TDCソフト 2018年3月期 業績上方修正

TDCソフトが経常利益ベースで4%の業績上方修正と3円の増配を発表しました。
TDCソフトの株探ページ

修正の理由は以下の通りです。
====
投資活動の本格化に伴い販売管理費が増加するものの、PMPや CMMIの成熟度レベル3などをベースとした当社グループ独自の品質マネジメントシステム「TQS」に基づくプロジェクト管理の徹底により採算性が向上しました結果、前回発表予想を上回る見込みです。
====


これは既存株主であれば、ある程度、想像出来る内容だったのではないでしょうか。金融SIerの他社が苦戦する中、成長を遂げられている要因は前述のPMPをベースとしたTQSへの取り組みと、自社開発ソリューション(クラウドソフト)が伸長しているからと推測します(しかし、この規模でPMP取得人数500人以上ですので、社員の方は家に帰ってからも勉強を継続されているでしょうし、大変だと思います…)。
RPAや小回りの利くアジャイル開発の活用、アシストとの協業、DWHへの取り組みなど、成長投資を継続しており、この事業規模であっても成長モメンタムが継続しています。しかも、第2の収益源泉であるインフラ構築が不調な状況での上方修正となっています。リソースシフトが奏功しており、足許では自社開発ソリューションが伸長してきています。既に発表済の資料では受注高も堅調となっております。当社はARM社(アドバンテッジリスクマネジメント社)も手掛けるストレスチェックソリューションを展開するなど、マイナーながら魅力的な製品をリリースしており、ここも魅力と感じます。

今期は営業利益17.9億円の予想程度のクリアは3Q時点で、ある程度予想できたものの、18.5億まで伸長するというのはサプライズではないでしょうか。配当も前期32円から3円増額されて35円です。

来年は中経最終年度で、掲げている営業利益20億予想となるでしょう。となると、18.8億→20億で来期8%増益とちょっと鈍化しますが変わらず成長を続けると確信しています。これで、予想ベースでは以下の通り

2015年:営業利益+39% eps46円 配当14円
2016年:営業利益+17% eps65円 配当20円
2017年:営業利益+24% eps96円 配当32円
2018年:営業利益+12% eps102円 配当35円
(2016年に株式分割を実施しています。上記は分割後ベースに記載しています。既に発表済み情報とは異なります)

PER11.4倍 PBR1.41倍 配当利回り2.99%(2018/2/27時点)


最終益は税の関連で、デコボコしていますが、営業利益ベースでは美しいモメンタムを描いています。今期も連続増配で、長期投資向きと考えます。

優待も無く、有名な方が保有している訳でもないです。既に東証一部で小型のため、昇格のようなカタリストもなく、小型ゆえに機関からの買いも見込みにくい銘柄ではありますが、残された数少ない割安成長高配当株です。こんな超絶バリュートラップのような銘柄こそ、じっくり保有して水準訂正に期待するのが良いと考えます。

社長インタビューを見つけましたので、興味があれば見てください
一歩先の次世代型SI事業に取り組んでもらって、成長が継続することを切に願っています
https://www.weeklybcn.com/journal/serial/detail/20180124_160538.html

TDCソフト 3Q決算
TDCソフト 過去分析記事

TDCソフト 2018年3Q決算

この4半期でTDCソフトを主力級に買っていましたので、久しぶりに確認していきます

若かりし頃の私が、どうも分析していたようなので参考にしてみてください
TDCソフトの分析

今期予想(百万)
売上 23,800 営業利益1,790 経常利益1,800 EPS94.7

3Q決算(百万)
売上 5,620 営業利益488 経常利益502 EPS27.5
前期比売り上げ+8.1% 営業利益 +10.2% 経常利益 +5.9% 最終益 +11.3%


2Qまでで表面上、10%減益ペースだったので、表面上は累計 -3.4%となり、なんとか通期予想程度の増益は確保出来そうです。昨年は前年比29%増益という驚異的な数字を残しましたが、翌年営業益ベースで+7%増程度ということになり、成長鈍化懸念となり、1Qで-で割安なまま放置されてきました。

2Q後の決算説明で、受注も増加しており、通期予想は射程圏との話でしたので、サプライズは特にありません。

【指標など】
per12.6倍 、pbr1.43倍、利回り 未発表 (前期実績では2.7%) ※2/7の株価(1188円)を元にしています


来期は中期経営計画3年目にあたり、発表されているデータでは20億ペースのため、このデータ通りなら来期11%増益となります。このところソリューションビジネスが伸長しており、ピークアウトしたセグメントの人員を再配置して対応しています。元来、当社はPMP資格取得者が多く、アジャイルの推進やRPAソリューションの取り扱いなど、将来に向けた種まきも行っていますので、暫くは成長モメンタムが継続すると考えます。個人に不人気なこと、表面上の期待が剥落したこと等から、数少ない割安成長株と考えます。来期EPSベースで小型独立系システム屋さんの平均Per15倍程度を目指せると考えています。予定通りにいけばの注釈付きです。

8月 第1週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:15.5% (-0.2%)
<株部門> 含み益+6.2%(-0.9%)
<REIT部門> 含み益+6.68%(+0.6%) 


0806_2.png

【市況】
今週はダウが史上最高値更新など海外は堅調でしたが、マザーズが大きく調整するなど警戒感が台頭してきました。

【今週の売買】
<売却>日本管理センター、オリコン
<購入>オリコン

昨年から1年間近く保有した日本管理センターを1500円手前で全数売却。値上がりによりPERが上昇し、割安とは言えない水準になっていました。サブリース件数が鈍化しており伸長余地が限定的と考えましたが需給面では売り長となっており、もう一段上がりそうな気もします。オリコンは有名な方を参考にしましたが、購入後すぐに10%程度上がり決算前に期待先行と考えましたので売却しました。

【ポートフォリオの状況】
新興市場の下落に比べ、REITや1部銘柄も多いので、トータルでは若干調整程度で落ち着きました。

決算発表も佳境になっていますね。保有株は大半が通過し、エコス以外は手堅い決算となりました。これは銘柄選定がどうのではなく、多くの企業が2015年後半~2016年初頭に海外からの受注減などで減益なところが多かったため、比較した場合に相対的に良い内容が多くなっているだけだと思います。保有株の決算も、織り込み済みの内容であり、大きく見直されるきっかけに乏しいため、良くて小幅高程度で急騰するようなことはありませんでした。数ヶ月先を見据えて投資していますので、順調なことが確認できるだけで充分です。

REIT部門は引き続き全体的には好調です。さくら総合リートが物件入替を行い、分配金額が小幅ながら上がりました。

明日からはグリーンズ、明豊ファシリティなど主力クラスの決算を迎えることになります。特にグリーンズは個人投資家からの人気が高く、警戒感が強いです。来期予想が良好な数字か、優待等のサプライズがないと暴落しそうですが、躊躇するほど大ロットでもないので、このまま突入していきます。(ダメならダメージは受けるんですけどね…)

個人的には売却の方が購入を上回っており、キャッシュポジションが増加しています。既に調整が始まっているとするなら積極的に買っていくのは避けたいですが、機を見ながら拾っていきたいです。

【優待】洗濯機購入の道のり

直接的な投資とは関係ない記事になります。
株主優待は私も大好きで、今年は特に活用/利用しながら店舗の状況などミクロな環境の確認をしています。
(と、偉そうな建前は書いていますが、本当の目的は新生活に伴う家具家電購入、生活費圧縮になります(笑) )

我が家では、私が一人暮らし時に使用していた洗濯機を継続して使用しています。この洗濯機は2008年頃に買った商品であり、容量の少なさ、異音が鳴るなど、妻から買い替え指令が来ました…(-_-;) (まだ使えるので、ちょっと不満はあります。)

洗濯機はコスパを考えて、大容量で割安な35000~40000円程度のものを狙う。
購入先は優待を考慮して、ヤマダ電機を選択

---------------------------------------------
◆ヤマダ電機 優待5000円分 
 内訳(コスト:3472円(逆日歩含む))

◆ラクマでヤマダ電機 優待7000円分を追加購入(6200円で購入)
 内訳(Jトラスト優待5000PT(コスト500円)+1200円(三重交通優待売却益:コスト425円)

◆ラクマでヤマダ電機 優待5000円分を追加購入(4500円で購入)
 内訳(2600円(オートバックス優待売却益:コスト426円)+2300円(レオパレス優待、ラウンドワン優待売却益:コスト450円))

◆ANAマイル 10000マイル →ヤマダポイント10000PTに変換
 内訳(出張旅費で貯めたマイルのため、コスト無料)

優待:17000円分使用
ヤマダポイント10000PT使用
残額8000円 → ギフト券を併用

(内訳 ユニゾHD優待3000円ギフト券×2(コスト1500円) 
プレサンス優待 ギフト券2000円(コスト 450円) )
---------------------------------------------
sentakuki.png


総コスト7500円程度で収まりました。
(マイルを家電ポイントに変換するのは効率悪いですが、期限間近なことと旅行の予定もないのです)

上記はあくまで、一例です。優待券の転売等は規約に違反している可能性もありますので、推奨するわけではありません。自己責任でお願いします。

まだ購入までは至っていないですが、上記のように優待を活用することでお得に家電/家具の購入が出来ます。
そして、取得のコストはキャピタルゲインと相殺されますので、利益をあげられている方にとっては税金圧縮にもなります。

私も過去は純投資がメインであり、優待活用に関しては素人レベルです。1年くらい前から細々と優待クロスに取り組んでいます。始めてからは目に見えて生活が向上しているのを感ています。妻や家族にからの投資に対する冷ややかな目も緩和されてきています(笑) 皆さんも活用を検討してはいかがでしょうか。

オーバースペックを理解する

ネットが開通しましたので、久しぶりにブログを書きます。

標記の通り、自分にとってのオーバースペックを理解する事は資産運用のみならず、社会で広く必要なスキルになります。
カッコよく横文字で書いていますが、オーバースペックは過剰性能のことです。

私も一端の株おじさんとして、企業を調べ、株価をチェックし、時に売買をしていますが、良く誤った判断をすることがあります。
自分は地味な割安株の中長期投資を得意としていますが、自分の得意な投資フィールドを広げようと潜在的なカタリストのあると思われる、有名人の買った、割安めと思われるグロース株に手を出してしまったんですよね。パクった訳では無いですが、潜在的な買い需給があり、自分で調べたところではファンダメンタルズが良好なのに、4月の調整で下落しており、安く仕入れることが出来たんですね。

ところが決算後、大幅安。今年一番の大幅下落を経験しました。近々どこかでこんな日が来ることは予見していた気もしますが、まさに自分にとってのオーバースペックを理解出来ていなかったです。自分の知見がおよび、得意な業種、好調で恒常的に利益が伸びるであれば問題ないと思っていましたが、会社の中の変化なんて会社毎に違うので、結局良く解らないものです。

投機をメインでやって成果を出している人なら、高ボラティリティを好み、トレードされていると思うので長期でボラティリティの低い割安なものはオーバースペックでしょう。逆に長期投資であればボラティリティは邪魔でしかないですね。
イベント投資メインで資金をうまく活用しながら成果を上げている方には資金の拘束される長期投資そのものがオーバースペックでしょう。

自戒を込めて書きますが、自分の投資スタンスやスタイルを見つめ直し、自分の得意と思われる手法や商品で成果をあげるのが資産運用では一番良い手法と考えます。今より高い成果をあげられるようになりたいのであればオーバースペックを通常スペックとして捉えられるよう、経験を積むか、地道に勉強しなくてはいけないと思います。

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング