資料】
test_tdc2.png
test_tdc1.png
test_tdc3.png



検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング