【決算レビュー】アイドマMC FY18本決算

aidoma_2019_0.png

アイドマMCの2019年本決算が発表されました
過去の分析記事はこちら

私のカスみたいな所感より、高尚で有益な、まるのんさんのブログを確認された方が良いとは思いますが、昨年も記載していたので、内容を見ていきます。

aidoma_5.png
下段が昨年の本決算、上段が本年の本決算になります。

3Qで下方修正した内容に対して営業利益ベースで20百万、経常利益ベースでは40百万上振れて着地しました。当社は前期、前前期と4Qの利益が弱い傾向もあり、3Q時点では進捗が72%でしたので、普通に考えると上振れは不可能に近い状況でした。当初予想は営業利益10億でしたので、終わってみると期初予想に対して6%マイナス程度で落ち着きました。以前に地味に買収したニューフォリア社について売上の分析をしていて、社員一人あたりの売上がアイドマ本体に比べてかなり少なく、営業利益に対する寄与は低いと見積もっていたので、寄与云々の真相は解りませんがリカバリ出来ることは、事前には全く解りませんでした。

当社はバローとライフの割合が高く、ドラッグストアやスーパーマーケットの販促がメインです。顧客の業界で特に激しい競争が起こり始めた昨今では、中々成長していくシナリオが想像しにくくなりました。昨年の上期はドラッグストアが絶好調でしたが下期にかけて過当競争が進みやや失速したこと、高ROEな銘柄であることからも、特に業績の成長性に評価の軸があり、市場の軟調もありますが、2Q以降は選好されない状況に陥って残念な株価で推移していました。簡単に言うと含み損に耐えていたということです…

PLをみると、売り上げは前期比-22百万円、原価は微小ながら前期比ほぼ変化なし、販管費は-1%と、昨今は人件費高騰が叫ばれる中、利益を上げるために努力された痕が見えてきます…。このような状況は長くは続かないと思うので、今期の売上の状況には注意が必要と考えます。

aidoma_7.png
上記はキャッシュフローの状況です。上段は今期、下段は前期です。今期は2社のM&Aを実施していますが、投資キャッシュフローの大幅増にはなっていないこと、昨年は現金を30億保有していましたが、現状の現金は27億程度保有していることを考えると、利益の状況はみえませんがそこまでインパクトのある買い物には見えません(BSに記載ありました、6億でお買い上げという事でした)まだ充分安全圏であり、更なるM&Aの余力も残っているように見えます。時価総額70憶円で、高い収益性、キャッシュリッチなのがとても気に入っています。

aidoma_6.png

次年度の見通しは営業利益+11%と、前期と比較して二桁以上の増益を見込んでいます。前期に減損処理のあったキャッシュバックアプリの清算も完了したこと、買収した2社のフル寄与で幾分かは増益基調になると予想はしていましたが、想像以上に強気なV字回復路線の予想になっています

【指標など】
PER9.6倍、PBR1.79倍、配当利回り3.53%、予想ROE18%、実績ROE16.8%

予想ベースのPerは10倍以下まで落ちており、配当利回りは3.5%と妙味ある水準になっています。昨年の本決算時は680円ぐらい東証一部昇格時は700円ぐらいだったので、その程度までは戻って欲しいとの願いは素直にあります(笑)

私は大幅減益や下方修正も乗り越え、ニューフォリア社のデジタルサイネージとアイドマの販促によるシナジーによる、業績成長にBETしていますので、決算書に記載のある通り、従前にはなかった販売促進手法の事業展開に期待しています

客観的にみても、同じような指標の割安成長高配当銘柄の中では、事業の堅調さが確認出来れば、一変して有望に見えますね。



ランキングに参加中です。押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村




アイドマMC 2018年本決算

aidoma_2018_0.png

アイドマMCの2018年本決算が発表されました
過去の分析記事はこちら

aidoma_2018_1.png

順調そのものですね。2Q時点で未達懸念も台頭していましたが、3Q時点で取り戻し、終わってみれば前年比10%近い増益でした。主要顧客である、GMSのバローやライフ、ドラッグストアのコスモス薬品や薬王堂が好調で、顧客と共に成長している印象を受けます。売上は前年比13%増に対して、決算書を見る限り、前年比で原価は20%増、販管費および一般管理費が1%増に留まっており、11%の増益となっています。会社計画に対しても営業利益ベースで4%増と、ポジティブにみえます。私は5~10%成長と捉えていたので、予想以上の数字と考えています。サービス業らしく、緩やかに堅実に成長していますが、事業的に爆発的な成長は望め無いと思います。

aidoma_2018_2.png

次年度の見通しも9%成長と、二桁近い成長を見込んでおり、盤石です。47~49程度を予想していたので、若干上振れでした。

【指標など】
aidoma_2018_4.png

予想ベースのPerは13倍台まで落ちており、増配で配当利回りは2.7%と妙味ある水準まできており、割安成長高ROE高配当と捉えても良いと思います。PER15倍として750円なので、このくらいまでは時間をかけて上昇していく可能性はあります。


基本的にポジティブですが、高還元をしている現状、今後の成長に向けた投資を行うのが難しいのかなーとも考えたりします。
小売りだけでは成長余地が限られてくるなか、食品メーカーを巻き込んだキャッシュバックアプリを1年前に始めていますが、未だにダウンロード数やレビュー数や商品数を見る限り、ビジネスとして成立しているとも思えないので、将来に対しては期待しにいくいです。今後、キャッシュレスとしてQRコード支払いが進んでいくので、レシートから情報を集めるより効率的ですし、支払い時の割引などで進んでいくのかなーとも思います。既存事業とのシナジーのある新ビジネスなどあれば面白いのですけど、今後発表される決算資料などをもとに検討していこうと思います

個別分析 アイドマMC 3Q決算

アイドマMCの3Q決算が発表されました。人気株ですので、私が評するものおこがましいとは思いますが、自身の考えを整理するために記載します。私は先日の立会外分売及び、その後の僅かな調整期間に当社株を購入しております。決算内容を確認していきます。参考_分売記事

<3Q単独>
2016/4 上場のためQonQでの比較不可のため省略
<3Q累計>
前期比売り上げ+6.4% 営業利益+13.4% 経常利益+13.9% 最終益+10.9%


増収増益となっています。通期進捗も89.1%と良好ですね。5月に福岡支店を開設し、西日本エリアへの営業を強化していますのでこの取組が奏功し、売上や利益にも上積みがあったものと推察しています。短信には当社独自の自動広告システムADPSを開発したことも触れられていました。今後、業績に寄与しそうですね。

加えて、盛岡支店開設が発表され、所在地が薬王堂の本社と同じようで、Twitter上では話題になっていました。実際に検索すると間違い無さそうですね。個人的には引き続きバローを中心に、他の全国にある中小の小売事業者にニッチなサービスを展開していくようなイメージを描いていましたので、薬王堂のような大規模ドラッグストアに食い込む事が出来るとは思っていませんでした。薬王堂には詳しくないですが、地方の大手ドラッグストアでは既に電子チラシや販促用アプリの活用が進んでいるところが多いです。どのような形でコンサルとサービスが展開されていくのかは未知数です。2017/4/1開設のようなので来期の業績に寄与することを期待してしまいます。ただ、当社は社員数200人程度ですし、実績のある優秀なコンサルを常駐させら事が出来るのでしょうか?コンサル業は教育が難しいので、拡大に際して社員の雇用と教育が課題に上がると思います。アプリのカスタマイズ程度だったら問題ないんでしょうけどね。

アイドマが手掛けるような事業はNTTデータや野村総研のような超大手SIerから、フューチャーアーキテクトのようなコンサルSI大手も展開しています。ただ、中小各社に特化して収益化していくのは難しい分野ですので、当社のような小売事業の販促サービスに特化してバローでのノウハウやナレッジを活用し拡大していくことを期待しています。

今回の決算を評すると、強気です。
現在、PER18倍で既に情報セクタや広告セクタで比較すると若干割高で、来期の成長を加味しても割安とは言えないかもしれません。それでもIPO価格よりも安い状態ですし、グロース銘柄らしく成長が継続していくのなら昨年のHameeのように評価されていく可能性もあると思います。ただ、足元の株価は短期勢も参戦されており、割高感も出ている状態ですので、調整する可能性もあると思います。


検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング