個別分析 エイジス

【解説】
エイジスは棚卸代行業者です。あまり聞き慣れない方もいると思いますが、決算などの際には在庫がどれだけあるか検品する必要があります。しかし、この棚卸は大量の時間がかかります。よって、中規模から大手の小売は当社のような棚卸専門家にアウトソーシングするわけです。

主力の棚卸以外にも、店舗運営に関するコンサルタントや覆面調査なども請け負っています。

日本が主力で、棚卸代行業者では日本1位となっておりシェアは7割以上です。日本は消費が頭打ちなことから、伸長の余地も限定的となっており、海外の棚卸業やリテールアドバイザ業務にシフトしようとしています。

近年は好業績で割安成長株として有名な当社ですが、昨年はブラック企業として報道されていたこともあり、知名度はあります。
現在は社を挙げて、長時間労働是正に向けた取り組みを行っています。

【指標&チャート】
PER 9.1倍 PBR 1.70倍 配当利回り2.04% ROE18%


aijis.png

指標面からは割安と言えます。今期の予想が1%成長に留まるとのことで、直近は成長期待が剥落し、割安感が増しています。

【投資に対するファクター】

■ポジティブ
・足許では、国内小売り業の活性化に伴い、棚卸業は拡大傾向。王者がより強くなる素地がある。
・海外棚卸事業の高成長(CAGR20%程度は可能か?)
 →海外事業の利益は現在、5%程度で限定的
・リテールサポート事業の高成長(CAGR10%は可能か)
 →事業の利益は現在、15%程度で限定的

■ネガティブ
◆短中期要因
・国内棚卸事業頭打ち
 →おそらくよこばい程度だが、利益の7割が本事業のため影響大
・長時間労働是正措置に伴う、受注機会損失懸念
・長時間労働是正措置に伴う、繁忙期の分散化
 →Q毎の数字に凹凸が出てしまい、判断がわかれそう

◆長期要因
・ICタグ含む、棚卸業務の自動化により受注激減

■総評
・ネガティブ要因過多、成長鈍化、月次悪化のため調整しており割安(PER9倍)

・配当利回りは2%程度。優待利回り0.5% (悪くは無いが物足りない水準)

・成長鈍化懸念で、ダイトのように不人気割安に陥る可能性が高い

・短中期のビックチェンジは望めないが、海外市場の拡大により長期的には拡大の可能性を感じる

・会社計画 2018年営業利益 31億 中計 2020:営業利益 34億 ⇒ CAGR3%
→ 国内棚卸事業CAGR 1%、海外棚卸事業CAGR20%、リテールCAGR10%で計算すると
  2020年に営業利益が33.5億となる。(会社計画は妥当ライン)

・新興市場で成長鈍化と考えてもPER10~12が適正。現状EPS240から考えると2400~2900が妥当ラインでしょうか。

当社はアクションラーニングの日根野氏が推す企業であり、他の有名なバリュー投資家さんも保有されています。一方、成長株投資を主体にされている有名な方は技術革新にリスクを感じ、EXITされています。AmazonのAWSが流行するまでは、サーバの時間レンタルなんて考えしなかったのに、今では割と一般的になっています。これがサプライチェーンのフォーマットで起こると、当社のような企業は大打撃だと思います。(ヴィンクスのようなレジソフトメーカやオプトエレクトロニクスのようなレジ機器屋も厳しいでしょうか)

上記から、三者三様見方が分かれる銘柄だと思います。高成長が期待され株価が大きく上昇するような美味しい時期は過ぎ去っています。中期的な低成長を許容し、海外展開やリテール部分の伸長余地を考えると投資チャンスともいえますし、本業の棚卸が激減するなら投資に値しない企業との評価になります。私は前者寄りの考えなので、割安感を感じて投資してみました。海外展開での成功フォーマットは横展開が比較的し易いと考えており、拡大余地が見込めるとも思います。

当社については、不安要素が多いので目標株価の設定はしないでおきます。

投資をされる際の一助になれば幸いです。

検索フォーム
リンク
プロフィール

ミドル投資

ミドル投資
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。投資歴5年ですが年利3%ほどしか計上できていません。立会外分売やIPOと割安株で年利5%確保を目指します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】【R28−20−HH】笠岡ふるさと米・20kg
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)