オーバースペックを理解する

ネットが開通しましたので、久しぶりにブログを書きます。

標記の通り、自分にとってのオーバースペックを理解する事は資産運用のみならず、社会で広く必要なスキルになります。
カッコよく横文字で書いていますが、オーバースペックは過剰性能のことです。

私も一端の株おじさんとして、企業を調べ、株価をチェックし、時に売買をしていますが、良く誤った判断をすることがあります。
自分は地味な割安株の中長期投資を得意としていますが、自分の得意な投資フィールドを広げようと潜在的なカタリストのあると思われる、有名人の買った、割安めと思われるグロース株に手を出してしまったんですよね。パクった訳では無いですが、潜在的な買い需給があり、自分で調べたところではファンダメンタルズが良好なのに、4月の調整で下落しており、安く仕入れることが出来たんですね。

ところが決算後、大幅安。今年一番の大幅下落を経験しました。近々どこかでこんな日が来ることは予見していた気もしますが、まさに自分にとってのオーバースペックを理解出来ていなかったです。自分の知見がおよび、得意な業種、好調で恒常的に利益が伸びるであれば問題ないと思っていましたが、会社の中の変化なんて会社毎に違うので、結局良く解らないものです。

投機をメインでやって成果を出している人なら、高ボラティリティを好み、トレードされていると思うので長期でボラティリティの低い割安なものはオーバースペックでしょう。逆に長期投資であればボラティリティは邪魔でしかないですね。
イベント投資メインで資金をうまく活用しながら成果を上げている方には資金の拘束される長期投資そのものがオーバースペックでしょう。

自戒を込めて書きますが、自分の投資スタンスやスタイルを見つめ直し、自分の得意と思われる手法や商品で成果をあげるのが資産運用では一番良い手法と考えます。今より高い成果をあげられるようになりたいのであればオーバースペックを通常スペックとして捉えられるよう、経験を積むか、地道に勉強しなくてはいけないと思います。

検索フォーム
リンク
プロフィール

ミドル投資

ミドル投資
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。投資歴5年ですが年利3%ほどしか計上できていません。立会外分売やIPOと割安株で年利5%確保を目指します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村