【個別分析】毎日コムネット 後編

先週記載した毎日コムネットの分析後編です。

【セグメント分析】
前編にも記載しましたが、毎日コムネットは大きく分けて以下、4セグメントに分かれています。

●不動産ソリューション事業(不動産デベロップメント部門):開発した物件の売却
●不動産ソリューション事業(不動産マネジメント部門)  :管理物件のサブリース
●学生生活ソリューション事業(人材ソリューション部門) :免許取得、合宿支援
●太陽光発電事業

競合他社のジェイエスビーや共立メンテナンスは管理事業に特化しており、自社で物件を仕入れて販売する、不動産販売事業は少ししか行っていません。毎日コムネットの事業上の特色でもありますので、こちらを含めた直近の業績推移は以下のようになります。

mainichi_kouhen_01.png

営業利益ではセグメント内の分解が困難となるため、粗利ベースで算出しました。御覧の通り、不動産販売の割合は管理事業の15%以下になります。仮に不動産が今期全く売れなくても、管理事業が手堅く推移していれば、少しの減益で済みそうです。管理戸数の増加と契約更新時の失注が無ければ、大局的には安定的に推移しそうなことも伺えます。稼働率100%に近い状況なので、失注するようなことにはなりにくいとは思いますが、サブリースの条件面での折り合いについては他社との競争になると思います。

学生生活については、近年は鈍化しています。学生生活ソリューションはサークル合宿や免許取得支援、就職支援です。昔ながらのサークル活動や免許取得は個人主義、コスパ重視の潮流を考えると先細る可能性はありそうです。就職についても制度そのものが大きく変わる可能性もあります。学生との接点を活かした起業支援のようなベンチャーキャピタルを起こすなどの新たな収益柱やシードが出てくると面白そうですが、現時点では今一歩という評価だと思います。

太陽光発電は新規で物件を取得していく意向が会社側にはなさそうなので、このまま現状維持と思われます。

当社を成長株としてみるなら管理事業の積み上げに期待していく方向と思われます。改めて確認していきましたが、不動産や周辺事業に特化していますが、日本管理センターなどのサブリース事業者が行っている家賃保証、保険などの金融事業は代理店に任せており、自社では手掛けていないようです。学生ローン等を含めて、ニーズはありそうなので、今後の伸長余地と見れるかもしれません。

【競合比較】
以下、長期的な業績推移を競合2社含めて、3社で比較してみました。

mainichi_kouhen_02.png

共立メンテナンスの寮事業を切り取る形で比較したため、セグメント利益(調整額抜き)のみで比較しています。
共立メンテナンスについては、ホテル事業にリソースシフトしている傾向もあり、寮事業の利益成長はややマイルドな傾向にあります。ジェイエスビーについては赤字だった介護施設の管理が直近黒字化していることもあり、4年で比較しても大きな利益成長となっています。

ジェイエスビーと共立メンテナンスは自社物件の運用にも積極的でジェイエスビーは100億円ほどの学生マンションを自社管理、共立メンテナンスは700億円ほどが自社物件です。毎日コムネットは30億円弱と他2社に比べ、自社物件運用は少ない傾向にあります。ポジティブに言えば経営資源を固定資産ではなく、流動資産に回すことで効率的な経営を行っているとも言えますが、ネガティブに言うと成長余地が他社に比べて劣ると言えます。

また、3社の提携事業者を確認しましたが、各社生協や学生センターとの協業を多く行っており、事業規模に比例して深掘り出来ているように感じました(共立メンテナンス>ジェイエスビー>毎日コムネット)。提携していなくても大学や生協のHPで実質的な提携のような紹介をされているので、提携大学/専門学校数の定量比較しても有効でないように感じます。境界線みたいなものはありませんが、ざっくり言うと、共立メンテナンスは国公立大との直接提携が強み、ジェイエスビーは全国の生協と提携しているのが強み、毎日コムネットは上位2社の網にかからない単科大や私立大や専門学校との提携に強みという感じでしょうか。

【指標比較】
指標についても競合2社含めて、3社で比較してみました。

mainichi_kouhen_03.png

共立メンテナンスは時価総額も大きく、機関投資家が組み入れていることもあり、割高な傾向にありますが、他の2社についてはPER10倍程度と割安な水準です。一般的な不動産銘柄としてみると普通~やや割高な水準ではありますが、ストックで利益が積み上がる有望な事業を考慮すると業績の確度も安心感がありますので、割安だと思います。ROEについてもジェイエスビーと毎日コムネットは15%代であり、5年平均も10%以上でしたので、安定成長している強い事業で経営効率が高いと言えると思います。

成長を続けている業種でもあるため、毎日コムネットを除き、各社配当利回りは低めです。配当金による還元より、前述の自社物件取得を優先することで利益成長にこだわっていることが伺えます。毎日コムネットは自社物件取得などの将来的な成長性より、高い株主還元を優先しており、緩やかな成長と還元を両立させていると言えます。

【まとめ】
業界としては女子学生や留学生の増加や、首都圏大学の流入増加により安定成長が続いていますので、どの企業も中期的には投資妙味があると思います。ただ、業界の成長鈍化や物件の供給過剰によるサブリースの条件を変更せざるを得なくなる価格競争に晒される可能性は留意すべきと考えます。

毎日コムネット、ジェイエスビー、共立メンテナンスの3社の投資スタンスは以下の通り。

毎日コムネットに関しては、学生マンションと学生ビジネスに特化した緩やかな成長とそれに伴う増配を狙う、長期的な配当成長株投資に向いていると思います。
ジェイエスビーに関しては、学生マンションと介護施設を合わせたビジネスで、自社物件取得による将来的な利益多寡を狙う、長期的な成長株投資に向いていると思います。
共立メンテナンスに関しては、ホテルと寮事業を合わせたビジネスで、スケールメリットやシナジーを活かした長期的な利益成長を狙う、成長株投資に向いていると思います。
検索フォーム
リンク
プロフィール

とす

とす
通信系SI勤めのSEで、PMをやっています。保有株は友達を合言葉に企業と共に自分も資産も成長するそんな投資が好きです。同業他社など、地の利を活かせる企業に投資します。当ブログはリンクフリーです。

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
株式ブログランキング