【10月総括】決算中盤戦、良決算で好調を維持

◆成績◆(先月比)
年初来:37.6% (+7.7%) 
参考ベンチマーク:TOPIX +11.5%
2018年受領済み配当 2.2% (成績に含まず) 


【PFの構成銘柄など】  ※実質的な同業で並び替えています
2019_10.png

今月は決算概況に時間を割くので、ポートフォリオはいつも通りです。

【今月の売買】
+ (新規/追加含む)
・旭情報サービス
・ビーイング
・IDホールディングス
・MCJ
・ハマキョウレックス
・岡山県貨物運送
・日本空調サービス

― (減少/全売却含む)
・イチネンHD
・遠州トラック
・ロジネットジャパン
・ミスターマックス
・中本パックス
・エネクスインフラ
・ヘルスケアメディカルREIT


高配当枠ではありますが決算を確認して私の想定以下だった中本パックスと決算後も堅調だったミスターマックスを売却しています。代わりにIDホールディングス、ビーイング、旭情報サービス、refrection7さんブログでお馴染みの日本空調サービスを追加。
先月に続いて軟調なMCJを前半に追加。物流銘柄についてはPF状況に記載します。

【ポートフォリオの状況】
今月は既に半数近くの決算発表がありましたので触れていきます。

ハマキョウレックス:◎ 
手堅い好決算。大丸松坂屋の3PLであるHMKロジサービスを郵政から昨年安く買っていましたが、すぐに収益貢献しているようです。物流センター事業の新規受託も前年同期比で同じ8件と伸びしろも伺えます。ユニクロ、ウエルシアなどの優良顧客を抱える縁の下の力持ち

東京日産コンピュータシステム:○
費用先行の昨年同水準の地味な決算でした。市場の期待には届いていませんが売上も伸びていますし、iTTe強化の流れでの費用計上なので、悪く無い流れだと思います。商標も提出しましたし、外販に期待しています。

セゾン情報システムズ:○
記事に記載した通りの無難な決算。

旭情報サービス:◎
上半期で2割弱の増益と地味ながら想定以上に好調。こちらの銘柄は決算前の安いときに何度かに分けて買いましたが、決算直後の寄り付きでも微妙気配だったのでさらに追撃して主力入りとなりました。昨年は1200円以上で推移していた銘柄ですので、利益成長している現状は相対的に安く感じます。大量に採用して、新人を現場に派遣しテクニカルを叩き込むIT派遣ですが、近年は大手企業も人確保に苦戦しているので、こういった企業が重宝されています。

アイドマMC:◎
2QはQonQ大幅増益で盛り返して微増益着地。電子棚札の費用先行の中で1Qの予想比ビハインドあった状況から盛り返した点をとても評価しています。電子棚札に関する中国企業との資本提携は1.5億程で財務への影響もほとんど無いですが、オールストアプロモーションを一歩づつ着実に進めている状況が伺えます。PTSではやや過剰反応な感じもします。

G-7ホールディングス:◎
業務スーパーの好調継続とオートバックスの増税前駆け込み需要を捉え、前上期比で営業利益で6割増益と大噴火。上方修正は無いですが、上振れは規定路線でしょう。フランチャイジーながら優位性ある事業と多店舗展開でスケールメリットを活かした爆発力が継続しています。

グリーンズ:△
期初に大胆な減益予想を発表しましたが、ホテル開業ラッシュや韓国旅行者激減の影響もあり減益。ある程度は想定内の内容ですが、思った以上にしんどい状況を露呈しています。しぶとく効果的な集客策を展開して欲しいところ。

日本空調サービス:◎
高配当株のため、直近の700円代で配当目的で組み入れましたが、1Qに続き2Qも大幅増益。まぁ高砂熱学工業の上方修正でバレてますよね。利益水準は停滞していますが、安定銘柄として機関投資家に人気でしたが、今年は調整しています。温暖化による空調工事の増加は大きなトレンドなので、機会を捉えて業績を積み上げつつの増配を期待しています。

竹本容器:△
減益決算でした。国内は2桁増益とまずまず好調ですが、近年牽引してきた中国の不調と費用先行で減益になっています。とある大手美容室で契約しているシャンプーやリンス、ワックスはロットが少ないため容器は竹本さんの独占です。この例のように消費財に深く入り込んでいますので、来期以降は巻き返してくれると信じています。暖かく見守る予定です。

決算では個人的な評価を大切にしています。今のところ、事前に出ていた中本パックスとミスターマックスの微妙決算と毎日コムネットの良決算を考慮すると、8勝4敗で推移しており、2勝1敗でローリングするという個人的な目標をなんとかキープ出来ています。個人として納得できる業績であれば期待に応えられず失望売りされようが、期待で買われようが気にしません。そういった要素を排除して納得感と企業を応援する気持ちで中長期投資を続けて、なんとか生き残れています。

10月を総括すると、前半は遠州トラックやロジネットジャパンといったアマゾン関連の陸運銘柄が大爆発しましたが、ヤマト運輸の受注の記事もあり、後半は軟調でした。年初来安値圏で成長力や事業強度に関して魅力あるハマキョウレックス、PER4倍の激安な岡山県貨物に少しリバランスしたのは守りの観点を意識しての行動。全体相場としては、景況感も改善しつつある感じもしますが、遅行性で影響がでてきそうな銘柄も多いため、加熱している時にはひっそりと利益確定しながらも、ぱっとしない割安銘柄を取り入れて、ある程度は資産に対する株式のウェートをキープしたいというワガママなことを追い求めているため、足許は年間の配当額を現状維持するのに精一杯です。簡単に言うと積極的に攻めの入金で買い増しや新規投資が出来ていないので機会損失で泣いています。

でも、これぐらいの心の余裕が安全域を形成する訳で、もうはまだなり、まだはもうなりの精神でこつこつ積み上げ型の投資を継続していきます。


ランキングに参加中です。押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村



【10/4週】決算シーズン到来、MCJの織込み済み修正から始まり

◆成績◆(先月比)
年初来:37.2% (+0.6%) 
参考ベンチマーク:TOPIX +8.5%
2018年受領済み配当 2.1% (成績に含まず) 

【PFの構成銘柄など】 ※並びは業種順です 
20191026.png

【所感】
今週も指数は堅調に推移しました。小型株は前半は好調、後半に失速といった感じです。保有株ではヤマト運輸がアマゾンの輸送を単価を下げて貨物量を確保する契約更改を実施したニュースが報じられ、遠州トラックとロジネットジャパンが売られました。ロジネットは地方銘柄であり、指標面からも未だ割安と考えますが、遠州トラックは1Q決算後は1400-1600程度、予想PER10倍程度で推移していた事を考慮すると、短期的に買われ過ぎている状況と考えておりますので2200円代で利益確定を進めました。少しは残していますが、私の投資対象を外れたと感じています。ヤマト、佐川の値上げから全体の底上げが始まったことを考えると、長期的には業界全体がマイナスに影響する可能性もありますが、ドライバーの勤務形態については社会的な課題として挙げられる程であり、簡単に貨物料金の値下げをしていくことは難しいと考えます。
ツイートもしましたがJapanITWeek秋でアマゾンジャパンの講演を聞いた際に、アマゾンビジネスをご紹介されました。企業が使えるアマゾンになりますが、商品が多彩な上に配送から決済までシームレスで行えるそうで、今一番勢いのあるサービスのようです。顧客としてはJALや星野リゾート、保有の中ではマウスコンピュータなど、大手企業でも利用されているようです。建材なども扱っており、弱小の商社は淘汰される可能性もあるほどです。アマゾンフレックスなどのサービスもありますが、需要の増加を考慮するとアマゾンデリバリープロバイダとの共存は可能と考えます。

キャッシュが出来ましたので、指標的にはやや割高ですが利回り3.5%以上の高配当で安定的な業績で推移している、日本空調サービスを下位で組み入れました。足許は好調ですが継続的な大きな利益成長は難いと思います。

保有ではMCJが上期の上方修正発表がありました。消費増税やWin7の終了に対する特需が入っており、下期の反動減も気になりますが、既に営業利益は68億となっていて申し分ない状況で、今期は営業利益120億程度は狙えるように思います。金曜日は人気株らしく「株は需給だ」と言わんばかりに寄り天で売り込まれましたが、長い目でみればスケールメリットを活かしたバリューチェーンをよりブラッシュアップして安定した業績拡大が期待出来るように思います。

利益確定売りも足許では出ているように感じますが、長い目で見ているため、割安な限りはじっくりホールドしていく予定です。銘柄毎の業績の振れ幅は大きくなっているように感じますので、決算内容に関しては幅広く確認して、投資チャンスがありそうなものは組み入れていきたいと考えています。


ランキングに参加中です。押していただけると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村



8月 第1週 週次

【PFの構成銘柄など(順不同)】
◆成績◆(先週比)
 年初来:15.5% (-0.2%)
<株部門> 含み益+6.2%(-0.9%)
<REIT部門> 含み益+6.68%(+0.6%) 


0806_2.png

【市況】
今週はダウが史上最高値更新など海外は堅調でしたが、マザーズが大きく調整するなど警戒感が台頭してきました。

【今週の売買】
<売却>日本管理センター、オリコン
<購入>オリコン

昨年から1年間近く保有した日本管理センターを1500円手前で全数売却。値上がりによりPERが上昇し、割安とは言えない水準になっていました。サブリース件数が鈍化しており伸長余地が限定的と考えましたが需給面では売り長となっており、もう一段上がりそうな気もします。オリコンは有名な方を参考にしましたが、購入後すぐに10%程度上がり決算前に期待先行と考えましたので売却しました。

【ポートフォリオの状況】
新興市場の下落に比べ、REITや1部銘柄も多いので、トータルでは若干調整程度で落ち着きました。

決算発表も佳境になっていますね。保有株は大半が通過し、エコス以外は手堅い決算となりました。これは銘柄選定がどうのではなく、多くの企業が2015年後半~2016年初頭に海外からの受注減などで減益なところが多かったため、比較した場合に相対的に良い内容が多くなっているだけだと思います。保有株の決算も、織り込み済みの内容であり、大きく見直されるきっかけに乏しいため、良くて小幅高程度で急騰するようなことはありませんでした。数ヶ月先を見据えて投資していますので、順調なことが確認できるだけで充分です。

REIT部門は引き続き全体的には好調です。さくら総合リートが物件入替を行い、分配金額が小幅ながら上がりました。

明日からはグリーンズ、明豊ファシリティなど主力クラスの決算を迎えることになります。特にグリーンズは個人投資家からの人気が高く、警戒感が強いです。来期予想が良好な数字か、優待等のサプライズがないと暴落しそうですが、躊躇するほど大ロットでもないので、このまま突入していきます。(ダメならダメージは受けるんですけどね…)

個人的には売却の方が購入を上回っており、キャッシュポジションが増加しています。既に調整が始まっているとするなら積極的に買っていくのは避けたいですが、機を見ながら拾っていきたいです。

【優待】洗濯機購入の道のり

直接的な投資とは関係ない記事になります。
株主優待は私も大好きで、今年は特に活用/利用しながら店舗の状況などミクロな環境の確認をしています。
(と、偉そうな建前は書いていますが、本当の目的は新生活に伴う家具家電購入、生活費圧縮になります(笑) )

我が家では、私が一人暮らし時に使用していた洗濯機を継続して使用しています。この洗濯機は2008年頃に買った商品であり、容量の少なさ、異音が鳴るなど、妻から買い替え指令が来ました…(-_-;) (まだ使えるので、ちょっと不満はあります。)

洗濯機はコスパを考えて、大容量で割安な35000~40000円程度のものを狙う。
購入先は優待を考慮して、ヤマダ電機を選択

---------------------------------------------
◆ヤマダ電機 優待5000円分 
 内訳(コスト:3472円(逆日歩含む))

◆ラクマでヤマダ電機 優待7000円分を追加購入(6200円で購入)
 内訳(Jトラスト優待5000PT(コスト500円)+1200円(三重交通優待売却益:コスト425円)

◆ラクマでヤマダ電機 優待5000円分を追加購入(4500円で購入)
 内訳(2600円(オートバックス優待売却益:コスト426円)+2300円(レオパレス優待、ラウンドワン優待売却益:コスト450円))

◆ANAマイル 10000マイル →ヤマダポイント10000PTに変換
 内訳(出張旅費で貯めたマイルのため、コスト無料)

優待:17000円分使用
ヤマダポイント10000PT使用
残額8000円 → ギフト券を併用

(内訳 ユニゾHD優待3000円ギフト券×2(コスト1500円) 
プレサンス優待 ギフト券2000円(コスト 450円) )
---------------------------------------------
sentakuki.png


総コスト7500円程度で収まりました。
(マイルを家電ポイントに変換するのは効率悪いですが、期限間近なことと旅行の予定もないのです)

上記はあくまで、一例です。優待券の転売等は規約に違反している可能性もありますので、推奨するわけではありません。自己責任でお願いします。

まだ購入までは至っていないですが、上記のように優待を活用することでお得に家電/家具の購入が出来ます。
そして、取得のコストはキャピタルゲインと相殺されますので、利益をあげられている方にとっては税金圧縮にもなります。

私も過去は純投資がメインであり、優待活用に関しては素人レベルです。1年くらい前から細々と優待クロスに取り組んでいます。始めてからは目に見えて生活が向上しているのを感ています。妻や家族にからの投資に対する冷ややかな目も緩和されてきています(笑) 皆さんも活用を検討してはいかがでしょうか。

オーバースペックを理解する

ネットが開通しましたので、久しぶりにブログを書きます。

標記の通り、自分にとってのオーバースペックを理解する事は資産運用のみならず、社会で広く必要なスキルになります。
カッコよく横文字で書いていますが、オーバースペックは過剰性能のことです。

私も一端の株おじさんとして、企業を調べ、株価をチェックし、時に売買をしていますが、良く誤った判断をすることがあります。
自分は地味な割安株の中長期投資を得意としていますが、自分の得意な投資フィールドを広げようと潜在的なカタリストのあると思われる、有名人の買った、割安めと思われるグロース株に手を出してしまったんですよね。パクった訳では無いですが、潜在的な買い需給があり、自分で調べたところではファンダメンタルズが良好なのに、4月の調整で下落しており、安く仕入れることが出来たんですね。

ところが決算後、大幅安。今年一番の大幅下落を経験しました。近々どこかでこんな日が来ることは予見していた気もしますが、まさに自分にとってのオーバースペックを理解出来ていなかったです。自分の知見がおよび、得意な業種、好調で恒常的に利益が伸びるであれば問題ないと思っていましたが、会社の中の変化なんて会社毎に違うので、結局良く解らないものです。

投機をメインでやって成果を出している人なら、高ボラティリティを好み、トレードされていると思うので長期でボラティリティの低い割安なものはオーバースペックでしょう。逆に長期投資であればボラティリティは邪魔でしかないですね。
イベント投資メインで資金をうまく活用しながら成果を上げている方には資金の拘束される長期投資そのものがオーバースペックでしょう。

自戒を込めて書きますが、自分の投資スタンスやスタイルを見つめ直し、自分の得意と思われる手法や商品で成果をあげるのが資産運用では一番良い手法と考えます。今より高い成果をあげられるようになりたいのであればオーバースペックを通常スペックとして捉えられるよう、経験を積むか、地道に勉強しなくてはいけないと思います。

検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めの30代のSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング