売上高販管費率の魔力

決算を確認する中で、気になる点がありましたので、考察していきます。
今回気になったのは表題にもある通り、売上高販管費率についてです

売上高は企業の目的たる商品・製品などを販売又はサービスによって得た代金になります(Wikiの記載を流用)
この売上高は売上原価と売上総利益に分解されます。売上原価は売れた商品の仕入れや製造にかかった費用になります。具体的に述べますと、ラーメン屋を例に挙げてみますが麺やスープ、具材の材料や店舗の賃料になります。
売上総利益を分解すると販売費(販管費)と営業利益に分解されます。販売費は販売業務や本社の一般管理業務に発生した全ての費用を指します。簡単に述べると人件費ですね。今回はこの販管費の考察になりますので、営業利益の分解以下については別の機会に確認していきます。ここまでは前置きとお考え下さい

uriage_.png

ここからが本題です。今週、以下のようなツイートをしました。


このカラクリは単純なので例示してみますが、ある会社が今年の決算で売上100、原価が10、販管費60、利益30を計上したとします。翌年に売上100、原価10、販管費63になると利益は27になります。販管費率が高いので営業利益は10%減益となります。

逆に販管費を抑制できると一気に利益成長が加速しますが、業務フローの見直し等である程度、改善を進められますが、人に依存する業務が多い企業では限界もあります。なんとなく違和感を感じたので、同業他社や同じサービス業の別業種を中心に確認していきます。

冒頭でアメイズを挙げましたのでホテルオペレータの売上高販管費率を確認していきます。

グリーンズ:18%、ABホテル:9.6%、共立メンテナンス:13%、日本ビューホテル:73%、

グリーンズとABホテル、共立メンテナンスの3社は原価比率が大きく販管費率が低いのが特徴です。これらはノンアセットオペレータなので賃料が原価に計上されることが主要因になります。自社でホテル開発を行っている日本ビューホテルは売上販管費率73%であることを考慮すると、アメイズの数字が大きいとは言えません。アセットオペレータの場合は自社で利益を独り占め出来ますので、売上高営業利益率が高くなる傾向になります。自社の企業努力によって利益成長の機会が大きいといえますね。ノンアセットオペレータにおいても有利な条件の割安な固定賃料を引ければ、毎年原価は一定のためホテルの単価や稼働率改善により利益成長できる機会があります。(ポジトークになりますが、この点がグリーンズの強みだと考えています!)

※ かもねぎさんからアメイズはホテルの水道光熱費が販管費に計上されている点を指摘いただきました。一方で改めて確認するとグリーンズは水道光熱費が原価に含まれていました。割合が大きく異なる一因になります。

→以下、少し売上高比率でアメイズとグリーンズ、ABホテルで分解してみました。
アメイズ:水道光熱費6.9%、一般管理費17.5%(左記の2項目は販管費に含む)
グリーンズ:水道光熱費6.4%、賃料26%(左記の2項目は原価に含む)
ABホテル:水道光熱費5.7%(当項目は原価に含む)

水道光熱費の比率は確認した3社は同水準でした。当たり前のことですが、数字はウソを付きませんね。アメイズは一般管理費外の業務委託費が10億ほどあり、これが8%程度占めています。恐らく業務委託費は他のホテルでは販管費に含まれているとおもわれるので、アメイズの一般管理費17.5%とグリーンズの販管費18%は数字こそ同じですが本質的には全く異なるものと思えます。分解すればするほど深みに嵌っている感じがします。

続いて、メンテナンス業を確認していきます
三機サービス:15%、イオンディライト:7.4%、シンメンテHD:17%、ビケンテクノ:4%

イオンディライトは資材や自動販売機部門もありますし、ビケンテクノは小売やっていますし、単純に比較するのは難しいです。本業のメンテナンスについても、資材等も含まれるためか、原価は一定数計上されており、売上販管費率は比較的低い傾向にあります。(三機サービスは持っていたことがありますが、この業種への投資経験が少ないため、理解に乏しいです・・・。)

続いて、人材紹介・転職関連業を確認していきます
クイック:45%、JACリクルートメント:66%、キャリアデザインセンター:54%

転職エージェントや人材紹介企業はエージェントの能力に依存する部分が多いため、販管費率は非常に高い傾向にあります。システム化されているとはいえ、クライアントとユーザの調整など人に依存する部分が多いためサービス色が濃いのが特徴です。余談にはなりますが、このセクタの特徴としては昨今の新卒で就職した企業へ永久就職する流れから、条件が合えばより良い企業にチャレンジする風土へと変わりつつあります。市場の成長・拡大を享受し、各々の企業で売上が成長しているため、販管費増には対応出来ているように見えます。

サービス業では他に幼児教育、学習塾や介護関連がありますが、保育園や介護関連では補助金が計上されることを考慮すると、中身を詳細に確認して比較するまで興味が沸きませんでしたので、別の機会に確認することを検討してみます。

今回はサービス業を中心に売上高販管費率に着目して確認していきました。売上高販管費率が高いと悪い訳ではなく、利益への影響が大きいというだけです。逆に原価比率が高いと、企業の努力範囲外の要因に左右されることになり、利益の振れ幅が大きくなります。(商社や食品業なんかがまさにこのケースに該当します。)

大きな売上高成長があれば多少の販管費増も吸収できると思いますが、売上高成長が緩やかになる局面では企業努力によってコントロールしやすいのは売上高販管費率の高い企業ではあります。しかし、今回の考察のきっかけのように昨今の人件費高騰による販管費の上昇がマイナスに作用することもあることは頭の片隅に入れておく必要があると思いました。


ランキングに参加中です。押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村


マイナーな中長期投資ブログのご紹介

週末のルーチンになっている、巡回している個人投資家投資ブログの紹介記事を書こうと企てていましたが、しんどくて挫折していました。気が変わって、やる気になったので自分と同じような投資手法の方を中心に定期的に見ているブログをご紹介します。なお、まるのんさんの「中長期投資の練習記録」のような今では超有名なブログ、アフェリエイト中心のブログ、更新頻度が少ないブログ、流行りものにすぐ乗り換える短期モメンタムマンは基本的に排除しています。あくまで自分の手法を大事にしていて中長期投資で、自らの運用で生き残っている方を中心にご紹介します(完全にアフィ野郎を排除することは出来ていませんので悪しからず)

==割安成長株編==

【鴨とネギの投資生活】
kamonegi.png
https://kamonegi-kabu.blogspot.com/
かもねぎさんのブログ、中小型株を中心に資産バリューから収益バリュー、成長株まで独自視点で幅広い銘柄をカバーされています。各々の銘柄の調査や分析の深さも目を見張るものがあり、本当にとても株式投資が好きなんだなーと感心しています。Twitterもとても役に立つので必見です。週2回ほどの更新と月1のパフォーマンス公表をされています


【マイナーな割安株発掘ブログ】
maina_.png
http://wariyasukabuhakkutsu.hatenablog.com/
hiroさんのブログ。ディフェンシブセクタ中心に小型割安成長株100銘柄ほどの強分散でポートフォリオを構築しています。やや四季報と指標を重視し、割安水準で買い、割高になると売る単純明快な手法を徹底しています。良い時も悪い時も自身のスタンスを貫き、不況に陥っても長期で業績成長が見込める企業への投資を重視されています。売買理由等も明記されており、思考をパクるには非常に有用だと思います。月1で月初更新なので、毎月楽しみにしています。


【1億円貯めて会社をスパッと辞めるブログ】
akagi.png
http://akagi.ria10.com/
赤木さんのブログ。小型割安株を中心にポートフォリオを組んで、中長期投資をされています。あまりバリュー株や規模に拘らず、やや割安気味な成長株や大型株も積極的に組み入れられます。やや株価や騰落にも配慮するスタンスを取っており、ロット管理を適切に行っている印象です。毎週末に売買報告をされています。


【ひばり@中長期投資】
hibari.png
http://hi-ba-ri.hatenablog.com/
ひばりさんのブログです。投資成績の公表とマイナー銘柄の分析を中心とされています。小型で資産バリュー寄りのEVEBITDAを重視された銘柄を選別されています。シクリカル寄りのマイナー銘柄が中心ですが昨今の厳しい市況でもプラスリターンを継続されていて、株価の騰落に魅入られない強い気持ちと日々研鑽されている姿は見習うべきものがあります。月1のパフォーマンス公表と不定期での銘柄分析が中心です


【節約配当金生活】
retier.png
https://lowcosllife.blog.fc2.com/
retirerさんのブログ。Twitterでの活動がメインですが月に1度、パフォーマンスを公開されています。割安成長株を中心にディフェンシブな増配銘柄への分散投資を行っています。高ROEの割安成長株の水準訂正と増配株投資がメインで米国株投資も行っています。システム関連への投資割合も多く、TDCソフトや東計電算など、私と多くの銘柄で重複しています。折れない心を持っており、長期投資へのスタンスは見習うべきものがあります。

==ひっそり参考にしている編==

【reflection7の個別株投資】
reflection7.png
http://www.reflection7.info/
Twitter上でたまに、いいねをくれるreflection7さんの投資日記。手法も似ていて、同じ銘柄を持っていることも多いように思います。システム関連銘柄や不動産関連を中心に、やや指標に重きを置きつつ成長性も狙える割安成長株を中心にマイナーな小型株で構成されたポートフォリオは参考になります。週末に売買動向を投稿されているので、とても参考になります。


【臆病者による割安株バリュー投資】
itaru.png
http://itaru2.blog.fc2.com/
イタルさんのブログです。スイング中心ですが、自分がカバーしている収益バリュー寄りの割安成長銘柄を中心に投資されています。売買がうまく、モメンタム重視なので、銘柄が重複するとなんとなく恐々としています。月1で月初更新ですので、細かいトレード記録はツイートで確認できます


【成長株への長期投資〜経済的自由人を目指して〜】
keiichi.png
https://www.lti2013.com/
圭壱さんのブログ。成長株を中心に投資されていて、業績のモメンタムが長く続く銘柄への長期投資をされています。私とはスタンスが大きく異なりますが、一部で高配当株投資を行っており、重複する部分もあります。東計電算に長期投資している個人投資家の一人でもあります。


【S2Kトレードブログ】
s2k.png
http://kabu.weboyaji.net/
剛腕なweboyajiさんのブログ。成長株を中心にモメンタム銘柄中心の解説をされています。世の流れといいますか世の中の潮流にのったトレードを理解するきっかけにはなりますので、こっそり確認しています。週1回程度の更新があります


南郷さんの株ブログ】
nanngou.png
http://nango500.xyz/
個人投資家に絶大な影響を及ぼした成長株ブログ「ゆうゆー投資法」のゆうゆーさんを敬愛し、似たスタンスのまるのんさんやSUNさんなどをインスパイアされており、ファンダに基づく中長期投資を実践されていました。しかし、2018年の大暴落が彼を変えてしまいました。今ではオニールを崇拝するモメンタムチャートマンへと変貌しております。どうした、南郷!!


【バネ男の株のアレ。】
baneo.png
http://kaal.blog.fc2.com/
加藤バネ男さんのブログ。割安成長株を中心に簡易な分析をされています。ここ2年ほどは成長株にシフトされている印象を受けます。以前に比べると更新頻度が減っている印象を受けますが、自分がカバーしていない銘柄も多く、たまに覗くと参考になります。Twitterでの活動がメインのようです


==J-REITブログ==
各投資法人を解説されているブログも多いですが、基本この2つと5ちゃんねるのREIT板を見ていれば1~2年ぐらいで、各銘柄のパワーバランスと善悪が理解出来ます。

【ヴォロスのJ-REIT講座】
voros.png
http://www.volosreit.online/
ファンドでアセマネされているヴォロスさんのブログ。J-REITとインフラファンド中心に、ほぼ毎日更新されており、アセマネらしくプロ目線の鋭すぎる視点で各投資法人をディスっています。素人ではみえないものが見えるようで、とても参考になります。


【Yield!Yield!】
yield.png
http://yieldyield.com/blog/category/j-reit/
古くからREIT投資を行っているinzaiさんのブログ。更新頻度は不定期ですが、過去の記事を確認するだけでも有用です。不動産売買や増資等について、独自の視点で記載されています。

==分析重視編==

【厳選株の長期投資で勝つ】
gensen.png
https://plaza.rakuten.co.jp/mattounatoushika/
毎日投稿の設定になっており、マイナー株の分析をひたすら見ることが出来ます


【経営コンサルの割安株分析】
keiei.png
http://www.con-invester.com/
コンサル投資家さんのブログ。経営コンサルらしく、マーケティング理論やマルチプル等の高度な分析を駆使しています。ガチ系の戦コンっぽい優良ブログなのですが、最近はお忙しいのか更新がされていません。復活求む!!


習うより慣れろという先人の残したことわざが示す通り、結局のところ投資手法をパクるのが一番の近道であり、自分自身の投資スキーム構築や研鑽に繋がると考えます。TwitterなどのSNS主体で情報過多の現代こそ、ブログ主体にのんびり着実に有益なアウトプットをされている方をストーキングするのも有益だと思います。

株知識 ベータ値

私は趣味として楽しみながら、株をやっている程度です。投資歴は5年ほどですが、遊んでばかりで株買って放置している期間も長く、知らない事が未だに多いです。知らない株単語や、うろ覚え株単語を掘り下げて、備忘録として記載していきます。

今回はベータ値です。
ベータ値(β)は、個別証券と市場(マーケット)の連動性を示すリスク指標で、ある証券(銘柄)の変動の大きさがベンチマーク(市場平均)の価格変動に比べて大きいか小さいかを示す指標をいいます。これは、ある銘柄の」投資収益率の市場平均の収益率に対する感応度を表し、「市場感応度」とも言います。

一般にベータ値が1であれば、市場平均と同じ値動きをすることを示し、また1より大きければ市場平均より値動きが大きく、逆に1より小さければ市場平均より値動きが小さいことを示します。例えば、株式市場において、ある銘柄のベータ値が1.8ということは、市場全体が10%上昇するとその銘柄は18%上昇し、逆に市場全体が10%下落するとその銘柄は18%下落することを意味します。

計算式は難解なので省略します。日経平均等と銘柄の相関を数値化するのが一般的のようです。

日経平均は為替感応度が大きく、想像ではスバルやマツダのような為替で業績が変化するようなものが大きく、スーパーや食品が小さいイメージがあります。数社確認した結果を記載します。

(ロイター 個別株より転載)
<自動車編>
スバル 1.39
マツダ 2.19
トヨタ 1.15

マツダが高くて、スバルは意外に低くい結果に。トヨタは時価総額トップで日経平均寄与率高いので妥当でしょうか。

<スーパー編>
イオン 0.71
ゲンキー 0.44
ヤオコー 0.62

あまり偏りもなく総じて低いですね。ゲンキーは株価が長期で見ると乱高下していますが、日経平均との相関は低いって理解で良さそう。

<赤字ゲーム会社編>
アクロディア 1.94
ガーラ 1.57
モブキャスト 1.14

意外にも高かったです。地合いの良し悪しで売り買いされるからでしょうか。

<円高メリット>
ハビックス 0.10
ニトリ 0.45
大王製紙 1.10

バラバラですね。ハビックスは小型だからでしょうか。ニトリは内需で業績好調なので、独自の値動きなのかも。

現時点の保有株では最大が明豊ファシリティの1.31、最少がダイトの0.38でした。この指標は値がさ株は低くなり、低位株は高くなる傾向にあるそうです。上記の結果に当てはまめると、単に株価が高いか低いかの違いにも見えます。例外的なのはハビックスですね。同業種で同価格帯の株で見ると傾向が出そうです。個人的には2000円以下で1切っていれば日系の上下に関係しにくい、くらいに考えていようと思います。今後も研究の余地ありそうな題材ではありました。

各証券会社のサイトやツールにも記載ありますが、一般のWebでも公開しているサイトがあります。

ロイター個別株
日経新聞Web ベータ値ランキング

ロイターの場合は5ヶ月のベータ値、日経新聞は3年のベータ値のようです。

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング