個別分析 ホクリヨウ 1Q決算

ホクリヨウの1Q決算が発表されました。私は当社に長期投資していますので、確認していきます。

<1Q単体>
前期比売り上げ-8% 営業利益-48% 経常利益-46% 最終益-48%


想定通りの減益ですね。個人的にはもう少し減益幅が小さくなると考えていたので、どちらかと言えばネガティブです。

鶏卵事業は売上高-9%、営業利益-41%。鶏卵事業の悪化は鶏卵価格の推移を見ても一目瞭然ですね。価格が高騰すればそれだけ利益が上がる事業です。逆に下がればそのまま利益が削り取られます。円高による飼料価格の低下があってもこの水準です。
売上高で見ると、鶏卵価格下落に比べて小さいので着実に生産力は強化されているものと考えます。

食品事業は売上高-0.6%、営業利益+9%です。台風被害により道東の観光事業に影響がでたことで減収となりましたが利益は確保したとのことです。昨年のインバウンド特需の反動が少しでることを懸念していましたが、増益を確保できている点は素晴らしいです。台風被害は収束しつつあり、2Qからは影響が無くなるでしょう。

大幅減益ではありますが、対上期進捗では63%となっています。保守的な予想であることが認知されている状況ですので、やや弱いとも言えますが、通期でEPS100円程度は目指せるかもしれません。

期待の液卵事業は12月末に工場が完成し、1月から寄与しますので、こちらにも期待したいところです。また、北海道では灯油価格が今月に入って急騰しています。原油高に加えて例年以上の厳冬で品不足になっています。次の4半期決算では小さいかもしれませんがこれらの光熱費も増加することが予想されます。

あとは鳥インフルエンザですね…。既に道東で発生していますし、当社の設備は対策もしっかり施されているとはいえ、リスクが0ではないですからね。韓国では鳥インフルエンザが流行しており、鶏卵不足となっています。輸入の動きもあるようです。輸送コストを差し引いて採算が合うはずもなく、特需などは起こらないでしょう。

今回の決算を評すると、中立です。
現在、PER8倍で農林水産セクタではやや割安な状態ですので、ここで暴落するなら少量買い増しも検討します。

株主総会 ホクリヨウ

ホクリヨウの株主総会に行ってきました。
札幌コンベンションセンターで行われました。この会場は自転車で5分で行けるので最高の立地でした。中には、名古屋から飛行機で来られた方もいたようです。

議事の方は社長さんが進行していまして、簡単な戦略・課題、決議事項、質問と進んでいきました。


【戦略/課題】
・液卵工場が2017/1より稼働
・本州への進出(50%程度まで増やす)
・鶏舎建て替えによる生産性向上
・M&A戦略を柱に拡大を目指す


【質疑応答】
Q:今年は増資を行ったが、低金利の時代に増資する必要はあったのでしょうか?
A:液卵工場の新設、第一ポートリーファームの鶏舎建て替えで設備投資が必要だった。買収した第一は設備も古く生産性向上のための建て替えは毎期行う必要がありその資金が必要。

Q:次期大統領がトランプにきまり円安になっているが、飼料価格への影響は?
A:飼料価格は4半期毎に決定している。多くを輸入しているので円安はマイナスである。29年度は飼料価格は高めに設定しており、現在程度の円安では当初の予想達成に向けては問題ない。

Q:今後の成長戦略は?
A:農場の買収を行い、拡大を目指す。農場の新規設置には費用がかかるので作らない。5年後、10年後の目標は設定していないが、まずは売上高200億を目指す。

Q:同業他社に比べて優位性は
A:品質管理には自信がある。他社には負けていない。また、直接販売が多いことも武器である。他業者に比べて特殊卵販売(PG卵モーニングなど)の比率40%と高い。鶏卵相場が悪化しても戦える。現状、営業利益率9.5%を上げており、食品業界でも高い水準である。

Q:株価上昇策は?PerやPbrが割安であり、IRが不足していると考える。
A:株価は世界情勢などに連動しており、意外安、意外高に驚いていた。長期的には業績に連動するため、業績を上げる努力をする。今の株価は今期予想がダメだったからである。当社は下方修正は極力しない既に今期始まっているが出だしは悪くない、期待してほしい。IRは機関投資家や個人投資家に対して定期的に地道にやっていく。

Q:鳥インフルエンザへの対応は?
A:上場前から対策を実施しており、リスク分散も行っている。

Q:東北の事業のカバー率は?
A:業務用については既に関東圏まで出荷している。パック商品においても福島を除く、東北全県に出荷している。福島についても来年以降対応し拡大を目指す。

Q:加工卵の今後の展開は?冷凍卵やマヨネーズといった加工食品への展開は考えていないか?
A:まずは開始した液卵事業に注力する。数年は液卵のみを考えている。

Q:イセ食品やアキタといった本州の大手鶏卵メーカとの協業やアライアンスは考えているか?
A:今のところ考えていないが、将来そのようなこともあるかもしれない。

【考察】
話を伺っている限りでは、ネガティブな話題はあまり無く、むしろポジティブな話題が多かったです。品質管理が徹底されており、他社に比べて優位性があるのは日々、実際に当社の卵を食べているので納得できます。
第一を足掛かりに、更なるM&Aで本州へ拡大することは間違いないと思います。買収してそんなに時間がたっている状況ではないですが、着々と商圏も広げている状況もポジティブだと思います。

弱小の農場では事業体制も脆弱であり、買収とスクラップアンドビルドに取り組むことで、売り上げ200億の夢は実現可能ではないかと思えました。ただ、拡大には資金が必要なので、株価対策より当面は成長投資を優先するのでしょうし、超長期では更なる増資もあるかもしれません。
足元の円安にも怯まない保守的な見通しのようなので、鶏卵相場が堅調に推移すれば予想は達成できそうな点も安心できる内容だったと思います。

個人的にはイフジのような冷凍卵などへの展開も期待したいところでしたが、まずは液卵からしっかり取り組んで鶏卵価格に左右されにくい事業展開を期待したいです。

残念ながら、脅威について聞くのを忘れました。JAやアキタ、イセなど他社も農場を集中管理、生産性向上に努めているので、競争は激化することが予想されます。それでも鶏卵の消費は無くなりませんので地味に拡大を続けると思います。

すぐに株を買い増すことは考えていませんが、ショック安になるような状況であれば、買い増しを検討しても良いと思える内容でした。

お土産は昨年と同じく、燻製卵10個でした。恐らく500円~1000円程度でしょうか。有意義な総会になったと思います。
20161125_111117.jpg

個別銘柄 ホクリヨウ 本決算

保有のホクリヨウが本決算を出しましたので、確認していきます。

前期は以下のようになりました。

売上高 156億
営業利益 14.9億
経常利益 15.5億
最終利益 9.7億
EPS128.2


既に業績上方修正を2回も出しているので、想定通りの好決算ですが6-8月は経常1.29億と通期の数字に比べ弱い数字になっています。鶏卵価格が大暴落していることが大きな要因ですね。

問題は来季予想です。

売上高 154億(-1.4%)
営業利益 11.6億(-22.0%)
経常利益 12.2億(-22.0%)
最終利益 7.9億(-27.1 %)
EPS 93.5円


四季報予想より悪い数字が出てきました…
鶏卵価格が下がっているので、減益はあり得ると思いましたが、ここまでの幅は想定以上でした。
ただ、前期も予想の段階では経常利益10億でしたので、それに比べれば今回は12億と2割増えています。

これは液卵事業が寄与し、鶏卵価格による悪影響を吸収できるようです。鶏卵価格は7%落ちるようですが、売り上げは1%減に留まっています。工場は11月から稼働するようなので、今期は10ヶ月稼働となります。来期は12ヶ月となるので僅かに上向きになるでしょうか。これからも加工業へのシフトと本州へのシフトの両輪で拡大してもらいたいところですが、基本的には鶏卵価格で業績が上にも下にもブレそうです。

あとはインバウンドですね…札幌の街も外人さん少なくなってきているので、前期のインバウンドを取り込み好調だった食品事業は反動が出るかもしれません。
増配や優待拡充などの発表はありませんでした。

今回の決算のみを評すると、中立に近い弱気です。

800円付近だった株価は四季報発表後に720円まで下がり、その後に相場回復に伴い820円近辺まで回復していました。現在の株価でPER9倍弱といったところです。決算直前に大幅高していることと、本銘柄は多くを個人が保有していることから、週明けは凄まじい大暴落だと思います。600円台後半まで下げる可能性があると考えています。

私は1度目の上方修正後に本銘柄は利確しており、増資後に株価が下がっていたのこともあり株主総会への参加と優待配当取り目的で、824円で100株だけ買っています。本日は久しぶりに同値撤退のチャンスがあったんですが、、、ホクリヨウへの愛と成長を信じてアホールドしました。

このままだと、塩漬けで長い付き合いになりそうですが、ホクリヨウの成長を信じていますし、ここの卵は美味しくて大好きなのでホールドです。


検索フォーム
リンク
プロフィール

ミドル投資

ミドル投資
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。投資歴5年ですが年利3%ほどしか計上できていません。立会外分売やIPOと割安株で年利5%確保を目指します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村